ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次[非表示]

概要

Wikipedia等のインターネット百科事典において『不要』と判断した内容を削除、または差し戻しするしかしない、あるいは出来ない人達を指す。

また書いてある情報は関係なく、単に他人の書いた記事を台無しにする嫌がらせ目的で、不特定多数の記事を白紙化して回る悪質ユーザーも時折発生し、中にはわざと編集合戦に持ち込んで新規書き込みを不可能にする等、システムを悪用した手口も珍しくない。

以下、ピクシブ百科事典での削除荒らしについて説明する。復元荒らしとは共通する点が多いため、そちらの記事も参照。

記事名について

元々は削除厨名義の記事が立てられ、そこに削除厨に関する詳細が書かれていたが、運営側が何故か記事ごと削除する処置が成された。
基本運営が記事を削除するのはカオスラウンジpixiv問題のように、運営側にとって不都合な内容が書かれた記事が削除される場合であり、何故削除厨の記事が消されたかは不明である。他に荒らしの記事も削除されている。
運営側はピクシブ百科事典での問題を放置しているとも評されている。

ピクシブ百科事典では

ピクシブ百科事典においては通常「規約違反かつ他に利用できない記事」「全角半角の違いやスペース等の問題で、タグとして使用できない記事(pixivの仕様ではタグの仕様で「30文字以内」「英数字は半角のみ」「スペースは区切りに使うため使用不能」等のルールが存在する)」「表記ゆれ等の記事」「編集者の勘違い等により作成された記事」「過去存在した記事の残骸」等の誘導されたり、削除される記事による検索妨害を軽減させる意味でも、上記のような行為は行われている。

それらの削除は必要な行為でもあるのだが、ウィキペディアの削除厨とは違い、自分の感情に任せるままに削除する傾向が強く、一部の内容に留まらずに全文を白紙化し、無意味な文字列もしくは「いらない」主旨の文章等に差し替え、メイン画像を既に削除された作品のIDを入れてnoimageにすると、ウィキペディアよりもかなり悪質な削除行為を行うユーザーが存在しており、当然これらの行為は場合によっては編集合戦を誘発する。

特徴

  • 自分からは記事を書かない、まともに記述出来ない場合が多い。

ウィキペディア同様執筆しない、あるいは執筆しても「日本語になっていない」「サイトの文法が使えない」等、自身には書く能力も努力も行動もせずに削除を行う。

  • 規約等を棚に上げて削除行為を正当化する
これもウィキペディア同様に行われ、他のユーザーが差し戻しを行えないようにする為の意図の強い手段として使われるが、『自らには適用されない』と思っている節がある。

  • 他者に対しては威圧的、攻撃的。
自身の編集を妨害する他ユーザーに対して暴言・誹謗中傷は平然と行い、他人の利用規約やマナーに対する違反には厳しいにも拘らず、自らの同様の行為には甘い態度を見せる。差し戻すユーザーに対して「〇〇」「信者」「アンチ」等のレッテル貼りや、記事内の記述に対して「個人の主観」「独自解釈」「こじつけ」「無関係」「意味不明」等の言い掛かりを押し付ける、敵視したユーザーの批判記事を書いたりする。

  • 話し合いしても自分の意思を曲げない。
他のユーザー達と話し合いをするものの、大抵自身の意見を貫き通し、反対意見を踏みにじり、他の利用者の意見を無視して削除する。強い粘着性により、たとえ差し戻されても即座に削除・白紙化を行う為に削除厨に目を付けられた記事は、該当ユーザーがアカウント停止されるまで諦める以外の方法は無い。酷い場合は『自分の行為=削除は審議不要だが、他者の記事・記載の復旧は審議を要求』する態度を見せる。

身の保全の為か、本アカウントを使用せずに新しいアカウント(いわゆる「捨てアカウント」、この行為も規約違反となる)を用いて編集を行う場合がある。中には運営からの規制を防ぐ為に、削除後に速やかに退会して身元を伏せるのもする。大抵の当該アカウントはああああ記号や符号が一文字等の単純な名前で、名前以外の詳細もろくに記述されておらず、お気に入りユーザー・マイピク・投稿作品・ブックマーク作品がほぼゼロ(=お気に入りだけは「pixiv運営」が入っている)である等の特徴があり見分け易い。

  • 嫌いなユーザーへの誹謗中傷は書く
削除厨は記事を削除するしかしないが、嫌いな内容を書くユーザー、削除した内容を差し戻したユーザーに対する誹謗中傷はコメント欄編集履歴等にきっちり書く
そして、その自分が書いた誹謗中傷を消されたら、即座に差し戻す姿勢を見せる。
プロフィールで「閲覧専用」と嘘を書いていることが多い。

  • 自分が目に付けた記事以外は消さない
削除荒らし(削除厨)は様々な理由を主張して削除を行うが、彼らが主張する理由に当てはまる記事があってもその記事には見て見ぬふりや我関せずに徹する。
例えば「誹謗中傷」を理由で削除した場合、他の項目で本当に「誹謗中傷」が書かれた記事があっても削除しない。そしてその記事を伝えても無視する。

仮に完成度として発展途中の記事においても『最初から高い完成度を当然のように要求しそれに当てはまらないから』『ピクシブに同名のタグが付けられた作品が投稿されていないから』のような身勝手そのものな理由から記事の一部・もしくは記事そのものを削除する。中には、他の者にとっては特に問題ないものでも自分だけの不都合(自分の好みや感性に合わない、気に入らない、自分が詳しく知らない作品・キャラクター等)を理由に削除するケースもある。
ちなみにその削除理由に該当している別記事に関しては我関せずや知らぬ存ぜぬに徹すると、自分の行動に無責任な二枚舌ダブルスタンダードを行うケースも多々ある。しまいには自分以外全てを荒らしとみなしている

  • 自分の思い通りにならないから削除する。
主に記事内で編集合戦が発生した時にこの手段に打って出る。相手が自分の言う通りにしないのなら記事を白紙化すればいいという極端かつ自己中心的な理由で記事を白紙化してしまう。

記事に削除を行う際も編集内容の項目に「不要な」「余分な」「意味のない(意味不明)」「無関係」等の他者(過去に記事を作成したり、編集した人)が気分を害したり気に障るような単語や言い回しを含んだり、上から目線及び名人様そのものな文章を記述していくなどデリカシー配慮が微塵も出来ていない。

削除するもの

この種のユーザーに関しては、以下の記事を削除する場合が多い。但し、これらの削除がすべて「正しいもの」あるいは「間違っている」とは限らない。

  • タグとして使用されてない、または少数しか使われていない記事
検索妨害の防止や正しいタグへの誘導等を目的として、「タグとして使われてない」「使用者が少ない」理由で白紙化を行うケースがある。場合によっては白紙化する為に、タグを作品から片っ端から除去、固定タグとして使用されている場合はユーザーにタグを取り除くように頼んで除去させ、使用されていない状態にさせて白紙化を行う。

0件のタグは以前だったらピクシブ百科事典に作成できなかった記事なのでわからなくもないのだが、これらの記事の中には「ピクシブ百科事典にて分割されたり、隔離された項目」が存在する場合がある。ただし、記事が作られた当初はタグ付けされた作品がなかったが、しばらくしてpixivリクエストをはじめとする有償依頼をきっかけに、同名のタグが付けられた作品が投稿される場合がある以上、上記の理由で一律削除に正統性がないのも事実である。

だが、質の悪い削除荒らしになると、リクエストされたイラストは「作者が自発的に描いた作品ではない」「リクエストされた作品に客観的な正当性はない」等として、リクエストは投稿された作品とカウントせず、半ば存在しないもの扱いしている。
そもそも公式が『タグのない記事を作ること自体は(利用規約やガイドラインに違反しない範囲でなら)何ら問題ない』と公言しているので、「タグとして使用されていない記事だから」という理由だけで削除するのは的外れ以外の何物でもない。更に「不要な記事を少しでも許せば荒らしを増長させる」として、躍起になって削除を強行する等、事実上身勝手極まりない独善を振りかざしているに過ぎない。

  • 対象となる作品・キャラクターの批判的・評価を下げる内容が書かれた記事
「迷惑な存在」「いらない子」「ヒロイン(笑)」等、各キャラクターへの批判的内容が書かれ、評価を下げる内容があると即座に削除される。また「吐き気を催す邪悪」のタグが付けられるような悪役キャラクターに関する記事にも出現しては『不要』と判断した内容を削除してくる。
より酷い場合は「自分が知らない事柄は存在しない」として削除すると、自分の無知を棚に上げる場合もある。

ただし、このタイプの記載は往々にして感情論による主観的な記載が多くなり、時には罵詈雑言の塊になってしまう事もある為、あまりにも客観的とも中立的ともいえない記載に関しては是正が必要ではある(削除より修正の方向が望ましいが)。

  • 古くなった予想考察
往々にしてほぼ全ての作品は、物語の進行と共にが明かされ設定が固まっていくものであり、ピクシブ百科事典ではそうした未回収・未発表の伏線や設定について、ユーザー個々人が取り上げ推察した文章が少なくない量見られる。
当然それらは、いざ物語が進み公式から正式な見解や回答が出されれば「もはや不要となった的外れの感想」になってしまうのだが、『折角書き上げたのだから他人が削除するべきではない』という筆者も存在し、是非を巡って暫くの期間争いに発展してしまう事もある。

  • ユーザー自らが作成した二次創作関連記事
これらの記事には「作者の自己紹介」「作者のオリジナル、あるいは二次創作キャラクターの紹介」「作者の設定の紹介」等が挙げられる。
但し、これらの記事とそれを取り巻く環境側にも、幾つかの問題点が存在し、まず記事自体に「Wikipedia:自分自身の記事をつくらない」等に記述されているような、根本的な問題を多く含んでいるのが挙げられる。

その上、記事の作者に記事の問題点を伝え、作者に該当しそうな記事を削除させる手段を採っても、相手がそれを聞き入れてくれるとは限らない。中には、「記事について話し合おうとしたら、ブロックされた上に記事コメントまで無視された」報告まで存在する。
以上の理由から、この問題に対して「ある程度の自治行為は仕方ない」とする意見も度々出ており、これらの記事を削除したからとしても、削除するユーザーが全面的に悪いと言い難いものがあるのが現状である。

この問題に対する対処法としては、以下の通り。これらの記事を作成したい場合、なるべく利害関係の薄い第三者に記事作成を任せる。これらの記事を削除する場合、削除する前に作成者と話し合う等が挙げられる。
尚、該当しそうな記事を見つけた場合、ユーザーは運営に通報するのみで記事には触れない(=つまり運営元や管理者に対処を一任し、それらの対処に従う )のが理想ではあるが、肝心の運営がこの種の対処を、すなわち「この種の記事のルールの作成」、または「作成者および削除者への対処」をほとんど行わないのが問題の1つとして挙げられる。

  • 無断転載
タグとして多数使用されていても、記事は出来てないものが存在しており、それを補う為に(他のサイト、特にWikipediaやニコニコ大百科などが用いられることが多い)無断転載して記事を作成されるケースがある。
問題なのは著作権侵害にならないように「レイアウトや説明等の変化」や、「他の参照元を用いて増強する」等のある程度の編集がされた記事を「無断転載だ!」「記事が執筆できないのなら執筆依頼しましょうね」と言い削除しに来る。
また、ある程度原型を留めないくらいに編集がされてても「この部分は他からの転載」として削除されるケースもあり、その場合、部分部分が抜けて記事として機能しない内容になってしまう事態も存在する。
ただし、引用の範疇を超えた無断転載自体は一切擁護できない荒らし行為であることは念頭に置く必要がある。

  • リーク情報
無断転載と一部共通する問題だが、昨今のピクシブ百科事典は未発売・未公表のリーク情報や没設定に関する記事を平気で作成し流布しようとする問題ユーザーが後を絶たない。
この場合明確な規約違反であるため、少なくとも公式発表が出るまでは白紙化しておこうとする反対者も多いのだが、これもまた削除荒らし扱いされるケースがあり、どちらが正当化されても問題がのさばってしまう悪質な構図になっている。

  • 特定の思想を含む記事
自由に記事が作成出来る環境である為に、中には「偏った内容」の記事が作成あるいは編集され、同時にそれに反対するの思想を持つユーザーが削除に掛かる事があり、場合によっては編集合戦になる事例が存在する。本来は特定の思想の記事は第14条(禁止事項)「18.人種・民族・性別・年齢・思想などによる差別に繋がる表現を使用する行為」「23.極端な思想や反社会的行為を賛美・助長する表現を投稿または編集する行為 」に抵触しなければ問題はないはずなのだが、その禁止事項を拡大解釈して、気に食わないものを削除するpixivユーザーも少なからず存在する。

  • 一覧記事
ピクシブ百科事典ではウィキペディアみたいに「カテゴリー」のシステムが存在しない上、親記事子記事の関係もうまく動いていない点も多いのもあり、一覧記事が必要となる事例も存在する。また、作品の中の一覧だけではなく、別のカテゴリでまとめる必要が存在する場合が存在する為、一覧記事が作成される場合がある。

ところが、これらの中には「本当に必要なのか?」と思われるものも少なくないとされ、場合によっては「検索妨害だ!」と批判して削除を行う場合があるまた、一覧記事そのものでなくても、関連タグが複数列挙されている記事を発見すると「一覧記事化している」と一方的に断定、記載されているタグ群の一斉削除を、他のユーザーの意見を聞かずに強行する削除荒らしまで存在する。

ただし、ピクシブ百科事典にはいわゆる一覧厨と呼ばれる質の悪い編集を繰り返すユーザーが多く、非常に多くの批判を集めているのも事実のため、単に削除しているだけでは荒らしと断定はできない。詳しくはそちらの記事参考。

また、『一覧記事とは別で記事内に一覧があるケース』においても肥大化という名目で削除するが、その肥大化に当てはまる他の記事に関しては我関せずに徹する傾向がみられる。

  • 自分を含む、荒らし行為をするユーザーへの批判記事
上記の削除行為を含む悪質なユーザーに対する批判・中傷記事が書かれるが、見つけたら即座に削除。当然自らの行いを反省せず、不要と判断した記事を削除する姿勢は改めない。
とはいえ、その種の記事は基本的に規約違反であることが多く、削除自体は妥当であることが多い。

  • 多くの関連タグ
記事そのものではなく、関連タグだけを執拗に削除する輩も多い。
概ね「自分にとって嫌い(気に食わない)or不要or多過ぎる」「こじつけが酷い」が理由である。
より酷くなると「その記事の大元=親記事枝分かれした記事=兄弟記事以外は認めない」輩も存在している。
ただし、ピクシブ百科事典にはいわゆる繋がり荒らしと呼ばれる質の悪い編集を繰り返すユーザーが多く、非常に多くの批判を集めているのも事実のため、単に削除しているだけでは荒らしと断定はできない。詳しくはそちらの記事参考。

何故このような荒らしが発生するのか

ピクシブ百科事典ではアカウントを作れば誰でも参加出来るが、メールアドレスがあれば簡単に作れて、尚且つ退会も容易な為に悪意のある編集者が現れる。更にメールアドレスを変えれば、幾らでもアカウントを作成出来る上、「使い捨てメールアドレス」でもアカウントは作成可能であったらしい為に捨てアカウントも作り放題で、この点を悪用したユーザーが後を絶たない。
特に閲覧用を謳うユーザーにこの傾向は強い。

たとえ運営に通報しても、アカウントを管理するpixiv運営とサイトを管理するピクシブ百科事典が分離していた為、運営側が放置する・対応が遅れる等、運営側が荒らしに対する有効な対処を取れない事態も多く、更に少し詳しいユーザーにおいては「編集後、速やかに退会」して足跡を追えないようにするのもある為、運営に通報しても対処、例えば「アカウントに対する編集権限はく奪」や「アカウント停止」または「被害にあった記事の復元や保護」などの「通常のwikiサイトだと行われる一連の管理活動」を採れないと思われる。

辛うじて通報しアカウント停止を受けたとしても、複数アカウントを使用、または退会し速やかに新しいアカウントを作成・使用する為、ピクシブ百科事典はほぼ無防備に等しい。

しかも、他のユーザーが復旧させた=「残したい」とする意思表示を示しても、既に削除しか頭にないため、思考停止するように削除を繰り返している。
また、今まで特段注意されなかった記載がこの手の輩に発見された瞬間、二度と日の目を拝ませない勢いで削除対象にされてしまうケースも……。

そして、この削除荒らしの極めて厄介な点は、削除荒らしの行為が正しい方に誤認され易い点である。
記載を削除された側は懸命に遣り取りをしようとしても、削除荒らしは基本ガン無視を貫き、相手が諦めるまで削除を繰り返すが、何故かちゃんと話し合って記載を復旧させたい側が、復活厨扱いされ攻撃を受けてしまう場面がままある
その為、削除荒らしの害を被った記載の復旧は基本的に難しく、多数の賛同者を作っておかないとままならない。

関連タグ

無自覚な荒らし 必殺削除人 大規模荒らしまとめ
運営仕事しろ:削除荒らしが収まらない原因。

ネガティブ一覧:削除荒らしの標的となる記事や記述の主な特徴。

復元荒らし一覧厨繋がり荒らし問題ユーザー達。対立するユーザーに削除荒らしのレッテル貼りを行う者が多い
自治厨正義中毒短気強引:非常によく似た存在・特徴で兼ね備える者も多い。

関連記事

親記事

インターネット百科事典 いんたーねっとひゃっかじてん

子記事

兄弟記事

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました