ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

CV:平川大輔
ブリーチジャパン横浜支部長。組織の理念と青木遼に心酔しており、目的のためならチンピラを雇うなど弾圧や暴力などといった過激な手段を講じることも厭わない危険性を持つ。青木と小笠原の真の目的は深く知らないようで、利用されている節もあるが、近江連合が後ろ盾になっている事は知っている模様。デモ隊による抗議活動や選挙運動中、言ってる事とやっている事に矛盾が多く、主体性が無いので春日にいつも言い負かされて退散している。結局は彼のやっている事は社会的に悪と見做されている弱者を攻撃する事で優越感を得ようとする弱い者イジメに過ぎない、だから正義なんて口だけなのである。青木に泣きながら協力要請する等、他力本願な部分も多々あり、青木からも「何も知らない青二才」「ブリーチジャパンと民自党公認の後ろ盾が無ければ、ただの小僧が当選するはずがない」と言われるなど捨て駒的な扱いを受けるような物言いもされている。元々人集めの為に雇ったサクラの女性を目当てにブリーチジャパンに入った様であり、おまけに代表の小笠原肇によると青木は「学も無く努力もした事が無いが、誰かに褒められたい人間」を集め、彼らの承認欲求を利用する事を目的でブリーチジャパンを設立したのでその事実からどんなに程度の低い人間かが理解出来るだろう。とは言え、そんな彼も肩書だけでもブリーチジャパンの横浜支部長を任されていることは留意すべき点ではある。後に民自党幹事長となった青木により、荻久保の選挙区でもある神奈川2区から衆議院議員選挙に出馬し、初当選を果たした。しかし、青木の事件が明るみになった事で、自分が利用されている事に気付く。その後、本来本人居るべき神奈川2区ではなく何故か新宿に到着しており、新宿駅コインロッカーに逃げ延びて春日の制止を聞き入れ自殺を思いとどまった青木を刺殺し、青木を非難してその場から去った。その際「でも、まだ間に合う。本当の正義は勝つんです。」と不気味な言葉を残している。
その後の顛末は不明。

余談

同情の余地もない悪役であることは確かだが、極端な見方をすれば自業自得とは言え彼もまた青木にいいように利用されるだけされた被害者であり、また加害者でもあると言える。そして久米に殺害された青木の末路もまた、大勢の人々を手にかけ、かつ人を捨て駒のように扱い続けてきたが故の報いであるという見方もできる。
だが、最期には自らの行いを省みて真っ当に罪を償おうとした青木とは違い、久米は最後の最後まで自分のこれまでの行いを正義と信じて疑わず、ついには自らが直接人を手に掛けてしまう。まさに、前回発売されたスピンオフ作品のキャッチフレーズ、『正義と言う名の凶器』を体言した存在ともいえる。
上述の通りに青木を刺殺して尚且つその制裁を受けた描写が本編の最後まで確認出来ない事から、ファンから「次回作があったら報いを受けてほしい」と言われるなど、本作に登場する悪役の中でも最も強い非難を買っている。

声優ネタ

醜悪な人間性と刃物を用いた犯行を引き起こしたこと、更に演者が平川氏であることから他作品を連想するプレイヤーも多かった模様(こちらは殺害される側だが)。

関連タグ

龍が如く 龍が如く7 青木遼
自分が悪だと気づいていない最もドス黒い悪 人間のクズ 偽善者

玉城鉄夫葛城勲菅井克己巌見恒雄…龍が如くシリーズで久米同様にそのキャラクターからファンから嫌われているキャラクター達。

関連記事

親記事

ブリーチジャパン だめにんげんぐんだん

兄弟記事

コメント