ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

映画「ホビット 思いがけない冒険」については邦題「ホビットの冒険」を参照。


概要

J.R.R.トールキンの作品に登場する架空の種族。

人間よりもずっと背が小さく、酒と食事と煙草と歌を好む陽気な種族。

丘の斜面に穴を掘って家を作るさまはウサギに例えられることも。


足の裏が剛毛で覆われている、と言われているが実はこれは誤訳が広まったもので、正しくは脛から下が剛毛で覆われている。

足の裏が丈夫で外を出歩くときも常に裸足で靴が要らないほど。ただし雨で地面がぬかるんでいる時などはドワーフ用のブーツを履くことがある。

基本的にはあまり遠出はしないタチなのだが、冒険を好む『変わり者』もいる。


また、そうした冒険に際しては、他種族(それがエルフマイアのような半神的存在であっても!)を遥かに凌ぐ精神的な頑健さを見せることもあり、サウロンの指輪の誘惑にも非常に長く抗することができた。


なお、人間が魔法だと思うほどの隠密術、視力と聴力の賜物である弓術、脂肪を使った生命力にも特筆すべきものがあり、中つ国でホビットが生き残れるだけの能力を秘めているのだろう。


その他

各種ファンタジー・ゲームに登場する際にも、こうした性質を鑑みてか非常に強固な精神力と魔法への抵抗力を持っていることが多い。

ただし版権の都合なのか、ハーフリンググラスランナーなどと名前を変えていることがほとんど。

またファンタジー・ゲームに登場する場合、ホビット本来の温厚さやある種の怠惰さは鳴りを潜め、トリックスター的な性質を帯びていることが多い。


ドラゴンクエストシリーズにおいても長らくホビットは登場していたが最近はドワーフが主流となっている。


ウィザードリィシリーズでも、プレイヤーキャラクターの選択可能な種族として登場する。足裏に毛が生えて、幸運の値が大きいなど、上記ホビットの特徴を踏襲。シーフやニンジャに向いている。


有名なホビット

関連記事

親記事

トールキン とーるきん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13400939

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました