ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

ユニバーサル・ピクチャーズが制作配給するカーアクション映画。


当初はいわゆる「ゼロヨン」を主軸とした走り屋達の物語だったが、4作目あたりから自動車以外の要素も派手に詰め込む作風へとシフトし、現在は「カーアクション版のミッション・インポッシブルもしくは007」とでも言うべきド派手アクション映画と化している。

北米もさることながら中南米中国で非常に人気を集めており、近作は世界累計での興行収入が10億ドルを超えている。特に第7作『SKY MISSION』は世界歴代興行収入第9位に食い込んでいる。


シリーズ一覧

2023年までに10作+スピンオフ1作が制作・公開されている。

またスピンオフ企画も複数進行中で、本編完結後もシリーズは続けられる予定。


なお、特に『MAX』以降は簡素な原題に対しかなり思い切った邦題を付けられているが、これを海外メディアは絶賛しているらしい(参考)。


メイン

No.タイトル原題公開
1ワイルド・スピードThe Fast and The Furious2001年
2ワイルド・スピードX22 Fast 2 Furious2003年
3ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFTThe Fast and the Furious: Tokyo Drift2006年
4ワイルド・スピード MAXFast & Furious2009年
5ワイルド・スピード MEGA MAXFast Five2011年
6ワイルド・スピード EURO MISSIONFast & Furious 62013年
7ワイルド・スピード SKY MISSIONFurious 72015年
8ワイルド・スピード ICE BREAKThe Fate of the Furious2017年
9ワイルド・スピード/ジェットブレイクF92021年
10ワイルド・スピード/ファイヤーブーストFast X2023年

スピンオフ

タイトル原題公開
ワイルド・スピード/スーパーコンボFast & Furious Presents: Hobbs & Shaw2019年

各あらすじ(時系列順)

ワイルド・スピード

ロサンゼルスを舞台に、トラック強盗の疑いをかけられているドミニク・トレットと、潜入捜査官ブライアン・オコナーが、公道でのゼロヨンレースを通して奇妙な友情を結ぶ姿が描かれる。


シリーズの始まりとなった作品だが、最近のシリーズ作品と比べるとかなり低予算な造りで、物語も地味で渋め。ただし、ニトロでの急加速や”ファミリー”のお祈りなど、シリーズお馴染みの要素は既に多く登場している。

いわゆる「スポーツコンパクト」を用いたレースが描かれるため日本車が多数登場する。


ワイルド・スピードX2

前作で警察を追われたブライアンが、新たな相棒としてローマン・ピアースと組み、FBIの依頼を受けて麻薬組織への潜入任務に挑む。


後のシリーズで定番となっていく「悪の組織と対決」というわかりやすい要素が初めて取り入れられた。また前作のヒットを受けて製作費が倍になり、マイアミの街を大量のレーシングカーが走り回るなど、迫力あるシーンが増えている。


ワイルド・スピード MAX

1作目の後に国外逃亡を果たしていたものの、恋人レティ・オルティスの死を知ったドミニクはアメリカへと舞い戻る。同じ頃、第2作の活躍でFBIへと復帰したブライアンもアメリカで職務に就いていた。ロサンゼルスで再会した2人はふたたび手を組み、麻薬組織と対決する。


ブライアンとドミニクのコンビを復活させ、タイトル(原題)も第1作に揃えるなど、シリーズの仕切り直しを強く意識した作品。同じく第1作から登場していたミアとレティ、さらに『X3』のハンも合流し、濃いメンツの”ファミリー”の原型が生まれた。

また今作からは日本車の比率が下がり、世界各国の車が活躍するようになっていく。


ワイルド・スピード MEGA MAX

前作の事件により国際指名手配犯となったブライアン達は、自由を手に入れるためにブラジルの麻薬王の巨大資金を狙う。しかし、凄腕捜査官ルーク・ホブズ率いるアメリカ外交保安部の精鋭部隊もそこへ参戦し、事態は三つ巴の様相を呈してくる。


ドウェイン・ジョンソン演じる大人気キャラクターのホブスが初登場。さらに、前作のメンツに加えて『X2』のローマンとテズが”ファミリー”に加わり、5作目にしてまさに「全員集合」が実現しファンを喜ばせた豪華な一作。

レース以外のアクション要素も増え、現在のアクション娯楽大作としてのスタイルが出来上がった。また前作までは割と大味な物語だったのに対して、今作は脚本のクオリティも上がっており、批評家からも高評価を受けた。


ワイルド・スピード EURO MISSION

前作でそれぞれハッピーエンドを迎えたはずの”ファミリー”に、ホブスが協力を依頼してくる。目的は元英国特殊部隊隊員オーウェン・ショウ率いる国際犯罪組織の撲滅。最初こそ協力を渋ったファミリーだったが、死んだはずのレティがオーウェンと共にいる情報を提示され、彼女の真実を探るべく再び任務に挑む。


タイトルの通り主な舞台はヨーロッパ。敵のスケールが一段とパワーアップし、今作以降はジェームズ・ボンドが対決するような強大な犯罪組織との戦いへと移行していく。


ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT

ストリートレースでトラブルを起こし、アメリカから父のいる日本・東京へと送られた高校生のショーン・ボズウェル。「ドリフト」を駆使する日本の“走り屋”達の存在を知った彼は、凄腕の走り屋ハン・ルーに師事し、「D.K」=「ドリフト・キング」の座を目指す。


副題の通り東京を舞台に、再び走り屋達の物語に回帰しつつ、ゼロヨンからドリフト走行やダウンヒルへと主軸を移した異色作。物語からはドミニクに加えてブライアンまで姿を消しており、後の”ファミリー”達の活躍ともハンを除いてほとんど関係がなく、ほぼ番外編と言って良いポジションにある。

海外製作だけあってヘンテコな日本描写たっぷりだが、渋谷のスクランブル交差点や首都高速をレーシングカーが猛烈な勢いで走りぬけるなど、慣れ親しんだ日本の風景を舞台に繰り広げられるアクションシーンは、邦画でも望めない贅沢な楽しみと言える。千葉真一北川景子妻夫木聡など脇を固める日本人キャストも豪華。


ワイルド・スピード SKY MISSION

前作『EURO MISSION』で倒されたオーウェンの兄、デッカード・ショウが復讐に動き、東京へ移り住んでいたハンを殺害する。彼の死を知った”ファミリー”は再び集結し、デッカードを迎え撃つ。


ジェイソン・ステイサム演じるデッカード・ショウが初登場。パラシュート付きのレーシングカーで輸送機からスカイダイビングをかますなど、アクションの無茶っぷりに磨きがかかった。

世界累計興収15億ドルという大記録を達成しており、これは現在のシリーズ最高記録。

一方、撮影期間中に、ブライアンを演じてきたポール・ウォーカーが死去し(プライベートでの交通事故による)、最期の出演となってしまった。彼の死はシリーズファンや出演者に衝撃を与え、今作ラストには「ポールに捧げる」として彼の活躍をまとめたトリビュート映像が挿入された。


ワイルド・スピード ICE BREAK

『EURO MISSON』以降、裏ですべてを操ってきた最悪の敵・サイファーがその姿を現し、かつての恋人を人質に取ってドミニクを支配下に置く。その「裏切り」に疑念を抱きつつも再集結した”ファミリー”は、彼を取り戻すため戦いを挑む。


最終章三部作の一作目。シャーリーズ・セロン演じる黒幕サイファーが初登場。

凍った湖を舞台に原子力潜水艦とレーシングカーが対決するなど、さらにパワーアップした迫力あるアクションを楽しめる。

また、前作までで”ファミリー”と対決したショウ兄弟が復活し意外な活躍を見せる。


ワイルド・スピード/スーパーコンボ

็HOBBIMI & SHAWWUKO

デッカードの妹ハッティが、MI6エージェントとしての任務中、確保を命じられていたはずのウイルスを盗んで姿を消した。事態を重く見たCIAによって招集されたデッカードとホブスは、犬猿の仲であるにもかかわらずコンビを組まされ、嫌々ながらも任務に挑む。


比較的新参キャラでありながら人気を博したホブスとデッカードを主人公に据えた、シリーズ初のスピンオフ。カーアクションは後半以外薄めで、代わりにスキンヘッドの肉体派スター2人が無茶なアクションをこれでもかと繰り広げる。

単体での続編企画も進行中。


ワイルド・スピード/ジェットブレイク

最終章三部作の二作目。当初は2020年公開予定だったが、新型肺炎流行の影響で2021年に延期されている。

ドミニクの弟・ジェイコブを演じるのはWWEの大スターであるジョン・シナ。

またブライアンと共に”ファミリー”を卒業したミアや、『X3』のショーン、そして死んだはずのハンの復帰に強力磁石やロケットによる型破りなアクションシーンなども見所である。


ワイルド・スピード/ファイヤーブースト

『スーパーコンボ』以来2度目の日米同時公開。

ラスボスに『アクアマン』のジェイソン・モモアを迎え、『キャプテン・マーベル』のブリー・ラーソンなど新キャストも参加する。

当初はメインシリーズ最終作とされていたが、もう少し続くらしい。


登場人物


ドミニクの妹。

ブライアンと親しくなり、後に結婚。息子のジャックを授かる。

第7作でブライアンと同様に家族との平和な暮らしを選んだはずだったが、第9作で”ファミリー”に復帰。


ドミニクの彼女。後に結婚。

彼に負けず劣らず過激な運転テクニックの持ち主で、”ファミリー”の一員として活躍する。『MAX』で潜入捜査に失敗し殺害されたと思われていたが、実は記憶を失いつつも生存しており、『EURO MISSON』にて記憶喪失のままではあるものの”ファミリー”へ復帰する。


ブライアンの幼馴染。見た目は強そうだがおしゃべりで怖がりで結構なヘタレ。ただしここぞという時には決める、愛すべきムードメーカー担当。

『X2』で警察を追われたブライアンとコンビを組み、その縁で『MEGA MAX』から”ファミリー”に合流する。


マイアミの表と裏を知り尽くした顔役。ローマン同様、『X2』で初登場し、『MEGA MAX』から”ファミリー”に参加する。

優れたドライバーだが、それ以上に様々な分野に精通しており、”ファミリー”の作戦立案には欠かせない参謀的存在。特にコンピューター関連に強く、ハッキングを行うこともある。

”ファミリー”の中でもひときわ小柄だが、ローマンとは対照的にかなり肝が据わっている。



モサドで、『MAX』での初登場時は麻薬王の秘書に収まっていた。当初は敵だったが、終盤でドミニクと和解(?)。『MEGA MAX』以降は彼に協力し”ファミリー”の一員となる。元軍人だけあって、銃の扱いや格闘技術にも優れる。

”ファミリー”として活動する中でハンと惹かれあい恋人になったが、『EURO MISSION』終盤で彼をかばい死亡した。

演じたガル・ガドットはこの役が映画デビュー。後にワンダーウーマン役などで大活躍する。




ドミニク達に度々仕事を依頼してきたアメリカの秘密機関のリーダー「ミスター・ノーバディ」の娘。

「ファイヤー・ブースト」において父親であるミスター・ノーバディが行方不明中にテロリストの容疑をかけられたドミニク達を助けようとするが……?

ドムが主人公になって以降の本シリーズではめずらしい「金髪の白人なのに主人公の味方」


余談

  • 実は、シリーズの初期ではドミニクは主役ではないが、人気が出て来たのはドミニクが主役になって以降。
  • 興行収入に関しては、アメリカよりもアメリカ以外の国の合計が遥かに多く(後者が前者の数倍)、別名が「全世界のブルーカラーの為の007」。
  • 白人以外が主人公サイドのメインキャラ」「特に金髪の白人女性は、何故か、ほぼ必ず悪役」「ヒロインの多くは人種的マイノリティ」「いわば『マジョリティの側からマイノリティを見る』話ではなく、あくまでアメリカにおける人種的マイノリティが主体の話」「後の作品ほどベクデル・テストをパスする内容になっている」というよくよく考えるとポリコレに配慮しまくったシリーズだが、アメリカでポリコレを嫌っている層が好むような題材を扱っている上に、アメリカ以外の国での興収の合計がアメリカでの興収を遥かに超えている為に、アメリカ人向けのネガティブ・キャンペーンを行なっても大した意味はないので、アメリカ国内でのポリコレ嫌いの人達による批判は極めて少ない。

関連項目

カーアクション

ユニバーサル・ピクチャーズ


外部リンク

関連記事

親記事

ユニバーサル・ピクチャーズ ゆにばーさるぴくちゃーず

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 81958

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました