ピクシブ百科事典

たっち・みー

たっちみー

『オーバーロード』の登場人物
目次[非表示]

概要

ギルド「アインズ・ウール・ゴウン」の前身となった、「最初の九人」で構成された集団(クラン)「九人の自殺点」(ナインズ・オウン・ゴール)の発起人。
 種族は蟲系の異形種。職業は戦士系最強職《ワールドチャンピオン》、ギルド内で最強、かつゲーム中でも屈指の実力者。呼び名は”純銀の聖騎士”。
ギルメンの中では最も「正義」に拘った男で、それに相応しい正義を愛する人格者でもある。
ただし怒ると怖いらしい。
特撮が好きで話を振られると熱弁するほどであった。
リアルは高収入のエリート警察官で、美人の妻子を持つマイホームパパという完全なリア充。
あまりにも勝ち組だったためウルベルトから嫉妬され、仲が悪く、いざこざが原因で「最初の九人」の一人が引退して以降それが激化した。
その一方でナザリックの攻略成功のお祝いの際には親しげにお互いの肩を叩き合っていた。

 異形種を理由にPKに晒されてゲームにうんざりしていたモモンガを仲間に勧誘した。モモンガにとっては自分を救って仲間に迎え入れてくれた大恩人にして初めて出来た友人でもあった。
 クランではクラン長を務めていたが、弐式炎雷からナザリック地下墳墓発見の報告が上がった定例連絡会でクランの解散及びギルドの創設を提案、ギルド長にはモモンガを推薦した経緯がある。

創造したNPCは「セバス・チャン」。

強さ

アインズ・ウール・ゴウンの数少ないガチ勢プレイヤーの一人。
戦士系職業最強にして、プレイヤーから公式チートとまで恐れられた「ワールドチャンピオン」の優秀なステータス補正とスキルに、非常に高いプレイスキルを併せ持ったPVPの名手。
その総合戦闘力はギルド最強、ユグドラシル全体でも3位にランクインしており、ナザリックの全階層守護者が束になって掛かっても勝利可能とされている。
ギルメン全員の能力や全スキルを8割の精度で再現できるパンドラズ・アクターでさえ、例外的にたっちのワールドチャンピオンに関連するものだけは全く再現することが出来ない。
あまりにもチート過ぎたので書籍版では弱体化してしまった。

関連タグ

オーバーロード(アニメ) 至高の四十一人

pixivに投稿された作品 pixivで「たっち・みー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 156694

コメント