ピクシブ百科事典

白紙化

はくしか

白紙化とは、「記載された内容を削除し、無内容にする行為、あるいは状況」である。
目次[非表示]

この記事はpixivタグの説明というよりも、ピクシブ百科事典の編集方針のような内容を含みます。

→もしかして、地球白紙化

概要

何らかの記述等が存在したものを削除し、白紙の状態に戻すこと。
特にWikiサイト等においての白紙化とは、「内容等が不適切あるいは不要」等を理由に、その内容を無意味化する行為のこと。
これらの行為は削除が不可能、あるいは困難、もしくは削除しても再作成される状況において行われることがあり、また、wikiなどではこの措置と同時に記事が保護されることもある。

理由

wikiなどの「不特定多数の人々が編集可能なサイト」において、白紙化が行われる理由を以下に記す。

などがあげられる。
また、これらの状態が続く場合、保護(該当する項目編集の各種制限や禁止)などがあわせて行われることがある。

関連項目

記事 タグ 白紙 管理
荒らし 迷惑行為 編集合戦 運営仕事しろ 

ピクシブ百科事典

pixivのIDを持つ人々が自由に記事を作成、編集できるピクシブ百科事典においても、当然この行為は行われる。ただし一般ユーザーの編集では一度作られたページを「1文字のテキストもないページ」へと更新することはできない。そのため、ピクシブ百科事典における白紙化とは「⚪︎⚪︎と言う理由のために白紙化しました」と言うテキストを添えた上で、それ以外の内容を削除することを言う。
(ちなみに運営であればnopageを作り出すことができ、保護も白紙化も可能である)。
pixivにおけるタグの意味については、人により様々な考え方、解釈が存在している。
また、ピクシブ百科事典の目的はヘルプ(ただしこのヘルプの内容は古く、正しくない記述も存在する)によれば「pixivのタグについて、記事を作成できるサービス」であり「pixivに入ってくる人が、より楽しめるように記事を書いてください」とある。
そのため記事の投稿、すなわち作成および編集については、他人も利用することをしっかりと心がけ、一個人の一方的な考えのみで投稿を行う行為は他者からの反感を買いかねないため、慎重に行うべきである。
また、編集合戦が発生する理由としては、キャラクター事件の捉え方の相違から起きる場合が非常に高いため、もし編集合戦が起きた場合は、まず、当事者同士が掲示板などで意見を交換することが大切である。

どのような記事が白紙化されるべきなのか

ピクシブ百科事典においては、この行為は「pixivにおけるタグの説明を放棄する」ことであるため、なるべくならば避けられなければならない行為である。
しかしやむを得ずこの処置をとらなければならない状況も存在する。

この行為を行う場合は必ず明確な理由を提示し、尚且つ、いきなり白紙化に踏み切らずにワンクッションおくことが争い回避の方法である
記事の白紙化を行う際は理由(「分割記事以外で現在タグとして使用されていない」「分割記事以外の、例えば全角文字を含む、特殊記号を使う、などのため、システム上タグとして使用不能」「自作自演」「利用者の退会」「「~(親記事)に統合」」など)を記事本文なり概要なり編集内容に記述することが望ましい。また誤記の場合、ふさわしい項目へのリンクや親記事より誘導されるべきである。
また、規約違反や荒らし(内容やユーザーへの誹謗中傷、無意味な白紙化、虚偽内容の投稿、無断転載なりすましなどの行為が含まれる)の場合、運営pixiv運営ユーザー報告、ユーザーは例、?のあとにユーザーの数字IDを入力するピクシブ百科事典運営)に通報してそれらの行為が収まってから白紙化するべきであろう。

白紙化がふさわしくない記事

無論、白紙化されるべきではないものも存在する。

  • 普通に使用されている記事
pixivでタグとして使用されており、特に問題のない記事を私怨等により白紙化する場合が存在する。これはピクシブ百科事典に限らず荒らしとみなされるため、やってはならない行為である(実例)。
  • 一ユーザーのみが利用し、そのユーザーが作成した記事
これらの記事には「作者の自己紹介」、「絵師オリジナル、あるいは二次創作キャラクターの紹介」、「絵師が作成したキャラクターの世界観設定の紹介」などがあげられる。いわゆる自作自演である。本来、このような記事は公のものであるピクシブ百科事典に記載されるべきものではないむしろ記載により作品を用いた誹謗中傷が行われても苦情が言えなくなる恐れがある。このようなことはプロフィール小説投稿機能などで補完するべきである。このような記事は基本的には検索妨害にならない限り放置し白紙化するよりも、むしろそのユーザーに連絡を取り、そのユーザー自身に白紙化させるべきであるが、退会等の理由により連絡が取れない場合は削除してもよい。
  • あるユーザーが作成したキャラクター等に関する記事で、複数他者が利用している記事
確かに「ピクシブ百科事典の記事の私物化」は良くない。しかし、その項目が「他のユーザーにも使用されている」場合は私物化には当たらない。むしろピクシブ百科事典は「タグの解説」のために存在するため、推奨されるべきことである。
  • 分割及び表記ゆれ関連や一覧
各種関連のある記事をまとめるための記事(pixpediaの一覧の一覧)や、内容が膨大となったため分割された記事(pixpediaで分割された項目)、および誤表記およびユーザーによって表記が分かれるタグ等(誤記および表記揺れ)関連に関しては、これらの記事は作品の検索結果に表示されないことがある。しかし、複数項目のうち、二つの項目だけ分量が多く、記事のバランスを崩している場合やネタバレ防止、元記事の分量が多すぎるなど適正な理由のためあえてこの形を取っている可能性があるため、白紙化の場合注意が必要である。ただし、不適切な分割や誘導の場合はこの限りではない。
また、分割されたり、一覧の記事を白紙化する場合、編集合戦が発生していない限りは基本的に親記事も復元されるべきである(分割された分の記述が削除されている場合が多いため)。
 記事を投稿する場合、このタグがpixiv上ではそれらで使用されていることを明記すべきであろう。
  • 隔離タグ
たとえば一部腐向けのタグであるとか、coat関連のタグなどは「存在自体が汚らわしい」と考える編集者が存在するかもしれない。だが待ってほしい。これらのタグは「他のユーザーがうかつに見て精神的なショックを受けないため」、いわば棲み分けタグ検索避けのためのタグである可能性も存在するため、それを踏まえてある程度の説明が必要である。
また、吐き気を催す邪悪関連の子記事なども隔離に近い意味合いが存在する。
  • 検索妨害 表記揺れ誤変換誤記、あるいは記事の内容により検索妨害を発生させたとしても、そのタグや記事が複数人物により実際に利用されている場合、なるべくならば白紙化よりも、表現の工夫や親記事の設定、他の記事への誘導などにより検索妨害が発生しないように修正するべきである。
  • pixiv及びピクシブ百科事典に関する啓発記事
具体的にはこの記事などの、「pixivタグにはない項目ではあるが、pixivやピクシブ百科事典にとって必要と思われる記事」などがあげられる。
これらの記事は「小説投稿機能などの個人的作品では都合が悪く(他者による編集も不可能)」外部サイトも各種問題がある(変な仕掛けが存在したり、無関係な第三者がかかわってくることがある)ため、ピクシブ百科事典の記事の形をとり存在している。
  • pixivおよびピクシブ百科事典のユーザー自体の記事 誹謗中傷目的で作成された場合はともかくとして、ユーザー自体の記事はタグの親記事として使用される場合が存在し、pixivに関する説明に利用されることもあるため白紙化するべきではないと思われる。
  • 無断転載 Wikipediaニコニコ大百科などの類似したサービスや個人のWebサイトなどからの無断転載の場合、その項目が利用されているのであれば白紙化よりも修正を行い状況の改善を行うべきである。
一度白紙化された記事を復元する場合、「この記事は本当にpixiv及びピクシブ百科事典に必要か」ということを考えた上で、出来るならば白紙化したユーザーに一言メッセージなりスタックフィードで行えるならば連絡を行い、復元の理由に関しても本文中、あるいは編集内容に記述することにより、不毛な編集合戦を回避するべきである。
例を挙げると「タグとして利用されていない記事」として白紙化され、後に利用する人が現れた場合それは復元すべきであり、荒らしが発生したため白紙化した記事についても、対策された(白紙化した人物がアカウント停止となった、白紙化しないことを約束したなど)場合復元されるべきである。
逆に、荒らし行為や無断転載のため白紙化した記事をそのまま復元したり、個人でしか使用されておらず、その絵師が執筆した記事を白紙化してある場合、そのタグを本人が復元するのは問題が発生する場合がある。

「pixivに投稿された作品数」はtags.php(人気のタグ)のイラストの枚数を示し、R-18作品や小説の数を含まない。この点を勘違いして軽率な白紙化をしないように。

編集合戦

白紙化と記事復元が交互に行われる編集合戦が発生した場合、急激なデータのリクエスト及びデータの蓄積のため、ピクシブ百科事典のあまり強くないと推測されるサーバーのコンピューターに負担を与えてしまう可能性が存在する。
その場合白紙化したユーザー復元したユーザー双方が利用規約違反行為として処罰される可能性も存在する。
その行為を防止するためにも、あまり望ましくない状況であるが編集合戦の際の白紙化に関しては「一時的に編集を行わない様な促し文章」の文章を記載して編集を一時停止する、あるいは「話し合いの場所を提示しそこでの話し合いを」を行うことを推奨したほうがよいかもしれない。

現在、この記事は諸事情によって復旧を一時中止しています。
詳しい内容は、記事コメント履歴などにより確認してください。
記事の存続に関してはこちらこちらにて討論を行います。
(例文:記事は「白紙化」、存続の話し合いは外部掲示板執筆依頼
このような文章により問題提起を行い、編集者(編集合戦の当事者である記事の復元・白紙化、そして第三者)が記事コメント欄(退会者のコメントが表示されないが、アカウント停止者のものは表示される)やサークル(利用できるかどうか不明)、外部の掲示板なりWiki(無関係の第三者が加わる可能性や、信頼できない管理人が恣意的に誘導する場合がある)などで討論して合意してから該当する項目の編集を再開するべきであると考えている。
なお、これでも編集合戦が行われる場合、第三者は発覚次第運営ピクシブ百科事典、場合によってはIDを管理しているpixivにも)に事態を分かりやすく、迅速にご連絡ください。

白紙化に関してのテンプレート

 記事を白紙化する場合、下記のテンプレートを利用していただけると幸いです。またテンプレートはあくまでも個人的なアイディアですので、よりよいテンプレートがあればこちらに上書きしてご利用いただけるようにされるとありがたいです。
投稿作品の無い記事から文章を移しました)

規約違反

 該当の記事はピクシブ百科事典利用規約、第14条( 該当する数字の項目を記入 )に違反しているため内容を削除し、白紙化しております。詳細な内容に関しては編集履歴を参照してください。
 もしこれらの記事がpixivおよびピクシブ百科事典において必要な場合、差し戻しを行わず新たに執筆してください。

荒らしの執筆した不要記事

 該当の記事はアカウント停止されたユーザーが誹謗中傷目的で執筆したため内容を削除し、白紙化しております。詳細な内容に関しては編集履歴を参照してください。
 もしこれらの記事がpixivおよびピクシブ百科事典において必要な場合、差し戻しを行わず新たに執筆してください。

不要な記事

 該当の記事はpixivおよびピクシブ百科事典において不要とみなされ、必要性の低い不要記事として内容を削除し、白紙化しております。詳細な内容に関しては編集履歴を参照してください。
 もしこれらの記事がpixivおよびピクシブ百科事典において必要な場合、白紙化を行ったユーザーに一筆確認をいれ、拒絶されない場合場合執筆してください。

乱立記事

 この記事は乱立とみなされ、内容を削除し、白紙化しております。詳細な内容に関しては編集履歴を参照してください。
 もしpixivやピクシブ百科事典にて必要な場合、内容を復元してかまいません。

利用なし

 この記事はpixivタグとして利用されておらず、ピクシブ百科事典においても利用されない不要記事として内容を削除し、白紙化しております。詳細な内容に関しては編集履歴を参照してください。
 もし、タグとして利用されているなど、必要な場合は記事を復活させてください。

使用できない文字を含む

 この記事はpixivタグとして使用できない文字( スペース、全角文字や記号等 )を含むため記事として利用がしづらくなっております。
 内容に関しては( 正しい記事名および内部リンク )を参照してください。

本人による白紙化

 この記事は初版執筆者本人あるいは要請により内容を削除し、白紙化しております。詳細な内容に関しては確認しないでください。
 もし、別目的でタグとして利用されているなど、必要な場合は差し戻しを行わず新たに執筆してください。

タグ利用者による白紙化

 この記事はタグの利用者あるいは要請により内容を削除し、白紙化しております。詳細な内容に関しては確認しないでください。
 もし、別目的でタグとして利用されているなど、必要な場合は差し戻しを行わず新たに執筆してください。

関連項目

記事 タグ 白紙 管理
迷惑行為 編集合戦 不要記事 荒らし記事 自演記事 隔離記事(pixiv)
ピクシブ百科事典 nopage 執筆依頼 投稿作品の無い記事一覧 運営仕事しろ pixivマナー

関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「白紙化」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1105

コメント