ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

メーカーが、店頭販売を行う業者・店舗向けに配布する資料に記されている文字列である。

日曜朝(ニチアサ)等に放映される特撮作品やアニメ作品には、様々なヒーローヒロインが登場する。
彼等彼女等や、変身やフォームチェンジに用いるガジェットは色々な玩具のモチーフとなる。
そうした玩具の商品展開は各作品の放映前から綿密に計画、準備がなされている。
「解禁前につき無断転載禁止」と書かれたカタログは、メーカーより商売のパートナーである業者に向けて開示される内部資料である。

一方、一般人向けの販売予定の提示としては「新プリキュア メイクぬりええほん(※情報解禁前のため仮題)」といった形で表現される。
放映後に発売された『キラキラ☆プリキュアアラモード メイクぬりええほん』が上記の表記で発刊予定に出たのは前年の2016年11月のことである。
同作のタイトルが商標出願されたのは10月。業者向けカタログと異なり一般人でも特許庁の公開商標公報を見に行けば確認できる形ではあるが、公式側としては「商標出願」=「(タイトルの)情報解禁」ではない、と見ることができる。
プリキュアに限らず、商標出願が業界の外からはじめて確認される時期においてはまだ公式サイトも立てられず、シリーズポータルサイトでも言及されない。番組中でも次回作品に触れられることはない。
商標出願情報によるタイトルバレのことを「商標バレ」という。

内容の例

・これから先に参戦する戦士、新フォームの名称や画像・シルエット
・これから先に登場するガジェットの名称や画像・シルエット
・メーカー側が魅力として特に強調する部分
・番組内における、これらの具体的な登場時期

業者は資料に書かれた記載を見て、どれくらい仕入れるかを各自判断することになる。

資料流出が起こりやすい作品

ウルトラシリーズ
仮面ライダーシリーズ
スーパー戦隊シリーズ
プリキュアシリーズ

流出時期の目安

春(4月):仮面ライダーの最終フォーム
初夏(7月):仮面ライダーシリーズの次回作
秋(9月):サブライダーたちの名前とビジュアル
年末(12月):プリキュアや戦隊シリーズの次回作の戦士たちの名前とビジュアル

流出することによる問題

外部に流出した場合、新作の場合だと、画像により世界観のジャンル(SF系かファンタジー系か伝奇系か)までまとめて漏れてしまう事になる。
変身者の名前を冠した戦士の場合、これから先の展開のネタバレにもなってしまう。
フォームやガジェットにしても、新戦士や新フォームの特徴や能力のネタバレになってしまう。
そしてこうした情報流出は、公式側が情報を出す際の新鮮味を奪ってしまう。れっきとした営業妨害である。

情報解禁前の流出は業者向けカタログだけでなく、発売前の児童誌でも起こっている。フライングゲットした誰かが、雑誌が扱う商品である情報を(当然公式に金が入らない形で)流布してしまう。

解禁前ネタバレが平気な人同士で完結するならまだいいのだが、TwitterのようなSNSに投稿され、YouTubeにもネタバレ動画がアップされる。
その結果タイムラインに解禁前ネタバレが流れてきたり、おすすめ動画として解禁前ネタバレ動画のタイトル・サムネが表示されるという事故が起こる。

ツイッターのような話題となっているワードが強調されるメディアの場合、その仕様じたいが未公開情報拡散の機会になってしまう。
2017年には仮面ライダーWの続編『風都探偵』についての発売前(解禁前)の雑誌からの情報が流布し、その憶測もtwitterにおいてトレンドという形で表示された。

関連記事

フライング記事 ネタバレ

関連記事

親記事

解禁 かいきん

pixivに投稿された作品 pixivで「解禁前につき無断転載禁止」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1347

コメント