ピクシブ百科事典

エ・ランテル

えらんてる

エ・ランテルとは、『オーバーロード』に登場する地名。

概要

帝国法国との境界に位置するリ・エスティーゼ王国内でヴァイセルフ王家が直轄領として治める城塞都市で都市長はパナソレイ・グルーゼ・デイ・レッテンマイア
三重に囲まれた城壁によって中心部から行政・倉庫区画、市民区画、軍の駐屯区画と機能別に分割されており、人類主要国の内三カ国と接していることから交通量は多く、物資、人、金、様々なものが行き交い経済都市としても栄えている。
軍事的にも要衝であり、近年は近郊のカッツェ平野を最前線として行われている帝国との会戦においても王国軍の集結地として、食料調達を行うべく巨大な食料庫が建設され、国中から徴兵された20万人以上の民兵らに食料を補給するのが常となっている。
書籍版では、大虐殺後にアインズ・ウール・ゴウン魔導国に割譲され支配下に入るも当初は、アンデッドを始め人ならざる者への偏見と反発から住民の国外逃亡もしくは暴動の可能性が危ぶまれたが、この都市初のアダマンタイト級冒険者にして漆黒の英雄モモンがあえてアインズ・ウール・ゴウン魔導王の配下に収まることで仲介役を担うことで住民たちが不安が抑えられたことで魔導国による統治は円滑に進むことになる。

その後はアインズはパナソレイの使っていた邸宅をそのまま職場兼住居に据えると治安悪化の原因となっていたスラムの住人たちを法国の陰謀により廃墟となった村々にアンデッドを労働力を貸し与えて送り出すことで村の再建に着手させ、周辺地位域のモンスターについても死の騎士や魂喰らいを巡回として放つことで治安を劇的に改善させ、その後は国交を結んだドワーフらを技術顧問として招き入れることで王国統治下時代には貴族の利権争いのせいでおざなりになっていた道路の舗装やスラムの改築を始めインフラ整備にも取り掛かるなど、市民を悩ませていた社会問題を次々に解決したことで冒険者組合長のプルトン・アインザックや魔術師組合長のテオ・ラケシルなど都市の有力者を始めとする市民たちからの順調に信頼を勝ち得てきている。

関連タグ

オーバーロード(アニメ)
リ・エスティーゼ王国
アインズ・ウール・ゴウン魔導国

pixivに投稿された作品 pixivで「エ・ランテル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 185

コメント