ピクシブ百科事典

隊長(オーバーロード)

たいちょう

「隊長」とは、丸山くがね著のライトノベル『オーバーロード』に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

概要

CV:利根健太朗

スレイン法国最強の特殊部隊「漆黒聖典」の第一席次及び隊長を務める男。本名は不明。
敬虔かつ真面目な性格で、人類の存続と繁栄のために戦うことに使命感を燃やす。
スレイン法国に3人しか存在しない生まれながらの超人「神人」の一人で、存在が公表されていない番外席次を除けば、漆黒聖典でも圧倒的かつ最強の戦闘力を誇る実力者。

普段は魔法の仮面で青年を装っているが、実際は低い身長に見合うだけの幼い少年のような姿。
神人の血が貴重なだけに、さっさと結婚して子供をたくさん作るように上層部からせっつかれているが、その強さ故に見合う相手が見つからないのもあり、難航している模様。

かつては自身の能力に驕って「俺一人で漆黒聖典だ!」を地で行く傲慢な性格だったらしい。
しかし、書籍版では番外席次にボコされて馬の小便で顔を洗わせられるなどの凄惨な屈辱を受けて以来「俺はゴミだ」と思うようになり、現在の性格に落ち着いたという。
そのため、現在では番外席次の自分勝手な振る舞いに呆れつつも、敬意を表している。

強さ

漆黒聖典の他のメンバーが束になって掛かっても軽く一蹴することが出来るだけの圧倒的な戦闘力を備えるが、番外席次には遠く及ばないレベル。
少なくともプレアデスでは全員隊長には遠く及ばないらしく、無装備だったとはいえ、「血の狂乱」で攻撃力が強化されたシャルティアの本気の一撃を正面から受け止めてみせた。
ただし、その後世界級アイテム「傾城傾国」で制御不能の自動迎撃マシーンになったシャルティアを手に負えないと判断して撤退したため、階層守護者クラスには及ばないと推測される。

なお、装備している槍の正体は不明だが、ファンの間では世界級アイテムの中でも特に凶悪な効果を持つ使い捨て式の「二十」の一つ、「ロンギヌス」ではないかと推測されている。
ロンギヌスは、効果を発動させて攻撃した相手と使用した自身のキャラデータを諸共に抹消してしまうという恐るべき効果がある。

関連タグ

オーバーロード(アニメ) オーバーロード(小説)
番外席次

コメント