ピクシブ百科事典

カルネ村

かるねむら

カルネ村とは、丸山くがね著の小説『オーバーロード』に登場する地名。
目次[非表示]

概要

リ・エスティーゼ王国に属する、トブの大森林南端の外れにある村。エ・ランテルから北東、ナザリックから南西に約10kmの地点にある。
WEB版によると約百年前にトーマス・カルネという開拓者が切り開いたとされており、村の名前も彼の名が由来である。

主な産物は農作物とトブの大森林で取れる「エンカイシ」という薬草で、訪れる人間はその薬草目当ての薬師や年に一回来る徴税吏、極稀に流れの鍛冶師が通りすがる位で、人口も25世帯120人程の小さくものどかな村。

トブの大森林は他の地域では取れない希少かつ高価な薬草を始めとした重要資源の宝庫だが、アダマンタイト級冒険者を始めとする英雄の域に到達した者でなければ太刀打ちできない、森の賢王を始めとする強力なモンスターがのさばる危険地帯でもある。

本来ならモンスターから身を護る為の防護柵は必須の筈だが、カルネ村が森の賢王の縄張りに近い事から結果的に防護柵代わりとなってくれていたお陰でモンスターに襲われた事はない。
加えて辺境故に訪れる人間も上述の様に多くないため、村民達の基質は良く言えば大らか悪く言えば平和ボケしているという、ある意味で現在までの王国の縮図と言えるあり方だった。

突然の襲撃

そんな意識の隙間を最悪の形で突かれる形で、王国戦士長ガゼフ・ストロノーフの抹殺を目論むスレイン法国から送り込まれたバハルス帝国兵に扮した兵士及び、特殊工作部隊『陽光聖典』によってガゼフをおびき寄せるのを目的とした襲撃を受ける。
自己防衛の意識が欠落していた村民達は成す術も無く虐殺されていったが、突如として降臨した魔法詠唱者アインズ・ウール・ゴウンによって危うく滅亡の危機からは救われた。

だが結果的に過半数の村民を喪い、復興も困難となった事であわや廃村にするか否かを迫られる事態に直面したが、アインズによるゴーレムの貸与とエンリ・エモットが授けられた『小鬼(ゴブリン)将軍の角笛』で呼び出した十九人のゴブリン達の活躍により、どうにか立て直しに成功した。

村の強化

防衛意識の欠如が村の被害を拡大させた教訓から、防護柵の建築や農作業の合間にゴブリン達から防衛を目的とした弓の指導を受けるなどして防備の強化に取り掛かり、ンフィーレア・バレアレが移住する頃には流石に王都やエ・ランテル程ではないものの、下手な街を上回る要塞化がなされる様になった。

ゴブリン達の活躍で食糧事情が改善され、以前は滅多に食べられなかった肉料理が普及し、森の賢王も冒険者モモンの下僕として引き取られた事で、かつての森の賢王の縄張り内にも出入りできる様になった事から希少な薬草が用意に手に入る様になるなど、様々な恩恵が得られる様になった。

が、森の賢王がいなくなった事でトブの大森林のパワーバランスが崩れた事により、後に『東の巨人』(アインズに従わなかった結果、殺されてゾンビ化させられていたものだが)率いるトロールらの襲撃を受けるも、アインズが助けに送り込んだメイドのルプスレギナ・ベータによりトロール達は殲滅され、村民も教訓を活かした適切な対処により、今度は一人の死者も出る事なく村を守り切る事が出来た

王国軍の襲来

それからしばらく月日が流れた後に、カルネ村と同様に法国の陰謀に巻き込まれて壊滅した、他の村々からの移民も迎え入れて襲撃の爪痕も癒えてきた頃に、アインズと敵対した王国の第一王子バルブロ・アンドレアン・イエルド・ライル・ヴァイセルフ率いる五千もの王国軍が、村民達をアインズに対する人質にしようと目論み、本来なら守るべき自国民を襲撃するという暴挙を働く。

カルネ村の村民達はアインズの恩義に報いるべく反逆者の汚名を背負ってでも迎え撃つが、いくら防備を強化したとはいえ五千もの正規軍を相手にはするにはあまりにも多勢に無勢と言わざるを得ず、物量と練度の差で瞬く間に追い詰められてしまう。

しかしエンリがアインズより託されていたもう一つの小鬼将軍の角笛を吹くと、アインズらユグドラシルのプレイヤー達でさえ達成できなかった三つの条件を満たした事で角笛の真の力が引き出され、五千にも及ぶ新たなゴブリンの軍勢の召喚に成功。
圧倒的な戦力差をもって形成を逆転し、王国軍を返り討ちにした。

なお流石に前回の戦いとは規模が違い過ぎるため、この戦いで一度目に召喚されたゴブリン達や戦闘に参加した村人、そして東の巨人の一件で傘下に加わったオーガの半数近くが死亡した

そして敗走したバルブロ達は私心で自国民を襲撃した事への制裁、及びゴブリン軍団の機密保持を兼ね、アインズの命令を受けたルプスレギナ率いるレッドキャップスの軍勢により嬲り殺しにされるという、因果応報にして自業自得と言える凄惨な結末を迎えた。

以後、五千に及ぶゴブリン軍団を常備する村へと変貌するのと共に王国と決別し、アインズの建国したアインズ・ウール・ゴウン魔導国の領土に鞍替えする事になった。

鞍替え以後

元々百人単位の村が、急に五千人ものゴブリンという都市レベルの人口を抱える事になったせいで、魔導国から水や食糧を初め様々な支援を受けなければ成り立たない程の人口問題に悩まされていた。
(例えば既存の井戸では事足りず、遠方に井戸を多数掘って当番制で一日中組み上げなくてはならなかった等)

だが、アインズと友好を結んだドワーフの国より移住してきたルーン工匠のドワーフ達により、鍛冶の請け負いや生活用品を支給された事で解決するのと同時に、自給体制を確立。
現在は村のゴブリン達の労働力を総動員して大規模農場を作り上げ、アインズより借り受けた食料を返済するべく食糧増産に力を入れている。

魔導国に組み込まれるのと同時にアインズの正体も村民達に明かされた様で、幾度となくカルネ村を滅亡の危機から救った救世主として「アンデッドだが生きている誰よりも信用できる」と村の中央広場にはアインズ・ウール・ゴウン魔導王の像が建てられ、朝食の感謝の祈りの際には神の名に続いてモモン共々祈られるに至るまで神格化された。
今や村の中で「魔導王を侮辱する者がいれば誰かが殴りに来るだろう」とされる程、アインズに対して村民全体が今ではナザリックのNPC達にも劣らぬ位の想いを以て、崇拝している。

戦力

保有するゴブリンの軍勢の力は、王国はおろか周辺諸国の中で法国に次ぐ軍事力を誇る帝国軍をも正面から全滅させられる程であり、近衛兵のレッドキャップスに至っては帝国四騎士はおろか英雄の粋に達したガゼフ・ストロノーフは勿論、クレマンティーヌすらをも凌駕する戦闘力を誇る

対抗できるのは逸脱者である帝国の主席宮廷魔法使いフールーダ・パラダインと、蒼の薔薇イビルアイしかいない(流石に階層守護者と渡り合える番外席次プレアデスを上回る実力を持つ隊長という、二人の神人を筆頭とした漆黒聖典を抱える法国を相手にするのは無理だが)。

ただでさえアインズ・ウール・ゴウン魔導王に振り回されているバハルス帝国の皇帝がもしこの事実を知れば、彼の毛髪と胃、そして精神は更に危うくなるに違いない

関連タグ

オーバーロード(アニメ) 
リ・エスティーゼ王国 アインズ・ウール・ゴウン魔導国

関連記事

親記事

リ・エスティーゼ王国 りえすてぃーぜおうこく

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「カルネ村」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「カルネ村」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 54059

コメント