ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ナーベラル・ガンマ

なーべらるがんま

ナーベラル・ガンマとは、丸山くがね作のライトノベル『オーバーロード』の登場人物である。
目次 [非表示]

CV:沼倉愛美

データ

基本レベル63(種族レベル1+職業レベル62)
役職ナザリック地下大墳墓 戦闘メイド
住居第九階層の使用人室のひとつ
属性邪悪(カルマ値:-400)
種族レベル二重の影(ドッペルゲンガー)1lv
職業レベルファイター1lv、ウォー・ウィザード10lv、エレメンタリスト(エア)10lvなど
二つ名まん丸卵の戦闘メイド
創造主弐式炎雷

概要

ナザリック地下大墳墓の戦闘メイド集団、『プレアデス』の一員。


常に人間とほぼ変わりない姿を取る事が出来るため、アインズの扮する“モモン”と共に冒険者“ナーベ”として人間の街で行動する事になる。


ちなみにWEB版では、書籍版の方とは異なり演技が行える(詳細は後述)ため、アインズに代わりナーベラルが『冒険者モモン』として単独で活動している時期がある


人物像

人間を無価値な存在と断じて頭から見下しており、人間に対する友好度は極めて低い。更に短気かつ毒舌家

人間への蔑視度合は姉妹の中でも特に強く、人間に対しては「下等生物」という言葉に「ナメクジ」「ウジムシ」などのルビを振って呼ぶ。

センシティブな作品


モモンの目の届いていない所に至っては、容赦なくスリの手を潰したり、ナンパしただけの男が大泣きしてモモンに助けを求めて来るまで叩きのめしたりしている。


こうした性格や言動から余計な諍いを振りまきがちで、度々モモンに注意を受けているが一向に治る気配は無い。更にプレアデス特有の並外れた美貌のせいで、“美姫”と謳われるほど多くの男を虜にしてしまい、結果として前述の様なトラブルが何度も招かれるという悪循環が起こっている。

その様な現状にモモンはルプスレギナにすれば良かったか?」と後悔した事もあったが、あちらは確かに目の届く範囲にいれば社交的に振る舞ってはくれるが、別行動になって目を離してしまった際に余計な事をしでかしかねないため、結局は頭を抱える事になりかねないのは変わりないであろう。


そんな彼女ではあるが、書籍版8巻においてモモンの命令でエンリに接触した際、ナーベの美貌に目を奪われたエンリが思わず漏らした「ルプスレギナさんと同じくらいに綺麗」という言葉に対し、身内を褒められたのが嬉しかったのか素直に「…ありがとう」と礼を述べている。


総合すると戦闘においては極めて優秀だが、それ以外では天然かつポンコツと言ってもいい程であり、前述の通り演技が出来ないせいで人間に対して余計な殺気を振り撒いてしまうのに始まり、更には『漆黒の剣』の面々の前でうっかりアルベドの名前を出してしまう等の失態を犯してしまった事もあり、時折モモンからチョップや拳骨で窘められている。

特にアニメ一期第5話での、猛烈に可愛いリアクションは必見。

ナーベ


階層守護者コキュートスとは、自身の創造主の弐式炎雷が彼の創造主の武人建御雷と親友同士だった関係で、2人だけになるとノリが良くなり、普段の2人のイメージからは想像できない行動を取ったりもするらしい。


容姿

なーべさん(=゚ω゚)ノ

きめの細かい色白の肌に黒の瞳・切れ長の眼・長い黒髪をポニーテールにしている、お淑やかそうな雰囲気を漂わせた(上述の通り、飽くまで雰囲気だけだが)外見年齢10代後半から20代程の美女。


強さ

ナーベラル・ガンマ

魔法職を修めているが、剣を装備可能など他のメンバー程ではないものの直接戦闘が可能であり、基本レベルはプレアデスの中で最も高い


職業(クラス)構成は、種族を捨てて魔法攻撃に特化した純粋な魔力系魔法詠唱者(マジック・キャスター)で、本気になれば基本レベルに見合わない第八位階までの攻撃魔法を行使でき、その火力はプレアデス随一(実はこの極端なビルドは種族レベルが存在しない人間種向けのものに限りなく近く、長所・短所もほぼ共通している)。

雷系の攻撃魔法を得意としており、《雷撃(ライトニング)》などを多用する。


『ファイター』の近接職クラスを1レベルのみ取得しているため、ある程度の接近戦もこなす事が可能であり、《転移(テレポーテーション)》《飛行(フライ)》の魔法を駆使して不用意に接近した相手の意表を突く事もある(なおこの戦法は、彼女の創造主の弐式炎雷が得意としていた戦闘スタイルでもある)。

また飛行魔法で飛び回りながら攻撃魔法を撃つ事も可能で、同じ戦法で戦うイビルアイが止まっていないと撃てないのに対し、ナーベラルは移動中でも普通に撃てる


一応『二重の影(ドッペルゲンガー)』ではあるが、職業に偏ったビルド故に1レベルのみと殆ど機能しておらず、変身可能な姿も基本形態として設定された普段の美女の姿のみ。

そのため、他のプレアデス達の様に種族特性を活かした行動は不可能となっている。


流石に階層守護者には遠く及ばないものの、転移後の世界においては最上位クラスの強者に位置し、互角以上に戦える者は、現状片手で足りる程しか存在していない。


なお“冒険者ナーベ”として行動している間は、意識的に第三位階までの魔法しか使わない様にしているがステータスは変わらないので、その威力は転移後の世界の住人が使う一般的な同位階の攻撃魔法よりも遥かに高い


主な使用魔法

  • 連鎖する龍雷(チェイン・ドラゴン・ライトニング)

第七位階。手からのたうつ龍の如き白い雷撃が生じ、標的へ撃ち出すと相手の全身を龍が巻きつく様に覆い、焼き尽くしていく。

他に標的が残っている場合、更にそちらにも襲い掛かる。


  • 次元の移動(ディメンジョナル・ムーブ)

第三位階。術者のみを転移させる。ただし、あまり遠くへは移動できないと思われる。

転移後の世界では、魔法詠唱者には相手との距離を離したりする逃亡用の魔法と認知されている。


  • 転移(テレポーテーション)

第六位階。移動距離などの詳細は不明。


  • 伝言(メッセージ)

位階不明。相手と連絡を取り合う為の魔法。転移後の世界ではあまり信用されていないので、他の確認手段と併用され使われている。テレパシーの類では無いため、会話は口に出す必要がある。

ユグドラシルでは、特殊な状況や場所でしか本来は使われない。専用回線があり、声を相手にだけ伝える事が出来る。更に効果時間が存在するが、指揮官系の職業があればもっと長く会話できる。


  • 兎の尻尾(ラビッツ・テール)

位階不明。モンスターの敵対値を若干下げる事が出来る。


  • 兎の足(ラビッツ・フット)

位階不明。幸運値を上昇させられる。


装備

  • ケラウノスMk-Ⅲ

オーバーロード ナーベラル・ガンマ

金色の芯材を銀色の外殻で覆った様な杖。原作のイラストや各メディアのビジュアルなどでは装備しているが、戦闘で使用したと思われる描写は現時点で無い。

名称は『チェインクロニクル3』とのコラボで判明した。


“美姫”ナーベ

ナーベ

モモンに同行する冒険者としての姿。詳細は当該項目を参照。


うさ耳ナーベ

オバロ落書きなど

作中でうさ耳を生やしたのは、《兎の耳(ラビッツ・イヤー)》という聴力強化魔法のエフェクト。

幸運値を上げる《兎の足(ラビッツ・フット)》、モンスターからのヘイト値を下げる《兎の尻尾(バニー・テール)》と合わせて、『兎さん魔法』と呼ばれる。


またこの3つは同時発動すると、使用者の服装が変わるという隠し効果がある。


関連イラスト

センシティブな作品ナーベラル・ガンマNarberal Gammaナーベラル・ガンマナーベラルガンマナーベラル・ガンマ


関連タグ

オーバーロード(アニメ) ナザリック地下大墳墓


ナーベ プレアデス(オーバーロード)


ユリ・アルファ ルプスレギナ・ベータ ソリュシャン・イプシロン シズ・デルタ エントマ・ヴァシリッサ・ゼータ セバス・チャン


メイド 黒髪 ポニーテール ドッペルゲンガー 毒舌


『二重の影(ドッペルゲンガー)』仲間にして、ナザリックでは数少ない同族同士(アウラマーレは姉弟なので例外)。

ただし強さに関しては、職業レベルの方が種族レベルより高いのは同様だが、こちらは種族及び能力はナーベラルより上位

関連記事

親記事

プレアデス(オーバーロード) おーばーろーどのぷれあです

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12225108

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました