ピクシブ百科事典

ホビットの冒険

ほびっとのぼうけん

J.R.R.トールキンの児童文学『ホビットの冒険』(または『ホビット: ゆきてかえりし物語』)及び、映画『The HOBBIT』三部作のこと。
目次[非表示]

概要

ホビット
13人のドワーフと魔法使いとホビット


ホビットのビルボ・バギンズが、13人のドワーフと魔法使いガンダルフとともに、邪竜スマウグに奪われた彼らの祖国と財宝を取り戻すべく、竜の住む山を目指す冒険譚。

1937年9月21日に出版された児童文学の古典ともいえる作品、著者はJ.R.R.トールキン
エルフドワーフオークといった亜人の原型を作った物語で、その世界観は多くのファンタジー作品の源流とされている。

なお、『指輪物語』の方が知名度が高いためか「指輪物語」の前日談であると紹介されがちだが、ホビットの冒険の方が指輪物語の執筆より早くに執筆・出版されており話もほぼ独立しているため、厳密に言えば「指輪物語がホビットの冒険の続編」である。
元々は作者自らの子供たちのために書いた児童文学であり、原作の話の雰囲気はだいぶ違う。

また、キングコングともに、ニュージーランドの英雄ピーター・ジャクソンの出発点でもある。

登場人物

ホビットビルボ・バギンズ
イスタリガンダルフ
ドワーフ
エルフスランドゥイル
ドラゴンスマウグ
人間バルド
ゴラム


タイトルについて

J.R.R.トールキンの原題は『The Hobbit, or There and Back Again.』であるが、日本では『ホビットの冒険』(岩波書店版/瀬田貞二訳)というタイトルで発売され、こちらの方が広く認知されている。
(原書房版/山本史郎訳では『ホビット ゆきて帰りし物語』)

実写映画のタイトルは 第1部『ホビット 思いがけない冒険』(An Unexpected Journey) 第2部『ホビット 竜に奪われた王国』(The Desolation of Smaug) 第3部『ホビット 決戦のゆくえ』(The Battle of the Five Armies)となっている。

pixivでもこれらのタイトルの違いからか「ホビット」「ホビットの冒険」「The_Hobbit」「Hobbit」というように、投稿者によって投稿タグが異なっている。

余談

映画の撮影がニュージーランドで行われた為か、ニュージーランド航空関連でも映像を見る事が出来る。
第1部では機内安全ビデオが、第2部では航空会社のPVが作られている。
この映像は映画の製作を手がけたスタジオWETAワークショップが制作に参加しており、映画の出演者も参加している。

関連イラスト

《There and Back Again》
ホビット詰め(再うp)
【落書き】ホビット

ホビット新刊のキャラ紹介ページ


関連タグ

児童文学 / 小説 / 映画 / 洋画 / トールキン
ホビット / ドワーフ / エルフ / ドラゴン / 魔法使い / オーク
指輪物語 / ロード・オブ・ザ・リング

pixivに投稿された作品 pixivで「ホビットの冒険」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 991352

コメント