ピクシブ百科事典

ルプスレギナ・ベータ

るぷすれぎなべーた

ルプスレギナ・ベータとは、丸山くがね作の小説「オーバーロード」の登場人物である。
目次[非表示]

CV:小松未可子

データ

基本レベル59
属性カルマ値:-200(凶悪)
種族レベル人狼(ワーウルフ)Lv5
職業レベルクレリックLv10、バトル・クレリックLv5、ウォーロードLv4、ハイエロファントLv5など
制作者
身長171cm


人物像

ナザリックにおいて戦闘能力を持つ6人のメイド、チーム「プレアデス」の1人。
神官系の職業を習得しており着用している改造メイド服もそれに沿った物を合わせている。回復のみならずある程度の肉弾戦や攻撃魔法の行使もこなせる。

食欲旺盛で芋などが好物。語尾に「〜っす」と付ける蓮っ葉で明るい口調が特徴的だが、場によっては淑女のようにも振る舞える器用な女性である。

ナザリックに属する者の中では弱い人間種などにも人当たりのいい対応と友好的な態度を取れる一人。そのため、カルネ村に監視兼重要人物の護衛を兼ねて派遣される。

書籍版ではそういった表面的な態度は演技であり本来は残忍で狡猾な性格を持つ(ウェブ版でもそれを匂わせる描写は度々示されてはいる)。また、嗜虐心も強く弱者をいたぶることを趣味とする。不自然なまでに明るいという点で一貫しているが、ころころと変わる態度に親しみを持つ者が多い反面、掴みどころのなさから裏の顔の片鱗を見て恐怖する者も皆無ではない。
事実、エンリの配下のゴブリン軍団相手に敗走して心身ともにボロボロだったバルブロたちに本性を開放して彼らのトラウマになっていたレッドキャップ部隊を引き連れて、嬉々として拷問をかけて全員嬲り殺しにした。

不可視系の魔法を利用してか、気配のないところから唐突に現れては驚かせるという遊び心の持ち主でもある。ただし、悪ふざけが過ぎて度々ユリに大の苦手な銀を突きつけられたり、シズからも怒られたりすることも多い。

それらの態度は刹那的かつ享楽的な性格から来るものであり、希望を持たせた上で叩き落とし絶望するところを見たいという理由から、玩具である人間には親切な態度を取るものの最後は自分の趣味を優先する。この性格が災いしてアインズが命じたカルネ村の重要性も理解しておらず、村の危機に繋がりそうな報告を怠り身内にとにかく甘い主人を激昂させている。
とはいえ、そんなことになってしまったのには元を辿れば部下を仕事に就かせる際に仕事内容をきちんと理解させることが前提でありながら、上司と部下との相互理解即ち彼女とのコミュニケーションを疎かにしてしまっていたアインズにも非があったため、激昂直後に頭を冷やしたアインズもそれを反省して改めて彼女にカルネ村の重要性を説明した。

悪気こそないのだが反省も後に尾を引くタイプではなく、報連相こそ理解したもののその後もあまり懲りている様子がなかった。
また、上位者のシャルティア・ブラッドフォールンを敬意は表しつつも同時に内心では面白がっている節があり、「男胸」や「ペタン血鬼」だなどと陰口を叩いている。

関連タグ

オーバーロード(アニメ)
ユリ・アルファ ナーベラル・ガンマ ソリュシャン・イプシロン シズ・デルタ エントマ・ヴァシリッサ・ゼータ セバス・チャン
メイド 人狼 赤髪 三つ編み 褐色肌 サディスト

pixivに投稿された作品 pixivで「ルプスレギナ・ベータ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1394572

コメント