2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

エンリ・エモット

えんりえもっと

エンリ・エモットとは、丸山くがね著のライトノベル『オーバーロード』の登場人物である。
目次[非表示]

CV:M・A・O

データ(8巻終了時点)

役職族長
住居カルネ村エモット家
職業レベルファーマー1lv、サージェント1lv、コマンダー2lv、ジェネラル2lv
誕生日中風月10日
趣味農作業(と言うより村には他に楽しみがない)
二つ名新たなる族長


概要

異世界へ転移したアインズが初めて接触した人物。年齢は16歳。両親と妹のネムと共に故郷のカルネ村で平和に暮らしていたが、村がバハルス帝国兵に偽装したスレイン法国兵に襲われた事で全てが一変。両親は殺され自身はネムと共に逃げるが、追い付かれて重傷を負わされ、そのまま殺されそうになった所をアインズに助けられる。
そんな経緯もあり、命と村の恩人であるアインズには強い恩義と尊敬の念を抱いている。

(なおアインズが彼女を助けた理由は、この世界において自分の力がどこまで通用するかを確かめるための言わば力試しが主なものだったが、なす術なく殺されようとしているエンリの姿が《ユグドラシル》を始めたばかりの頃に流行っていた、異形種狩りと称してのPKに頻繁に遭っていた自分の姿と重なったためでもあった)

人物像

自分よりも他人を思いやる、優しく朗らかな性格。長女として生まれたのもあってか、基本的に責任感の強いしっかり者である。
家族への愛情も深く、スレイン法国兵に襲撃された際は体を張ってネムを守ろうとしていた。

襲撃事件以降は「助けられるかもしれない人を見捨てるのは、加害者の片棒を担ぐのと似ている」「弱者をいたぶるあいつら(法国兵)のようにはなりたくない」という信念を抱き、誰かが目の前で傷付いていればたとえ自分や村に危険が及ぶ恐れがあるとしても、可能な限り助けようとする。

アインズから与えられたマジックアイテム『小鬼(ゴブリン)将軍の角笛』の力で召喚したゴブリン軍団からは「姐さん」と呼ばれ、ナザリックの面々がアインズに捧げている忠誠心とほぼ同等の忠誠を誓われているが、エンリにとってはゴブリン達は家族同然の存在であり、自分のために働いてくれる彼等に何をしてあげられるかを常に考えている。
そしてその温かみが、ゴブリン達との強固な絆と信頼関係を形作っている。

その一方で彼女だけに限った事では無いが、両親や村の仲間達を惨たらしく殺害した帝国の騎士達(正体はスレイン法国の兵士だと知らされていない)への憎悪が心の奥底では渦巻き続けており、再登場した書籍版8巻では殺意すら滲ませながら行き場の無い怒りをぶつける場面が見られた。

上述の通り元はただの村娘なため、8巻では角笛の価値が最低でも金貨数千枚に及ぶ代物(なお《ユグドラシル》ではハズレアイテム扱いだったため、アインズはこの事を知らない)であると知った時は仰天し、ンフィーレアが新たな治癒のポーションの開発に成功した事を祝しての食事会のために、当のンフィーレアやネムと共にナザリックに招かれた際は、その豪華絢爛さに終始気圧されていた。

村に頻繁にやって来るルプスレギナからは、《完全不可視化》の魔法を使われて驚かされるなどよくからかわれているが、彼女の(表面上の)人当たりの良さには好感を抱いている。
そのため、ルプスレギナの本性に薄々気付いているゴブリン達からの「あの人は危険」という意見には、やや懐疑的。

容姿

エンリさん


髪は栗毛色で、胸元辺りまでの長さに伸ばした三つ編み。肌は農作業で健康的に日焼けしている。

作中の動向

アインズに助けられて以降は、上述の角笛を使って召喚したゴブリン達を従わせ、村の復興と警護を手伝わせている。
8巻ではゴブリン軍団の召喚主として彼等を取り纏めたり、村の戦力強化のためにオーガ達の支配者になったりと、もはや「ただの村娘」を大きく逸脱した彼女の奮闘記を見る事が出来る。

幼馴染みのンフィーレアからは恋心を抱かれているが、色恋沙汰に疎いために長年気付いていなかった。しかし8巻でンフィーレアから遂に告白され、めでたく恋人同士となる。
しかし、付き合い始めて以降もンフィーレアの心中に気付かず無邪気にじゃれついたり、その末に押し倒してしまってもキョトンとした表情で見下ろしていたりと、本当に彼を異性として意識しているのかどうか怪しい場面が見受けられた。

センシティブな作品



11巻のエピローグでは、ンフィーレアと結婚した事が判明した。ちなみに、夫婦の営みに関してンフィーレアを喜ばせようと色々勉強した結果、彼を搾りカス寸前に追い込むまでに上達したらしい。かつての純朴だったエンリは何処に
16巻でのアインズの独自によると、ンフィーレアとの間に子供が出来た様である。

恭喜求婚大成功!



強さ

Overlord  Enri Emmot


少女ながら、農作業や採集などの肉体労働で鍛えられた腕力は中々に強く、1巻ではカルネ村を襲撃した全身鎧(フル・プレート)の兵士をタックルで怯ませていた

現在は、ゴブリン軍団と村に移住して来た元冒険者のブリタのお陰で食糧事情が大幅に改善された事に加え、後述の事情で職業(クラス)レベルが上昇した事で肉体的な強さは更に増し、包丁を刃が大きく欠ける程の力でまな板に叩き付けるなど男のンフィーレアよりも遥かに肉体派だったりする(実際、逞しく盛り上がった上腕二頭筋を作中で披露しており、8巻のキャラクター紹介文によると腹筋も割れつつあるとの事)。
上述のデータでは総合レベルは6に達しており、冒険者で言えば下から2番目の鉄(アイアン)級に相当する(後の9巻で更にレベルが上がった可能性もある)。

8巻では村を率いる者として先代から村長の座を譲られ、皆の助けを借りながらも村を襲うモンスターを撃退するなど、リーダーとしての片鱗を見せてゆく。

そして9巻でバルブロ率いる王国軍が村を襲った際に、『小鬼将軍の角笛』の真の効果を引き出す事に成功。5000を超えるゴブリンの軍団を召喚し軍を撃退した。
新たに加わったゴブリン達からもまた絶対の忠誠を向けられており、「エンリ将軍閣下」と呼ばれている。

指揮官としての才覚は職業にも表れており、実戦を経て『サージェント』『ジェネラル』などの指揮官系クラスに覚醒、無自覚の内にそれらのスキルを行使し仲間にバフ効果をかけるなどして、戦果を挙げている(アニメでは悪霊犬(バーゲスト)との戦闘における指示や、オーガ達を従えるための一喝の声にエフェクトがかけられる形で表れている)。
8巻の終盤でトロールに襲われた際には、時間稼ぎを目的としたトロールを欺く作戦を短時間で考え付いて実行しており、前述の指揮官系の職業を身に付けた影響か元々才能があったのかは分からないが、ある程度頭の回転は早い方だと思われる。

なお、9巻で召喚したゴブリンの中には高レベルのレッドキャップもおり、王国のみならず帝国の全軍を殲滅出来る程の勢力となっている。

ちなみに元から習得していたと思われる『ファーマー(農民)』は、1lvで農民特典15種類から1つ選択&大地を耕す速度+5%上昇(パッシブ)、2lvで農産物の実りを+5%上昇(パッシブ)、3lvで農民特典15種類から1つ選択&ファーマーズ・ファイト・1日1回(1時間の間、農作業の疲労を2分の1にする)といった効果があると、作者が5巻雑感の感想の返信にて語っている(ただし適当なものらしい)。

アインズとの類似点

ナザリック地下大墳墓の異形集団を纏め上げる超越者(オーバーロード)であるアインズと、単なる人間の娘であるエンリとは何もかもが正反対に思えるが、「いきなり崇められて、凄く偉い振りをしないといけなかったり、行った事もない場所でやった事もない仕事をいくつもやらないといけない」(8巻におけるエンリの台詞から)という共通点があり、実は非常に似通った立場に置かれている者同士だったりする(もっとも、アインズが配下の前で『理想の支配者像』を演じているのに対し、エンリは必要に迫られない限りは素の状態で過ごしている)。

ちなみに、作中においてエンリがンフィーレアに対し「(前述の様な存在は)世界で自分だけなのでは?」と問い掛け、その問いに「世界中探せばきっともう1人くらいいる」とンフィーレアが返すやりとりがあるのだが、まさかその「もう1人」が自分達の命の恩人とは両者とも夢にも思わないであろう(ちなみにアニメではそれを示唆するかの様に、前述のエンリとンフィーレアのやりとりの後にアインズが映し出されている)。

余談になるが、エンリ達が再登場する8巻のサブタイトルは『二人の指導者』と表記されている。
これはアインズとエンリの事を指すと思われ、8巻の内容も平凡なサラリーマンからナザリックの支配者となったアインズと、平凡な村娘からゴブリン軍団と村のリーダーとなったエンリの奮闘を、互いの視点から前後編形式(アニメ及び漫画版では同時進行)で描いたものとなっている。

WEB版

アインズに命を救われ、角笛を与えられるのは書籍版と同様。以降は自衛と成り行きからゴブリンに加えてオーガをも従える事になり、それと言葉を交わした冒険者の証言に尾ひれが付いていき、“血塗れ”の二つ名を持つ凄腕傭兵として噂される事になってしまう。

ちなみに再登場したのは外伝で、こちらではンフィーレアが登場しないのも加わってかなり出番が少なく、重要人物という訳では無くなっている。

MASS FOR THE DEAD

混沌獣によって村が襲撃され、村民を逃がすため奮闘する(ちなみにこの時点で、既に村長の座に就いていた模様)。

多くの村人が犠牲になる中、少なくない人数が主人公達や陽光聖典によって助け出されるも、大森林の中に逃げ込んだ後も彼女は負傷した村人を守るべく自ら囮となり、そのまま行方不明となってしまった。引きちぎられた片腕だけを残して……
そしてエンリを襲った悲劇は、彼女を想うンフィーレアの今後を大きく変えてしまう事となる。

前述の事情のため、ゲーム内で実装されているのは書籍版の方の彼女。バトル中はゴブリンの後ろに控え、指示出しやバフなどを行う。
マイページにおける会話の内容も、書籍版で起きた出来事を前提とした台詞となっている。

余談になるが書籍版ではWEB版との違いを出すべく、当初はエンリを殺すつもりだったと1巻雑感で作者が語っており、前述の悲劇はその描かれなかった展開を反映した結果だと思われる。
もっとも、見付かったのは片腕だけで死体は未発見なため、まだ希望はあるとも言えるのかもしれないが…。

関連タグ

オーバーロード(アニメ) カルネ村

妹で唯一の肉親。また我儘を言える様になって欲しい。 

自分には勿体無い程の友人。そして後の夫。

自分と妹のみならず、村の危機を救ってくれた大恩人。 

頻繁に村へとやって来るアインズの部下。人が落とし穴へ落ちるのを笑いながら見ているタイプ。

他作品の類似キャラ

  • ミヤ

同じく『小説家になろう』発のライトノベル、『『無限ガチャ』でレベル9999』のキャラクター。『平凡な少女だったのが主人公に命を救われたのをきっかけに、あれよあれよという間に崇められる立場へ祭り上げられ、その重圧に苦労している』という点が似ている。

関連記事

親記事

カルネ村 かるねむら

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1575291

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました