ピクシブ百科事典

ガゼフ・ストロノーフ

がぜふすとろのーふ

ガゼフ・ストロノーフとは、『オーバーロード』の登場キャラクター。
目次[非表示]

CV:白熊寛嗣

概要

職業:ファイター、マーセナリー、チャンピオンなど
趣味:貯金
リ・エスティーゼ王国戦士長。30代。自ら鍛え上げた国王直属の精鋭を指揮し、王国最強を謳われて近隣諸国にその名を轟かせる男。既にその力量は英雄に及ぶともいわれ、王国に伝わる五宝物全ての装備を認められている。南方の血を引いており、この地域では珍しい黒髪黒目の持ち主。「六光連斬」を代表とする複数の武技を操り、究極の武技をも使いこなすという。中土月21日生。

一介の平民から身を立てたため平民を慮る想いが強く、自らを陥れる罠と知っていてなお民のために危地に飛び込むなど精神面でも優れた好漢である。その分、貴族派閥に属する者達などからは疎まれている。良くも悪くも武辺者であり、私生活も質素そのもの。政治的に微妙な位置にいるにもかかわらず、あくまで王の剣であろうという考えを持ち、宮廷での政治闘争とは関わりを持とうとせず、よって貴族位も与えられていなかった。

大虐殺の際に、ウェブ版では生存。

書籍版ではアインズからの勧誘を王への忠誠心を盾に蹴り、一騎打ちを申し込んで成立させる。平民はすぐに裏切るという悪評で平民出身者が不利益を被ることを危惧したことと、敬意と好意を抱いてるアインズに対して偽りの忠誠を誓うことが彼にはできなかった。また王の信頼が篤い自分が死ぬことで大敗北を喫した王に向けられる憎悪を少しでも和らげられればとも考えていた。

彼我の実力差を埋めることは出来ず、結果こそ一撃で葬られたといっていいが、そこから得た情報をブレインクライムに託す。アインズとはカルネ村での一件以来、立場の違いこそあれ互いに好感を抱いており最期まで敬意と尊敬を持った態度で接しし続け、アインズもそんなガゼフの気持ちを汲んで、それ以上の王国軍への追撃を取り止め、黒い仔山羊を引き上げさせた。

強さ

実はガゼフ単体としては英雄級には僅かに届いておらず、国内外で噂されている戦闘力は、五宝を全てを身に付けたフル装備の状態での戦闘力を示したもの。
フル装備の状態では、素の状態では及ばないハムスケはおろか、元漆黒聖典のクレマンティーヌでさえ凌駕する強さを発揮する(しかし、クレマンティーヌもまだ漆黒聖典の所属していた現役時代のフル装備を纏えばそのガゼフをも凌駕し、ハムスケも普段は玩具にしている死の宝珠を用いれば形勢は逆転される)。
かつての徴兵を渋ったことが原因で敗北寸前に陥っていた王国軍を反攻作戦の中心となり先代の帝国四騎士の二人をたった一人で討ち取って戦況を覆してみせて以来、非常に恐れられている。

五宝

ガゼフがその強さ故に国王ランボッサIII世から直々に装備を許された、リ・エスティーゼ王国が誇る五つの強大な力を有するマジックアイテムの数々。
ただし、ナザリック基準では一部を除いて大した価値を持ったアイテムではない。

  • 不滅の護符(アミュレット・オブ・イモータル)
 常にHPを回復し続けるリジェネレーション効果を持つ。

  • 守護の鎧(ガーディアン)
 致命的な一打を回避する効果が付与されたアダマンタイト製の鎧。単純な鎧としての性能も転移後の世界基準であれば、最高硬度のアダマンタイト製故に超一級品。

  • 活力の篭手(ガントレット・オブ・バイタリティ)
 疲労を無効化する効果を持つ篭手。疲れないため、ずっと全力で戦い続けることが可能。

  • 剃刀の刃(レイザーエッジ)
 各種防御効果を無視して相手に直接ダメージを与えることが可能な名剣。レベル60以下の相手の攻撃を問答無用で無効化するアインズの「上位物理無効」すらこの剣の前では無意味で、マジックアイテムとしての効果だけならばナザリック基準でも平均以上の価値がある。

  • 竜族の秘宝
 戦士としての限界を突破するとされる指輪。リグリット・ベルスー・カラカウから与えられたもので、元はツアーがリグリットに預けていた竜族の秘宝。転移後の世界独自の理から造られたとされ、ナザリック基準でも上位クラスに匹敵する逸品。

関連タグ

オーバーロード(アニメ) リ・エスティーゼ王国

アインズ・ウール・ゴウン:自分を遥かに凌ぐ御仁。
ブレイン・アングラウス:良き好敵手。
クライム(オーバーロード):目を掛けている期待の若手騎士。

pixivに投稿された作品 pixivで「ガゼフ・ストロノーフ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 64245

コメント