ピクシブ百科事典

ナイトライダー

ないとらいだー

『ナイトライダー』とは、アメリカで製作・放映された特撮ドラマ。日本でも放映された。
目次[非表示]

ナイトライダー。陰謀と破壊と犯罪の渦巻く現代に蘇る正義の騎士……巨大な悪に立ち向かう現代の騎士、ナイトライダー。今日、彼を待ち受けるものは、果たして、誰か

作品概要

スタッフ

原作スタッフ

製作総指揮 :グレン・A・ラーソン
音楽 : ステュー・フィリップス → ドン・ピーク
テーマ音楽 : グレン・A・ラーソン、ステュー・フィリップス
製作 : グレン・A・ラーソン・プロダクションズ、ユニバーサル・ピクチャーズ
放映 : 米国NBC

日本語版スタッフ

演出 : 壺井正
翻訳 : 平田勝茂
効果 : PAG
調整 : 高橋久義
テレビ朝日担当 : 猪谷敬二

ストーリー

ある産業スパイ一味を追跡していた敏腕刑事マイケル・ロングは、内通者に同僚を殺され、自らもまた凶弾に倒れた。だがマイケルは、ナイト財団の総帥ウィルトン・ナイトにより辛くも命を救われ、その身分も新たにマイケル・ナイトとなる。そして、病魔に冒され他界した養父ウィルトンの遺志を継ぎ、密かに財団が開発していたドリーム・カー「ナイト2000」と共に、世の中の不正や巨悪と戦うことになった。

登場人物

(括弧内は役者名:日本語版での声優)

本作の主人公。元々刑事であったにもかかわらず、不法侵入やK.I.T.T.によるハッキングなどの不法行為を平然と行うことが多く、相棒であるK.I.T.T.から諌められる事もしばしば・・・と言うか、このやり取りが本作におけるお約束。
「ドリームカー、ナイト2000と共に法の目を逃れる犯罪者たちを追う若きヒーロー、マイケル・ナイト。人は彼をナイトライダーと呼ぶ。」
  • K.I.T.T.(ウィリアム・ダニエルズ:野島昭生
スーパーカー「ナイト2000」に搭載された人工知能。マイケルの事を良くも悪くも理解している相棒である。基本的に丁寧な口調で話すが、時折辛辣なジョークをとばすことも。一度車体のそこに石が当たったことで、とんでもなく粗暴な口調になったことも。
  • デボン・シャイアー・マイルズ(エドワード・マルヘアー:中村正
財団の責任者でイギリス人。在りし日のウィルトンとは戦友であり、紳士的且つ温厚な性格。マイケルの行動を全面的にサポートする良き理解者。軍を始めとして非常に広い人脈を持ち、大統領とも面識がある。事務方に見えるが実は博士号を持つ科学者であり、ナイト2000のボディを覆う分子結合殻の構造式を知る3人の人物の1人。
デボンのフルネームはパイロット版のみ『デボン・シャイアー』、以後は『デボン・マイルズ』と設定が異なっている。
なお日本版では『デボン・シャイアー』で統一されているが、あるエピソード中でマイケルがデボンの行方を捜す際に『デボン・シャイアー・マイルズ』と尋ねる場面があり、パイロット版とシリーズ版両方を兼ね備えたフルネームとなっている。
「デボン・シャイアー。マイケル・ナイトの良き理解者。」
  • ボニー・バーストウ(パトリシア・マクファーソン:小山茉美
ナイト2000製作チームのうちの1人で中心人物。K.I.T.T.に対しては母親のように接する一方、メカニック関連の知識に疎くK.I.T.T.に度々無茶をさせたりどこかしらを故障させるマイケルに対しては、冷たく当たる場面もある。シーズン2のみ財団を離れており、代わりにその間はエイプリルがそのポジションを務めている。
「ボニー・バーストウ。ナイト2000製作メンバーの一人。メカニック担当。」
  • エイプリル・カーティス(レベッカ・ホールデン:潘恵子
ボニーが財団を離れていた間のK.I.T.T.担当メカニック。水上走行装置やウルトラマグネシウム、車高調節装置、特殊耐熱被膜、赤外線透視装置、サイレントモードなど様々な機能をK.I.T.T.に実装し、常にK.I.T.T.をサポートする。
「エイプリル・カーティス。ナイト2000のメカニック担当。」
  • レジナルド・コルネリウス・3世[通称:RC3](ピーター・パロス:水島裕
ナイト財団のメカニックとしてシーズン4から登場する、陽気な青年。シカゴのスラム街で「ストリート・アベンジャー」と名乗って自警団的な活動をしていたが、ある偶然からマイケルと出会い、その後デボンにK.I.T.T.担当のメカニックとしてスカウトされ財団に参加する。
紹介文で通称『RC3』と呼ばれており、作中でも皆から『RC3』もしくは『RC』と呼ばれている。
「レジナルド・コルネリウス・3世。通称、RC3。メカニックの天才。」

日本での人気

  • マイケルとK.I.T.T.の軽妙なやり取りは日本でも大いに好評で、放送から30年近く経った今でも根強い人気を誇っている。現在BSプレミアムにて土曜25:15よりシーズン1が放送中。


  • また、ナイト2000のデザインや設定のスマートさは特に人気が高く、ベースカーであるポンティアック・トランザムをわざわざナイト2000仕様にカスタムしているユーザーも多く居る。

関連動画



関連タグ

海外ドラマ ユニバーサル・ピクチャーズ
舞桜・前田慶次戦国コレクション)・・・「サタデーナイトライダー」という異名で呼ばれる。
仮面ライダードライブ-本作をリスペクトして制作された平成仮面ライダーシリーズ16作目。

ナイトレイダー-一文字違い。こっちはウルトラマンネクサスに登場する戦闘力と組織の黒さが段違いの防衛組織。

小林清志・・・オープニングのナレーションを担当。

ザ・カー 処刑ライダー・・・同じく黒い車が中核となる洋画

外部リンク

ナイトライダー - Wikipedia

続編

ナイトライダーには、続編がいくつか存在する。

新ナイトライダー

91年に製作。
ナイト2000の後継機である、赤い車体の「ナイト4000」が登場。本作ではマイケルはナイト財団を引退、KITTは車体ごと破棄され、その部品の一部が売却されていた。本作でデボンは死亡し、KITTはナイト4000に搭載される。パイロット版が一本製作されたのみで終わった。

ナイトライダー2010

94年に製作。
近未来、メキシコ内のアメリカとの国境が舞台の、二時間ドラマ。
ナイトライダーとは直接関係ない作品だが、「意思を有する車を駆るヒーロー」という点は共通している。

チーム・ナイトライダー

97年から98年に製作・放送。
上記とはパラレルの内容。ナイト財団が擁するチームを主役としており、複数の『人間と人工知能搭載の車両とのコンビ』がチームメンバーになっている。マイケルは名前のみの登場だが、黒幕的な存在として描かれている。一シーズンのみ製作・放送された。
KITTは登場しないが、同様の人工知能を搭載した車両として、三台の自動車と二台のバイクが登場する。

ナイトライダーNEXT

2008年から2009年にかけて製作・放送された。全17話で、上記の作品と比較して、最も『続編らしい続編』として描かれている。デビッド・ハッセルホフもマイケル役で登場する。
ウィルトン・ナイトが死亡してから25年後を舞台としており、新生ナイト財団と、マイケルの息子「マイク・トレーサー」、そしてマイケルが駆る車両「ナイト3000」の活躍を描いている。
ナイト3000に搭載された人工知能も、「Knight Industries Three Thousand」の頭文字から「K.I.T.T.」という名称である(元祖KITTとは別人)。
車種は、フォード製のシェルビー マスタングGT500KR。
ちなみにK.A.R.R.も登場するが、こちらも旧作とは別個体で、「Knight Auto-cybernetic Roving Robotic exoskeleton(ナイト製自動電脳移動ロボット外骨格)」の略称。人間を取り込み、ロボット形態に変形する機能を有する。

関連記事

親記事

ユニバーサル・ピクチャーズ ゆにばーさるぴくちゃーず

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ナイトライダー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 372204

コメント