ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

「違法風俗反対~! 異人町から撤退せよ~!」


「……行けぇ! 同志たち! すべての穢れを漂白だ!! ブリーチング!!」


CV:平川大輔

概要編集

龍が如く7』に登場するNPO法人「ブリーチジャパン横浜支部長で ブリーチジャパンの歪んだ正義の体現者。

元は人集めの為に雇ったサクラの女性を目当てにブリーチジャパンに入った青年であったが、徐々に組織の理念と創設者である青木遼に心酔していく。


人物編集

七三分けにした黒髪の青年で、支部長に選ばれるだけあってブリーチジャパンの中でも信念が強く、高潔な理想達成の為に働く実直な男。

だがその本性はブリーチジャパンの理念を絶対視し、社会的弱者も多いグレーゾーンを汚物のように見下す傲慢な排外主義者。

また、亡くなった風俗店のオーナーに対して不謹慎極まりない言葉で冒涜するなど、モラルも欠如している。


そして、目的のためになら何をやってもいいと思っているのか、飲食店と称して営業する風俗店に対して食育という大義名分でヤンキーをけしかけるなど目的に対して矛盾した手段に平然とでる。

挙句には同志が先に暴力行為に及ぼうとしたのにも拘らずそれを防ぎ凄んだ主人公・春日一番に対して「暴力で市民の声を封じる事ができると思い込んでいる」という特大ブーメラン発言をする始末である。

その上舌戦も弱く、前述の通り主観も歪み切っているためかあっさりとに春日に論破されている。おまけに肉弾戦も一応ボス故にややしぶといだけで大して強くない。

この体たらくからか、ブリーチジャパン創設者にして現東京都知事青木遼からも「何も知らない青二才」「ブリーチジャパンと民自党公認の後ろ盾が無ければ、ただの小僧が当選するはずがない」と言われるなど捨て駒的な扱いを受けるような物言いもされている。

駒

歪んだ正義を振りかざし、分が悪くなると苦しい屁理屈を言いだし、しまいには逃げ出すという取るに足らない小物であるが、組織への忠誠心は本物であり、春日に発言を正論で何度も論破された挙句、逆にグレーゾーン認定を受けても、代表の小笠原に目の前で「無知」だと言われようとも(駒と言われているも同然)、後ろ盾がヤクザだとうっすら気づいていようと、一切自分の行動を省みず、春日たちに立ち向かうその姿勢はもはや狂信者である。


また、現代表・小笠原肇によればブリーチジャパンは「学も無く努力もしないが自己顕示欲は強い若者」に「世間から批判されづらく、それでいて声をあげるだけで何かをした気分になれる活動」を与えてやることで瞬く間に勢力を広げたとのことだが、それらを合わせて考えるならば、久米はサクラにつられるという不純な動機から始まり、自分が認められたかのように感じる活動に酔って自意識だけが肥大していった若者だということになる。


そんな久米だが、物語後半に民自党幹事長となった青木の後押しにより、前幹事長・荻久保豊の選挙区でもある神奈川2区から衆議院議員選挙に出馬し、対立候補の春日に一度論戦で押され、逃げ出してしまう醜態も見せるも青木の力もあってか持ち直し、見事初当選を果たすが…。














本作の重大なネタバレが含まれます


















結末編集

青木が裏で行っていた悪事が明るみに出た事で、自分が駒として利用されていた事にようやく気付き、新宿駅コインロッカー前で春日と問答していた彼をナイフで刺した。

それは春日に負けたことで自暴自棄になった青木が、自殺を思いとどまり、出頭することを決意した瞬間のことであった…。


「ひどいじゃないですか…私は信じてたのに…

青木さんの正義は漂白された真っ白なものだと信じてたのに…


─────でも、まだ間に合う…本当の正義は勝つんです


と、不気味な予言を残し、その場からふらふらと立ち去る。

普段の威勢が失われた弱々しく震えた声は、拠り所を失い放心しているようにも、強い怒りを込めているようにも聞こえる。


その後の顛末は不明だったが、続編の『8』ではそのまま呆気なく警察に捕まり、無期懲役未満の判決を受け、現在服役中であることが判明した。

殺人以外にも余罪があるため、長い間塀の中で過ごす結果になったのは因果応報でしかない。


評価編集

同情の余地もない悪役であることは確かだが、自業自得とは言え彼もまた青木にいいように利用されるだけされた被害者であり、そして久米に殺害された青木の末路もまた、大勢の人々を手にかけ、かつ人を捨て駒のように扱い続けてきたが故の報いであるという見方もできる。

しかし、最期には自らの行いを省みて真っ当に罪を償おうとした青木とは対照的に、久米は最後の最後まで自分のこれまでの行いを正義と信じて疑わず、ついには自らが直接人を手に掛けてしまう。

まさに、前作に当たる外伝作品のキャッチフレーズ「正義という名の凶器」を体言した存在とも言える。


考察編集

これはあくまで想像に過ぎないが、今まで信頼してきた相手に裏切られ、騙されていたと気付き、自ら汚して来たその手で青木を刺した久米だが、もし良心の呵責から警察に自首しに行ったとしたら、久米にとっての『最後のケジメ=自分自身の漂白』だったのかも知れない。


余談編集

  • 『8』発売以前は「青木の逃亡先を正確に突き止めていること」や「本来本人が待機しているべき神奈川2区を離れ、新宿に来ていること」などの疑問が残ったことから、「誰かの差し金」実は久米に変装した別人の犯行といった可能性がファンの間で考察されていた。しかし8で逮捕されたことが明らかになり、これらの考察は杞憂に終わった。ちなみに上記の疑問は未だ謎のままである。

詳しくは【疑問と考察】を参照。

  • 久米を演じた平川氏はかつて、伝説のアニメ作品に登場するあの男を担当していた。そのためか、あの壮絶なクライマックスを連想するプレイヤーも多かった模様(こちらは殺害される側だが)。
  • 久米役の平川氏は当時、突発性難聴により収録が困難になり、療養の為に活動を休止していた事から、久米の逮捕と言う形で続投が見送られた可能性がある。
  • 『8』冒頭で春日が、真斗と久米を思い出す中での「そうとは割り切れない」には、解釈次第では、あの時に久米も説得出来たら、彼も罪を償おうと動かせたかも知れないと言う思い込められているのでは無いかと考察もある(真斗が久米に刺されても、春日はその場で久米を責めず、真斗を優先したから)。
  • 『7』には久米と下の名前の読みが同じキャラが存在している。こちらは変態めいているが真っ当な倫理観や道徳心を持つドMという、久米とは見事に真逆な立ち位置のキャラ付けをされている。

疑問と考察編集

よくよく考えると、彼の最後の行動には不可解な点が多い。青木の逃亡先を正確に突き止めていること、本来本人が待機しているべき神奈川2区を離れ、新宿に来ていること、議員の大事な時期であるにもかかわらず単独で行動していること等である。

一応、青木が逃亡する数時間前に「青木遼に殺人教唆容疑」というテロップが民自党の選挙会場のモニターを通じてテレビで流れ、春日の味方であるニック・尾形による青木の裏の顔の暴露もあったため、真相を問い質しに新宿まで急行してきたととれなくもない。

列車や高速道路を使用すれば、神奈川2区に該当する横浜から新宿までは1時間程度で移動が可能だが、それでも2人のいる神室町のコインロッカーまで突き止めるまでには無理がある。


つまり、あの瞬間だけ時系列がおかしな事になっており、シナリオの制作ミスである可能性がある。


また、龍7外伝のホームページにて大道寺一派から多くの政財界(政治・財界)の人間が輩出されている事から、ニック・尾形も大道寺一派の幹部ではないかと言う考察がある。

そして終盤に花輪の口から、青木が一派にとって排除すべき対象である事、民自党幹事長の荻久保豊の失脚により、彼の無念を晴らすべく、尾形は青木遼に逮捕状のテロップをモニターに表記したのなら、

ニック・尾形こそが、結果的に久米に真斗を殺させた張本人となる等、考察の幅が広がるので、

どう解釈するかはプレイヤー次第と言った所である。


関連イラスト編集

お疲れ様です支部長

【久米ろぐ③】久米颯太ついろぐ

【久米ろぐ⑤】久米颯太ついろぐ


関連タグ編集

龍が如く 龍が如く7 偽善者 独善 自己中 正義マン 外道 道化 青木遼 小笠原肇 春日一番


浜崎豪…龍が如くシリーズで久米同様にラスボス戦後に登場し、ナイフで凶行に至ったキャラクター。ただし彼の場合は殺人未遂に終わっており、次回作ではすっかり改心している。また、思わぬ形で再会した被害者に対して、然るべき誠意を示した。


ニック・尾形…真偽は不明だが、終盤での彼の行動が、久米の犯行に繋がった可能性がある。

関連記事

親記事

ブリーチジャパン ぶりーちじゃぱん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 111700

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました