ピクシブ百科事典

削除荒らし

さくじょあらし

削除荒らしとはWiki形式の百科事典に存在する荒らしの一種である。
目次[非表示]

概要

削除厨とも言われる。
Wikipediaなどのウェブ百科事典において不要と判断した内容を削除する事しかしない、あるいはできない人たちの事である。このような人達の中には自分に不都合な情報を含む記事をなんとか消し去るために、言い掛かりを付けて削除している場合も存在している。
また書いてある情報とは別に、たんに更新履歴の上のほうからいちゃもんを付けるために巡回する事を日課としていたり、古い記述を権威と感じ新しく編集を加えられる事を記事への冒涜と感じるなどの基準によって活動する者も存在し、中にはわざと編集合戦に持ち込んで新規書き込みを不可能にするなどシステムを悪用した手口も珍しくない。

以下、ピクシブ百科事典での削除荒らしについて説明する。

記事名について

元々は削除厨という記事が立てられ、そこに削除厨に関する詳細が書かれていたが、運営側が何故か記事ごと削除するという処置が成された。
基本運営が記事を削除するのはカオスラウンジpixiv問題のように運営側にとって不都合な内容が書かれた記事が削除される場合であり、何故削除厨の記事が消されたかは不明である。他に荒らしという記事も削除されている。
運営側はピクシブ百科事典での問題を放置しているとも言われている。

ピクシブ百科事典では

ピクシブ百科事典においては通常、「規約違反かつほかに利用できない記事」、「全角半角の違いやスペースなどの問題でタグとして使用できない記事(pixivの仕様ではタグの仕様で「30文字以内」「英数字は半角のみ」「スペースは区切りに使うため使用不能」などのルールが存在する )」、「表記ゆれなど記事」、「編集者の勘違い等により作成された記事」、「過去存在した記事の残骸」などの誘導されたり削除される記事による検索妨害を軽減させる意味でも、上記のような行為は行われており、それらの削除は必要な行為でもあるのだが、ウィキペディアの削除厨とは違い、自分の感情に任せるままに削除する傾向が強く、一部の内容に留まらずに全文を白紙化し、無意味な文字列もしくは「いらない」といった主旨の文章などに差し替え、メイン画像を既に削除された作品のIDを入れてnoimageにするといった、ウィキペディアよりもかなり悪質な削除行為を行うユーザーが存在しており、当然これらの行為は場合によっては編集合戦を誘発する。

特徴

  • 自分からは記事を書かない、まともに記述できない場合が多い。

ウィキペディア同様、執筆しない、あるいは執筆しても「日本語になっていない」「サイトの文法が使えない」など自身には書く能力も努力もせずに削除を行う。

  • 規約等を棚に上げて削除行為を正当化する
これもウィキペディア同様に行われ、他のユーザーが差し戻しを行えないようにするための強い手段として使われるが、自らには適用されないと思っている節がある。

  • 他者に対しては威圧的、攻撃的。
自身の編集を妨害する他ユーザーに対して暴言・誹謗中傷は平然と行うといった、他人の利用規約やマナーに対する違反には厳しいにもかかわらず、自らの同様の行為には甘いという態度を見せる。差し戻すユーザーに対して「〇〇」「池沼」「信者」「アンチ」といったレッテル貼りや、敵視したユーザーの批判記事を書いたりする。

  • 話し合いしても自分の意思を曲げない。
他のユーザー達と話し合う事があるが、大抵自身の意見を貫き通し、反対意見を踏みにじり、他の利用者の意見を無視して削除する。強い粘着性例え差し戻されても即座に削除・白紙化を行うために削除厨に目を付けられた記事は該当ユーザーがアカウント停止されるまで諦める以外の方法は無い。

  • 捨てアカウントで削除する
身の保全の為か、本アカウントを使用せずに新しいアカウント(いわゆる「捨てアカウント」、この行為は規約違反となる)を用いて編集を行う場合がある。中には運営からの規制を防ぐために、削除後に速やかに退会して身元を伏せる事もする。大抵そういったアカウントは単純な名前で、名前以外の詳細もろくに記述されておらず、お気に入りユーザー・マイピク・投稿作品・ブックマーク作品がほぼゼロ( お気に入りだけは「pixiv運営」が入っている)であるなどの特徴があり見分けやすい。

  • 嫌いなユーザーへの誹謗中傷は書く
削除厨は記事を削除することしかしないが、嫌いな内容を書くユーザー、削除した内容を差し戻したユーザーに対する誹謗中傷はきっちり書く。
そしてその自分が書いた誹謗中傷を消されたら即座に差し戻すという姿勢をもつ。

  • 自分が目に付けた記事以外は消さない
削除厨は様々な理由を主張して削除を行うが、彼らが主張する理由に当てはまる記事があってもその記事には触れない。
例えば「誹謗中傷」という理由で削除した場合、他の項目で本当に「誹謗中傷」が書かれた記事があっても削除しない。そしてその記事を伝えても無視する。

削除するもの

この種のユーザーに関しては、以下の記事を削除する場合が多い。ただし、これらの削除がすべて「正しいもの」あるいは「間違っている」とは限らない。

  • タグとして使用されてない、または少数しか使われていない記事
検索妨害の防止や正しいタグへの誘導といった目的として、「タグとして使われてない」「使用者が少ない」と言う理由で白紙化を行うケースがある。場合によっては白紙化する為にタグを作品から片っ端から除去、固定タグとして使用されている場合はユーザーにタグを取り除くように頼んで除去させ、使用されていない状態にさせて白紙化を行う。0件のタグは以前だったらピクシブ百科事典に作成できなかった記事なのでわからなくもないのだが、これらの記事の中には「ピクシブ百科事典にて分割されたり、隔離された項目」が存在する場合がある。

  • 対象となる作品・キャラクターの批判的・評価を下げる内容が書かれた記事
「迷惑な存在」「いらない子」「ヒロイン(笑)」といった各キャラクターへの批判的内容が書かれ、評価を下げる内容があると即座に削除される。また、「吐き気を催す邪悪」のタグが付けられるような悪役キャラクターに関する記事にも表れては、不要と判断した内容を即座してくる。

  • ユーザー自らが作成した二次創作関連記事
これらの記事には「作者の自己紹介」、「作者のオリジナル、あるいは二次創作キャラクターの紹介」、「作者の設定の紹介」などがあげられる。ただしこれらの記事とそれを取り巻く環境側にも、幾つかの問題点が存在し、まず記事自体に「Wikipedia:自分自身の記事をつくらない」などに記述されているような根本的な問題を含んでいることが多いことが挙げられる。その上、記事の作者に記事の問題点を伝え、作者にそういった記事を削除させるという手段をとっても、相手がそれを聞き入れてくれるとは限らない。中には、記事について話し合おうとしたらブロックされた上に記事コメントまで無視されたという報告まで存在する。以上の理由から、この問題に対してある程度の自治行為は仕方ないという意見もたびたび出ており、これらの記事を削除したからといって、削除するユーザーが全面的に悪いと言い難いものがあるのが現状である。この問題に対する対処法としては、以下の通り。これらの記事を作成したい場合、なるべく利害関係の薄い第三者に記事作成を任せること。これらの記事を削除する場合、削除する前に作成者と話し合うこと。なお、こういった記事を見つけた場合、ユーザーは運営に通報するのみで記事には触れない( つまり運営元や管理者に対処を一任し、それらの対処に従う )ことが理想ではあるが、肝心の運営がこの種の対処を、すなわち「この種の記事のルールの作成」、または「作成者および削除者への対処」をほとんど行わないことが問題の一つとして挙げられる。

  • 無断転載
タグとして多数使用されていても、記事は出来てないものが存在しており、それを補うために(他のサイト、特にWikipediaやニコニコ大百科などが用いられることが多い)無断転載して記事を作成されることがある。問題なのは、著作権違反にならないように「レイアウトや説明等の変化」や「他の参照元を用いて増強する」といった、ある程度の編集がされた記事を、「無断転載だ!」「記事が執筆できないのなら執筆依頼しましょうね」と言い削除しに来る。また、ある程度原型を留めないくらいに編集がされてても「この部分は他からの転載」と言い削除されることがあり、その場合、部分部分が抜けて記事として機能しない内容になってしまう事も存在する。

  • 特定の思想を含む記事
自由に記事が作成出来る環境であるために、中には「偏った内容」の記事が作成あるいは編集され、同時にそれに反対するの思想を持つユーザーが削除に掛かる事があり、場合によっては編集合戦になる事例が存在する。本来は特定の思想の記事は第14条(禁止事項)「18.人種・民族・性別・年齢・思想などによる差別に繋がる表現を使用する行為」「23.極端な思想や反社会的行為を賛美・助長する表現を投稿または編集する行為 」に抵触しなければ問題はないはずなのだが……。

  • 一覧記事
ピクシブ百科事典ではウィキペディアみたいに「カテゴリー」のシステムが存在しないうえ、親記事子記事の関係もうまく動いていない点も多いこともあり、一覧記事が必要となる事例も存在する。また、作品の中の一覧だけではなく別のカテゴリでまとめる必要が存在する場合が存在するため、一覧記事が作成される場合がある。ところが、これらの中には「本当に必要なのか?」と思われるものも少なくないとされ、場合によっては「検索妨害だ!」と批判して削除を行う場合がある。

  • 自分含む、荒らし行為をするユーザーへの批判記事
上記の削除行為含む悪質なユーザーに対する批判・中傷記事が書かれるが、見つけたら即座に削除。当然自らの行いを反省することは無く、不要と判断した記事を削除する姿勢は改めない。

なぜこのような荒らしが発生するのか

ピクシブ百科事典ではアカウントを作れば誰でも参加出来るが、メールアドレスがあれば簡単に作れて、尚且つ退会も容易な為に悪意のある編集者が現れる。 さらにメールアドレスを変えればいくらでもアカウントを作成出来るうえ、「使い捨てメールアドレス」でもアカウントは作成可能であったらしいために捨てアカウントも作り放題で、この点を悪用したユーザーが後を絶たない。

例え運営に通報しても、アカウントを管理するpixiv運営とサイトを管理するピクシブ百科事典が分離していたため、運営側が放置する・対応が遅れるなど、運営側が荒らしに対する有効な対処を取ることができないことも多く、さらに少し詳しいユーザーにおいては「編集後、速やかに退会」して足跡を追えないようにすることもあるため、運営に通報しても対処、例えば「アカウントに対する編集権限はく奪」や「アカウント停止」または「被害にあった記事の復元や保護」などの「通常のwikiサイトだと行われる一連の管理活動」をとることが出来ないと思われる。 辛うじて通報しアカウント停止を受けたとしても複数アカウントを使用、または退会し速やかに新しいアカウントを作成・使用するため、ピクシブ百科事典はほぼ無防備に等しい。

関連項目

荒らし 無自覚な荒らし
自治厨 人間のクズ 無能な働き者
糞運営/運営仕事しろ(削除厨及び荒らしが収まらない原因)

関連記事

親記事

インターネット百科事典 いんたーねっとひゃっかじてん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「削除荒らし」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 427

コメント