ピクシブ百科事典

至高の四十一人

ぎるどめんばー

オーバーロードに登場する組織?である。
目次[非表示]

概要

 かつて、虐げられた異形種達を保護・鼓舞する事が目的で設立された組織《ナインズ・オウン・ゴール》を母体とする《アインズ・ウール・ゴウン》の支配者達。
ナザリック地下大墳墓》を創造した絶対者にして、各階層守護者・領域守護者を含む、《ナザリック地下大墳墓》に存在する全ての僕達の創造主。

 彼らにとっては神にも等しき存在であり、絶対の忠誠を誓っているのだが、ある時期から彼らのほとんどが何処かへ消え、今やモモンガ一人が残るのみ。

実際のところ

《ユグドラシル》でモモンガがギルド長をしていたPKギルドアインズ・ウール・ゴウンのメンバー達。総数41人という少数ギルドでありながら、全ギルドランキング9位の座にあった。

 ギルドメンバーに入る条件として
・アバターが異形種であること。
・プレイヤーが社会人であること。
 の2つがあり、特に後者の関係から、『何処かへ消えた』と言うのは、ゲームよりリアルを優先したというだけである。

 モモンガにとって、なによりも代え難い友人たちであり、彼らとの再会を果たすことが彼の最大の望みであり、その為にはいかなる手段を問わないと誓っている。
 ちなみに、全員が最低一人はNPCを作っているとの事。

書籍版とWEB版の違い

 WEB版・書籍版では詳細の違うメンバーがいる他、書籍にしか出ていないメンバー、作った子供の親が違うメンバーなどが居る。これは、WEB版・書籍版はプロットが同じだが、発表後は別物扱い…いわば並行次元物という立ち位置にある事に起因する。
 基本路線は変わらないものの、WEB版・書籍版では活動内容が微妙に異なったりする為、ここでは投稿数および一般認知度が高い書籍版の設定を中心としつつ、オリジナルであるWEB版による誤差を追記・別記等の形にて記載する。

 その他、最終的に42項目が出来上がる為、個別記事が作成された場合、そちらの方に情報が移動する。個別記事が出来ていないメンバーは、記事が出来るまでテーブル表記をしない。

メンバー

 ギルドメンバーは加入時期によって大きく三分割され、①最初の九人クラン・後続参加メンバーギルド・後続参加メンバーとわかれている。

《最初の九人》

ナインズ・オウン・ゴール》創設メンバー。
 書籍版でアインズがややぼかして語っていたメンバーの職業は、聖騎士・刀使い・暗殺者・二刀盗賊・鍛冶師・神官・妖術師・料理人。うち、五人の職業が判明している。

名前異名職業基本種族NPC備考
たっち・みー純銀の聖騎士《ワールドチャンピオン》虫系セバス・チャン最初の九人の発起人
モモンガ骸骨の見た目を持つ最強の魔法詠唱者《オーバーロード》スケルトンパンドラズ・アクターギルドマスター
武人建御雷ザ・サムライ!《ケンセイ》巨人コキュートスギルドの名付け親
弐式炎雷ザ・ニンジャ!《忍者》ゴーレムナーベラル・ガンマ紙装甲高速機体の火力特化ビルド

ウィッシュⅢ
 WEB版には登場しない。
エンシェント・ワン
 WEB版には登場しない。
フラットフット
 最初の九人の一人の暗殺者で、愛用の武器につるりんぺたんと名付ける程の貧乳好きだが、ロリコンのペロロンチーノとは違って大人の女性が好みであった。
 WEB版には登場しない。
あまのまひとつ

アニメ・オーバーロード2期、放送おめでとう!!


 鍛冶長の創造主と思われ、実際に鍛冶長は設定で彼の徒弟とされている。
 蟹の怪人のような種族のアバターで、たっち・みーの変身ヒーローネタを聞きたいがために彼に同行してナインズ・オウン・ゴールの一員となった最初の九人の一人。引退の際は超希少アーティファクトであるリング・オブ・マスタリーワンドをモモンガに託していった。
 生産系の職業である鍛冶職に就いているが、メンバーが少なかった当初は誰もが戦わなければならなかった為、生産職といえど工房に籠るというわけにはいかず、ある程度の戦闘にも耐え得るように生産職としては中途半端なビルドを余儀なくされていたが、ナザリック地下大墳墓を攻略したことでその役目からも開放されて、ビルドを組み直して改めて生産特化の職業編成となることができた。
 鍛冶作業をする際は験担ぎにバフ効果のある食事を取っていたことから、「グルメ鍛冶師」の異名を持つ。
 WEB版には登場しない。
辞めた男(仮名)
 ある時期、彼に対したっち・みーが行った事が原因で引退した。それが何なのか分からないが、ウルベルトと特に仲の良かった親友であったことから、この件で元々仲の悪かったたっち・みーウルベルトの仲がますます悪化した。
 

クラン・後続参加メンバー

ナインズ・オウン・ゴール》発足後に参加したメンバー。
 クランの最大加入人数に迫った事が、ギルド設立のきっかけとなる。
 作者によると、『名前だけが出ているギルメンの中の一人がニューロニスト・ペインキルの創造主』『職業は暗黒騎士』『性別は男』であるとコメントしている。『暗黒騎士』は《最初の九人》におらず、後述の《ギルド・後続参加メンバー》で職業が不明なのは死獣天朱雀だけだが、名前以外にもいろいろな情報が出ているので、この中に『職業が暗黒騎士で、尿道結石で苦しんだ』至高なる御方がいる可能性が高い。

名前異名職業基本種族NPC備考
タブラ・スマラグディナ大錬金術士不明ブレインイーターアルベド・ニグレド・ルベドWEBではシズの創造主
ウルベルト・アレイン・オードル大災厄の魔《ワールドディザスター》山羊系悪魔デミウルゴスたっちと仲が悪い

ぶくぶく茶釜
 アウラ・ベラ・フィオーラマーレ・ベロ・フィオーレ(WEB版ではアウラのみ)の創造主で、後述のペロロンチーノの姉。
 三人しかいない女性メンバーのひとりで現実では売れっ子にして実力派声優、よくエロゲーのロリっ娘の声をしていた。同じ女性メンバーのやまいこや餡ころもっちもちとは親友同士。
 普段はお得意の幼女声を使った音声つきの腕輪を作成し、隠しボイスを仕込むような悪ふざけをする茶目っ気のある気さくな性格だが、本気で怒るといつもの調子とは一転してドスを利かせた声色に変わり、弟はもちろん他のギルメンたちからも彼女を怒らせないように配慮している。
弟のペロロンチーノとはよく喧嘩しているが、何だかんだと言って弟の願いを聞いて弟の好きな声優のサインをもらってきてあげるなど、根は優しい姉である。
 種族はスライム種で外見はピンク色の光沢をもっているところまではよいのだが、その形があまりにもアレだったせいでたっち・みーに誘われるまでは弟を除いて近寄ってくれる者がおらず、ぼっちプレイを余儀なくされていた。
 戦闘では敵の攻撃を受けきり、毒や麻痺などの状態異常も一切通じず完璧なタンクとしての役割と敵のヘイト管理のため指揮官を務める。アンデッド等の精神異常に耐性を持つモンスターはヘイトコントロールが困難を極める相手に対しても問題なくこなし、両手に持った盾で敵を上手く牽制し、ヘイトを引き寄せるスキルを使いながらヘイトを集め、場を優位にコントロールしていた。
ペロロンチーノ
 シャルティア・ブラッドフォールンの創造主。ぶくぶく茶釜の弟。
 「エロゲーイズマイライフ」を公言する駄目人間でおちゃらけた性格をしているが、誰よりも仲間との和を考えていて潤滑油としての役目を果たしていた。とはいえ、調子に乗りすぎて不用意な失言をするのでその都度に姉と喧嘩になるが、幼少時の弱みを握られていることもあっていつも勝てない。
 シャルティアにも反映されているように貧乳ロリ好きだが、声優の姉がエロゲーでロリ系のキャラによく声を吹き込んでおり、買いたいと思ったエロゲーのキャラに姉が声優として出演していると、購買意欲が激減することもあった。
 モモンガと特に仲の良かった親友の一人と呼べる存在でいつも姉との喧嘩の仲裁に入っており、ウルベルトともモモンガと共に無課金同盟を組むなどゲームを辞めてしまった彼の親友に次いで仲が良かった。
 プレイヤーとしてはひたすら強さを追求し、強いスキル構築や職業構成に脳みその大半を割いており、愛用武器であるゲイ・ボウを厳選に厳選を重ねたデータクリスタルを用いて作り出す等たっち・みーやウルベルトに続く程のガチビルドであり、そうしたパワー志向のガチビルドはシャルティアの制作にも現れている。
 弓に特化したキャラメイクをしており、最長二キロという超々遠距離からの爆撃を得意とするが、その反面ダンジョンなど得意の戦法が使用不能な開けていない場所では戦力外に陥ることがあるほど得手不得手の差が激しかった。
 WEB版と容姿が違う。
ブルー・プラネット
 職業は森祭司。
 自然破壊により見れなくなった光景を見る為、ゲームプレイヤーになった。
 第六階層の夜空は彼の理想の最高傑作。
 WEB版では『ブルー・プラネス』名義で、登場しない武人建御雷に代わりコキュートスの創造主となっている。
源次郎
 エントマ・ヴァシリッサ・ゼータの創造主。
 金貨を除いて宝物殿の整理を担当していたが、彼いわく別に整頓好きというわけではないらしく、自分の部屋のことを『汚部屋』と呼んでいた。
ぷにっと萌え
 重度のゲーマーで現実世界では拘束時間は長いが暇な時間も多い職業についているらしく、その合間を利用して様々なサイトを巡回して情報の収集を行っている。
 種族はヴァイン・デスという植物系モンスターで、全身が蔓で作られたような姿をしている。
 職業は指揮官系を中心に習得しており、NPCの傭兵キャラクターの指揮を三体くらいまでなら問題なく管理することのできる運用技術やギルドメンバー全員の能力・技能・特技を把握し攻略に最適なパーティーを組み上げたり、「誰でも楽々PK術」に代表される新戦術の開発してギルドに貢献してきたアインズ・ウール・ゴウンの諸葛孔明と呼ばれる程の智将。
 モモンガの人徳や状況対応力を高く評価しており、自身の戦術を始め様々な教えを伝授して異世界に飛ばされた後も彼の教えは幾度となくモモンガの助けとなった。
 モモンガもそんな彼を慕い、ゲームの師であるのと同時にペロロンチーノと並んで仲の良かった親友でもあった。
 WEB版には登場しない。
ヘロヘロ
 プレアデスソリュシャン・イプシロンとインクリメントやデクリメントといった一般メイドの三分の一の創造主。
 現実世界ではブラック企業に勤めており、その激務によって常日頃から心身共に疲れきってる事が多く、ある日行った健康診断がレッドすぎて逆にグリーンという結果を叩き出すなど自身の健康面について頭を悩ませている。
 種族はスライム種の中で最強に近い「古き漆黒の粘体/エルダー・ブラック・ウーズ」。モンク系職業を保有したアタッカーだが、スライム種の特性上攻撃力は低い。しかし、その真価は超強力な酸で相手の耐性を突き抜けて装備を剥がすことにあり、そのためPVPにおいては上級プレイヤーでさえ苦戦する程の無類の強さを発揮するPVP特化のガチビルダー。
 しかし、戦士職相手には近接戦闘においてこのようにほぼ無敵に等しくともペロロンチーノのような弓兵やシズのようなガンナー、そしてモモンガやウルベルトのような魔法詠唱者といった遠距離攻撃に長けるプレイヤーとはこの上なく相性が悪い。
 サービス終了日までギルドメンバーに名を連ねていた一人。
 終了日にログインするが、実に2年ぶりのログインであり、疲労が溜まりすぎてインも長続きせずサービス終了時間前にログアウトしてしまった。
ベルリバー
 人型にくっついたブドウの粒ひとつひとつに口がついているような外見の異形種、”大喰らい”。
 慎重派の性格でモモンガが当時未探索だったナザリック地下大墳墓を初見一発クリアしたいと提案した時には「さすがにそれは無理じゃないですか」と真っ先に反論を行うなど、血気盛んなメンバーのブレーキ役を務めることが多かった。
 スイッチタイプの魔法剣士である為戦力としては二級であったが、立ち回りの上手いプレイヤーであり能力は高い。
 現実では世界に牛耳るとある巨大複合企業の不都合な情報を掴んだことでなんと口封じのため殺害されてしまった。その後、表向きは事故死として秘密裏に事件はもみ消されてされてしまうが、入手した情報はある人物の手に渡ったらしい。
やまいこ
 ユリ・アルファの創造主。
 三人しかいない女性メンバーのひとり。現実世界では小学校で教師を務めていた。
 秀才肌である自分とは対象的な天才肌である妹のあけみと常に比較されていたが、妹が姉を尊敬している事もあり、今では比較される程度では動じなくなる樹齢万年のような精神を身につけた。
ただ、一人称はボクであることや「相手のデータを覚えていないから取り敢えず殴ってみよう」良く言えば勇ましい、悪く言えば脳筋という男気溢れる一面があり、そのせいか少女時代に後輩の女子から本気で告白されたことがあるが、やまいこ本人はれっきとした異性愛者であることに加えその告白が原因で後輩と妹の仲が拗れてしまった為にそういった女同士の恋愛は勘弁してほしいと思っている。
 モモンガが悔しさや羨ましさのあまり転げ回ったことがある程のメンバーの中で屈指のクジ運の持ち主で、アインズがボーナスの全てをつぎ込んで漸く入手した非常に希少な課金アイテム「流れ星の指輪/シューティングスター」を、たった1回同じ課金くじ(500円)を引いただけで手に入れている。
 防御と回復に特化したビルドを構成をしており、能力値の中で2つが非常に高く3つが非常に低いという種族特性において、精神力と耐久力を上昇しやすい設定にしている防御ヒーラー。装備も防御力を重視した物であり親友のぶくぶく茶釜やばりあぶる・たりすまんといった本職のタンク役に代わって盾役を務められるほど。
 しかし、それ故に攻撃力を犠牲にしているので主装備のガントレットである「女教師怒りの鉄拳」による直接ダメージはほとんど無いことから、敵を吹っ飛ばし距離を取る効果を強めることで補っている。最大MPも回復役としては申し分ないものの、補助魔法等を併用するとなると心許無いと言わざるを得ず、特に攻撃魔法は非常に貧弱である。
テンパランス
 暗闇とも言える外見をしており、チャックモールの前で暗闇の調べと自称していた。
 この事はチャックモールの配下、エーリッヒ擦弦楽団経由でモモンガにも伝わる事となる。
 どうやら、チャックモールの創造主らしい。
 WEB版には登場しない。
ガーネット
 WEB版には登場しない。どうも、シズの創造主『博士』らしい。
獣王メコン川
 WEB版には登場しない。
スーラータン
 WEB版には登場しない。
チグリス・ユーフラテス
 WEB版には登場しない。
ぬーぼー
「ナインズ・オウン・ゴールの目」という異名を持ち探知特化のビルダーで、索敵や探索能力においてはフラットフットや弐式炎雷を上回る。
 WEB版には登場しない。
音改(ねあらた)
 商人職のメンバーでエクスチェンジボックスに入るアイテムの査定額を増加させるという便利スキルを習得していることからパンドラズ・アクターがよく変身している。
ばりあぶる・たりすまん
 ぶくぶく茶釜と並ぶタンク役を務めるメンバー。
 WEB版には登場しない。
ホワイトブリム
 一般メイドの三分の一の創造主。メイド服最強と豪語するメイド愛好家。
 他の一般メイドの名前の由来を鑑みるにフォス、フィース、シクススらの創造主である模様。
 在籍時はイラストレーターで引退後は培った画力を用いて漫画家に転身しており、ヒロインがメイドの漫画を月刊連載している。
 その漫画にはシクススらアインズ・ウール・ゴウン時代に作成したメイドたちをゲストとして登場させているなど引退後も被造物の一般メイド達への愛着は持ち続けている。

ギルド・後続参加メンバー

アインズ・ウール・ゴウン》発足後の追加メンバー大選抜大会を乗り切った皆さま。
 追加人員を受け付けるにあたり、前述した①異形種である事②社会人である事に加え、③ギルドメンバーの半数が、加入して良いと判断するがある。これは、ギルド加入を隠れ蓑にする幽霊メンバーを排除する意味合いがある。加入理由は、いかにナザリックの為になるか、など。
 原作十三巻時点で三十一人しかメンバーが発表されておらず、残る十名はここに含まれる。

餡ころもっちもち
 ペストーニャ・ショートケーキ・ワンコエクレア・エクレール・エイクレアーの創造主。三人しかいない女性メンバーのひとり。
 ナザリック地下大墳墓の第6階層の巨大樹でぶくぶく茶釜ややまいこ、やまいこの妹であるあけみと共に、女子会をよく開いていた。制作NPCの特徴を見るにお菓子好きにして動物好きであると思われる。
 WEB版で創造したのはペストーニャのみ。
るし★ふぁー
 ギルドメンバーをこよなく愛するモモンガをしてあまり好きではないとまで言わしめる問題児のゴーレムクラフター。
 強いゴーレムを作ったと言って仲間達を呼び出し、起動したゴーレムに仲間を襲わせたり、9階層の風呂場一つの湯を吐き出すライオンをこっそりゴーレムに改造して、マナーが悪い入浴客に襲い掛かるように設定した結果、アルベド達が災難の被害に遭うなど彼の悪戯と遺産の数々はかつてモモンガ達はもちろん現在の自我を持ったNPC達の頭まで悩ませている。
 WEB版では恐怖公専用の騎乗ゴーレム《シルバーゴーレム・コックローチ》を作成。その縁から、恐怖公は彼の僕では無いのかと言われている。
ク・ドゥ・グラース
 一般メイドの三分の一の創造主。
 他の一般メイドの名前の由来を鑑みるにフォアイル、リュミエール、エトワルの創造主である模様。
 WEB版には登場しない。
死獣天朱雀(しじゅうてんすざく)
 WEB版には登場していないが、それらしい存在がいる事は作者がほのめかしている。

42人目?

 モモンガは異世界に転移した時に、ギルドメンバー全員に連絡をとろうと試みていた。
 41人全員に連絡を飛ばしたと書かれているが、普通に考えると連絡をとろうとしているモモンガの数が入っているわけがないので、41+1で、実は42人目のギルドメンバーにあたるような人物がいる(いた?)のではないかという一部ファンの説がある。

 最も、エルフ(亜人種)でプレイしていたために異形種しか入れないアインズ・ウール・ゴウンには入団できなかったやまいこの妹であるあけみにも連絡しようと試みただけの可能性もあるが。

最終登録メンバー

 アインズがアルベド達を連れて宝物殿に行き、その過程で霊廟に訪れた際、彼はこう言った。
『私は仲間が去る度、一人ずつ像を作った。残り四つの空白の席があり、そのうち一つに私の像が立つ予定だ』と。
 像が立つ=アインズが去るというやりとりがあったがそこは置いといて、問題はこの、《四つの空白席》である。
 至高の方々は41人なので、元々この通路にるし★ふぁー辺りが何らかの像を置いていた場合、ビジュアル的にも像は左右一対の可能性が高く、これの総数は42である。しかし、アインズは後からメンバーの像を作ったとあるので、41番目の向かい側の像は、元からあった像が置かれていると思われる。あるいは、前の項目であった《42人目?》の可能性も無いわけでは無い。

 ここまで来て何が言いたいのかと言うと、アインズは『仲間が去るたびに一体ずつ作った』と言った為、VRMMORPG《ユグドラシル》のサービス終了までにギルド《アインズ・ウール・ゴウン》に所属していたメンバーが、アインズ=モモンガ・ヘロヘロ以外にあと二人いるという事実である。
 つまり、《ユグドラシル》のシステム的に表現すれば、『ナザリックから去らなかった=ゲームを引退しなかった至高の四十一人は四人』いて、その内『正式サービス終了時点でナザリック内部に居たのがアインズ一人』という事になる。

 彼らはVRMMORPG《ユグドラシル》内部にゲームデータが存在している状態である為、これが転移と関係すると仮定した場合、今後、登場する至高の四十一人の中に、この『残りの三人』が登場する可能性がある。(無論、作者の解釈次第ではあるが)
 そして、『ギルドメンバー全員に連絡をとろうと試みていた』とあるので、やはりシステム的にも至高の四十一人全員のゲームデータも(ログインする為に)残されていると見ておかしくは無い。


 はたして、アインズの言った「残り四つの空席」が意味するフラグとは……?
 まあもっとも、空白席の総数については、転移後にヘロヘロの像を作った上での残数かもしれないが。

pixivに投稿された作品 pixivで「至高の四十一人」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1025756

コメント