ピクシブ百科事典

武人建御雷

ぶじんたけみかづち

「武人建御雷」とは、丸山くがね著のライトノベル『オーバーロード』に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

概要

アインズ・ウール・ゴウンことモモンガのユグドラシル時代のプレイヤー仲間。
ギルドの前身となったクラン「九人の自殺点(ナインズ・オウン・ゴール)」時代から参加している、最初期の古参メンバー「最初の九人」の一人でもある。
重厚な和風鎧に身を包んだ二刀流の剣士で、種族はネフィリム。
ナザリックの支配者「至高の四十一人」の一角にして、所属NPCコキュートスの創造主。

ユグドラシル時代は戦闘好きで、特にサシのPVPを好むバトルマニア。
クランに参加したのもたっち・みーの強さにほれ込み、彼の打倒を目標に掲げたのが切っ掛けだったが、こちらの方は決着前にたっちが引退してしまったせいで叶わなかった。
勝利のためには手段を選ばない者が多い対人好きプレイヤーには珍しく、周囲への気遣いを怠らず、他人の迷惑を省みれる常識人で、他のギルドメンバーからの人望も厚かった。
また、「ゲームであるからこそ全滅も楽しみの一つ」「みんなと馬鹿がやりたい」と発言するなど、リスクを恐れない勇敢さと豪放磊落さを併せ持っていた。

下準備や謀略が鍵となる一般的なPVPのスタイルを余り好まず、お互いの手の内を隠したまま、純粋なプレイスキルと読み合いでぶつかり合うギリギリの戦いを好むなど、ゲームには楽しみと遣り甲斐を求める武人気質なところがあり、同じ趣向の弐式炎雷とは特に仲が良かった。
また、モモンガとは対照的にネーミングセンスに優れ、ギルド名「アインズ・ウール・ゴウン」の名付け親でもあり、この辺りはコキュートスにも受け継がれている。

ナザリック地下大墳墓を発見した際、モモンガの提案したぶっつけ本番での初見攻略狙いを大半のギルドメンバーが反対する中、彼のみがノリノリで賛同、前述の発言で渋っていた者たちをその気にさせ、見事初回攻略を成し遂げる切っ掛けを作っている。

強さ

生粋の物理前衛戦士で、その物理攻撃力はたっち・みーをも凌いでギルド最強を誇る。
一方でその重厚そうな見た目に似合わず、防御力は低かった。
また、カルマ値がマイナスの相手に絶大な威力を発揮する「五大明王コンボ」と呼ばれるスキルの連続発動による攻撃を切り札としていた。

  • 建御雷8式
メインウェポンで、対たっち・みー用の切り札として開発・強化を進めていたオリジナル武器。本人曰く「最強の一振り」となる予定であったが、たっちの引退と共にこの武器もまた未完成に終わってしまった。アインズが対シャルティア戦で使っている。

  • 斬神刀皇
メインウェポンで、神器級の巨大な刀。自身の引退時にコキュートスに譲り渡しており、現在では彼のメインウェポンとして愛用されている。

関連タグ

オーバーロード(アニメ) 至高の四十一人 アインズ・ウール・ゴウン
たっち・みー 弐式炎雷 コキュートス(オーバーロード)

pixivに投稿された作品 pixivで「武人建御雷」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 14319

コメント