ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

『ザ・カー(The Car)』とは1977年にアメリカのユニバーサル・ピクチャーズが制作した、田舎町で謎の黒塗りの殺人自動車が引き起こす恐怖を描いたホラー映画

あらすじ

ユタ州の田舎町サンタ・イネスで、執拗に3回も轢かれたヒッチハイカーの青年の死体が発見され、さらにサイクリング中のカップルが撥ね殺される事件が発生した。

町の保安官ウェイド(演:ジェームズ・ブローリン)は仲間たちと捜査を開始し、犯人だとされる黒塗りの自動車の情報を得ることができた。
しかし、保安官たちも次々に被害に遭い始め、外の空気を吸いに行った保安官事務所の所長エヴェレット(演:ジョン・マーレイ)も犠牲になってしまう。

所長の事故の目撃者であるインディアンの老婆からは、通訳を通し「黒い車が犯人である」という証言を得ることができたが、「だれも乗っていない」「悪いことが風とともに来る」という謎めいた証言は一部の者しか知りえなかった。

小学校教師であるウェイドの恋人ローレン(演:キャスリーン・ロイド)が子供たちとパレードの練習しているところにも強風とともに現れ襲撃してきたが、墓場に逃げ込むと追いかけてこない」「ドアノブが無いなど不気味な事実が浮かび上がる。

その後、ローレンが自宅にいたのにも関わらず、家ごと破壊されて犠牲になってしまい、自動車を操るものの正体に気付いた保安官たちと、恋人を殺され怒りに燃えるウェイドによる反撃が始まるが…

余談

自動車ホラー的存在を絡め映像化された史上初の作品であると言われる。

作中登場する恐怖の黒塗りの自動車はフォード・モーターの1971年式リンカーン・コンチネンタルマークⅢを改造したもので、アップ用、スタント用を合わせた計6台が製作され、撮影中すべてスクラップになった。その後展示用に7台目が製作され最終的にコレクターの手に渡った。

よく比較される『クリスティーン』は後発の1983年の作品で、ホラー的な存在ではあるものの出自や物語の構成は全く異なる。

2019年には『The Car:Road to Revenge』という続編の制作が発表された。

関連タグ

ホラー映画 ヨハネの黙示録 悪魔
自動車

クリスティーン

関連記事

親記事

ユニバーサル・ピクチャーズ ゆにばーさるぴくちゃーず

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ザ・カー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 109

コメント