ピクシブ百科事典

刑事コロンボ

けいじころんぼ

アメリカで制作されたテレビ映画。ロサンゼルス市警殺人課の警察官コロンボが数々の事件を推理する物語。
目次[非表示]

概要

ピーター・フォーク(吹替:小池朝雄/石田太郎/銀河万丈)主演の刑事ドラマ
制作はユニバーサル・ピクチャーズ
放送局は『刑事コロンボ』がNBC(1968-1978年/45話)、『新刑事コロンボ』がABC(1989-2003年/24話)。

小汚いレインコート姿、猫背で藪睨み(演者のピーター・フォークは右目が義眼)、スーパーで安売りしている葉巻を愛用という、冴えない刑事のコロンボが、毎回ホシと睨んだ人物をネチネチと追及し、事件を解決する。
最初に犯人が殺人を犯し、そこからコロンボがいかに手がかりをつかみ事件を解決していくかのプロセスを視聴者と一緒に楽しむ「倒叙スタイル」をとっている。
(唯一の例外が「さらば提督」。最後まで犯人が明かされない)
ほとんどの犯人は社会的地位が高いエリートや著名人であり、風采の上がらないイタリア系アメリカ人コロンボを小馬鹿にしているが、見かけによらぬコロンボの鋭く執拗な追及に次第に焦り、ボロを出してゆくという犯人視点での心理描写も大きな見所である。

コロンボについて

階級は警部補(Lieutenant)。日本語版翻訳者によっては警部に昇進していたりする。
警察官だが射撃が下手なので拳銃は持ち歩かず、運動は苦手。
トレードマークはよれよれのコート(ピーター・フォークの私物)。吸いさしの葉巻は火がついたままコートのポケットに突っ込む。
愛車はプジョー403(フランス)。コート同様かなりのボロである。
かつてはルイ・シュバー社(フランス)から、1/43でレインコートと愛犬ドッグがついた「コロンボ仕様」のミニカーが出ていた(現在は絶版)。
忘れ物が多く、家を出る時に「カミさん」が筆記用具などを持たせてくれるが、いざ使用しようとすると手元に無い。
コロンボの口癖である「うちのカミさんがね」は、当時流行語になった。ただしその台詞に出てくるだけで、コロンボ夫人は本編内には一度も登場していない。
後年、「ミセス・コロンボ」という作品が作られたが、ユニバーサルは「これはコロンボ夫人ではない」と正式に否定するコメントを出した。
イタリア系でカトリック信者なので、一族が多い。めちゃくちゃ多い。コロンボは把握どころか覚えてないが、彼はそれを使って犯人に切り込む。

関連タグ

海外ドラマ / 刑事ドラマ
ユニバーサル・ピクチャーズ

バセットハウンド
コロンボの愛犬の「ドッグ」の犬種。

古畑任三郎 杉下右京
コロンボへのオマージュと思われる特徴を持つキャラクター。
「警部補 古畑任三郎」は脚本家三谷幸喜がプロデューサーに「コロンボに関するうんちくクイズ」を挑んで勝利したために通った企画であり、「倒叙スタイル」で展開する以外にも影響がすさまじい。ただし、古畑任三郎も杉下右京も身なりがきちんとしており、独身だったり、元妻がよく出てきたりするなどオリジナルな設定もある。

小島秀夫
小学生の頃に刑事コロンボのノベライズを愛読し、小説を書くようになり、長じてゲームデザイナーとなった。

外部リンク

刑事コロンボ - Wikipedia
刑事コロンボとは - はてなキーワード

pixivに投稿された作品 pixivで「刑事コロンボ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 82830

コメント