ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

刑事コロンボ

けいじころんぼ

アメリカで制作されたテレビ映画。ロサンゼルス市警殺人課の警察官コロンボが数々の事件を推理する物語。原題表記は「Columbo」。
目次 [非表示]

概要

ピーター・フォーク(吹替:小池朝雄/石田太郎/銀河万丈)主演の刑事ドラマ

制作はユニバーサル・ピクチャーズ

放送局は『刑事コロンボ』がNBC(1968-1978年/45話)、『新刑事コロンボ』がABC(1989-2003年/24話)。


小汚いレインコート姿、猫背で藪睨み(ピーター・フォークは右目が義眼)、スーパーで安売りしている葉巻を愛用という、冴えない庶民派刑事のコロンボが、毎回ホシと睨んだ人物をネチネチと追及し、事件を解決する。

容疑者につまらない、小さな事を何度もしつこく質問し、意見を求め、終わって帰りかけた時に戻ってきて「すみません、忘れてましたがあと一点だけ」と質問するのが毎回のお約束。

  • キャラクターのヒントとなったのは、ロシアの文豪ドストエフスキーの名作『罪と罰』に登場するポルフィーリィ判事。

最初に犯人が殺人を犯し、そこからコロンボがいかに手がかりをつかみ事件を解決していくかのプロセスを楽しむ「倒叙スタイル」をとっている(例外は「さらば提督」)。


ほとんどの犯人は社会的地位が高いエリートや著名人であり、風采の上がらないイタリア系であるコロンボを見下し、舐めてかかる。しかしその油断したところへ鋭く執拗な追及を受け、焦ってボロを出し自滅する、という流れが定番。


倒叙スタイルはキャスティングによる犯人ばれを気にしなくて済むため、大物俳優を犯人役に起用することができた。また、エリートやセレブを庶民代表のコロンボがやりこめるという筋立ては、視聴者に爽快感をもたらし、人気を博した。


日本でもNHKや民放の映画番組枠で放送されて好評を博し、親しみやすいキャラクターであるコロンボは、大人から子供まで世代を問わない人気者となった。


コロンボお得意の「うちのカミさんがねぇ?」というセリフは流行語となり、後にピーター・フォークや石田太郎が起用されたTVCMでも、コロンボの名前を出さずにコロンボ感を漂わせるためのギミックとして使用されている。


コロンボについて

ロサンゼルス市警殺人課所属で、階級はLieutenant。日本語版翻訳によっては警部補(一般的な辞書ではこれ)とも警部ともなる。

が、実際のところ、彼の所属するロサンゼルス市警におけるその階級を日本の警察に当てはめれば警視に近い。詳細については警部を参照。


警察官だが射撃が下手なので拳銃は持ち歩かず、運動は苦手。射撃訓練は毎回替え玉を立てている。朝鮮戦争では徴兵制度により従軍していたが、中国人民解放軍の人海戦術に圧倒され、タコつぼ内で動けなくなっては救出されていたという。


トレードマークはよれよれのコート(ピーター・フォークの私物)。吸いさしの葉巻は火がついたままコートのポケットに突っ込む。


好物はチリコンカン。なじみの店を持つ(このなじみの店も、屋台だったり、街角のスタンドだったり、店舗を構えてたりと、結構変化している。ちなみに店主とも知り合い)。


自身も料理はするが、ある事件では「あたしはサイテーのコックでしてね、オムレツしか作れないんですよ」と言ってオムレツを披露したが、別の事件では「これが唯一出来る料理」と、オムレツ以外の料理を作っていた。

フグ刺しを口にした事もある。


愛車はプジョー403(フランス)。コート同様かなりのボロである。

あまりにボロのため、捜査で中古車販売店に乗り付けた時も、売るものと勘違いされ「これじゃウチでは買い取れないね」などと言われた事も。


愛犬はバセット・ハウンドの「ドッグ」。ある日、川で溺れかけているところを見かねて救出、獣医に持ち込んで以来の縁。コロンボはそのうちいい名前を付けてやろうと考えていたが、迷っている間に「ドッグ(ワン公)」と呼びかけていたのが定着してしまったらしい。ドッグはコロンボのお供をすることも多く、ホットドッグやアイスクリームを買い与えられるなど可愛がられている。

  • かつてはルイ・シュバー社(フランス)から、1/43でレインコートと愛犬ドッグがついた「コロンボ仕様」のミニカーが出ていた(現在は絶版)。

忘れ物が多く、家を出る際に「カミさん」が筆記用具などを持たせてくれるが、いざ使用しようとすると手元に無い。


コロンボの口癖である「うちのカミさん」は台詞に出てくるだけで、本編内には一度も登場しておらず、本当に既婚者なのかどうかはファンの間でも解釈が分かれている。このことから、フィクション作品において、「言及はされるが本人は登場しない」人物をコロンボのカミさんに喩えたりする。

一応、コロンボのセリフの中からの情報では、「流行りものに色々手を出しており、それらに詳しい」「学生の時に出会い、結婚」「子供はいない様子だが、あるエピソードでは『ベビーシッターが云々』と言っている」

特に流行りものに関しては、容疑者がタレントだったり作家だったり有名人だったりした際には、「カミさんあんたの大ファンでね」と、話の切っ掛けを作っている。

※なお、劇中では家に電話をかけてカミさんと会話していたり、一緒に船旅をしていたり(この時も劇中には出てこなかった)、葬式(ある犯人を誘き出すための偽装だが)が行われたりしている。

また、後年「ミセス・コロンボ」という作品が作られたが、ユニバーサルは「これはコロンボ夫人ではない」と正式に否定するコメントを出している。


イタリア系でカトリックのためか親戚が多く、コロンボは親戚をよく話題に上げたりする。

事件の捜査の際には、カミさん、および親戚を話題に上げ、そこから会話の切っ掛けを作っている(容疑者が写真家だったら「ウチの義理の弟もカメラに夢中でしてね」といった感じに)。


また、捜査の途中で、自分の専門外や、自分が知らない事柄に相対する事も多い。そのような時には、素直に自分の無知を認めて、様々な人間に教えてもらっている。これは自分の部下や同僚、知り合いだけでなく、一般人や容疑者に対しても同様。その際、犯人側にはうんざりされる事が多い。しかし時には、コロンボの下手に出て素直に教えを乞う様を見て、嬉々として教えてくれるケースもある。

そして事件解決の際には、教えられたその知識を駆使してアリバイを崩し、犯行を証明する。その際には博学さの片鱗を見せており、ひょっとしたら「元から犯人に匹敵するほど知識を有していたのかも」と思わせる事も。


容疑者に対しては、最初にあからさまに疑ってかかるのではなく、「これも仕事なので気を悪くしないで欲しいんですが」と下手に出て、犯行時間のアリバイを聞き出している。

容疑者に質問する時に、容疑者宅や仕事場に向かって直接質問する事もよくある。その際には、その家やオフィス、家具や所有している物、仕事の内容などを見て「いやこれは大したものだ」と感心し、関係のない話題で会話してから本題に入る、という事が多い。


最後に犯人を追い詰め、アリバイを崩した際には、相手をあおったり、見下したりはしない。時にはある程度の敬意すら払っている。犯行の動機が同情に値するものならば、それに寄り添うような態度も見せる。

しかし、犯行動機が利己的だったり唾棄すべきものならばその限りではなく、追い詰める際にも「あんたが殺したんだ」と、怒りを隠さずに、強く厳しい口調で言い放つ。


関連タグ

海外ドラマ / 刑事ドラマ

ユニバーサル・ピクチャーズ


バセットハウンド

コロンボの愛犬「ドッグ」の犬種。


古畑任三郎 杉下右京

コロンボへのオマージュと思われる特徴を持つキャラクター。

「警部補 古畑任三郎」は脚本家三谷幸喜がプロデューサーに「コロンボに関するうんちくクイズ」を挑んで勝利したために通った企画であり、「倒叙スタイル」で展開する以外にも影響がすさまじい。ただし、古畑任三郎も杉下右京も身なりがきちんとしており、独身だったり、元妻がよく出てきたりするなど設定の相違もみられる。右京に関しては、コロンボ以外にもシャーロック・ホームズエルキュール・ポワロ等からの影響も窺える。


小島秀夫

小学生の頃に刑事コロンボのノベライズを愛読し、小説を書くようになり、長じてゲームデザイナーとなった。


関連動画


外部リンク

刑事コロンボ - Wikipedia

刑事コロンボとは - はてなキーワード

関連記事

親記事

ユニバーサル・ピクチャーズ ゆにばーさるぴくちゃーず

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 335074

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました