ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

文字通り、中に誰もいなかったことである。

























以下ネタバレ























アニメ版『School Days』最終話(12話)において、桂言葉西園寺世界に対して発したセリフ。
詳しい物語は本編を参照していただくとして、最終話を簡単にまとめると以下の流れで発せられたもの。

  • 伊藤誠(主人公)は世界からの後押しを受け、言葉と付き合っていた。しかし、誠は言葉と世界とで二股をかけており(さらに、複数の女子生徒とも浮気していた)、世界は誠の気持ちが言葉に向いていることを悟り悲しんでいた
  • ある日、世界は同級生(言葉とは別)と誠が関係を持っていることを知り、親友の引っ越しもあってショックで引きこもり状態になってしまう。そして、強い吐き気を覚えた世界は誠に「妊娠したかも」と告げる
↑11話までのあらすじ

↓12話のあらすじ
  • 誠は言葉を選び、世界には「なんで子供なんか作ったんだよ」と突き放し、堕胎するように告げる。誠の冷たい態度に怒った世界は、誠を包丁で殺害してしまう
  • 誠を殺害したあと、世界は言葉から呼び出される。言葉の元に向かう世界。そして、言葉は「妊娠したというのは誠の気を引く嘘だったのではないか?」と世界に問いかける。
  • 世界は「私だって誠の恋人になりたかった!」「何で…(自分ではなく言葉を選んだのか?)」など、半ば妊娠が嘘であることを認めるような発言をする。それを聞き、言葉は「誠くんならそこにいますよ、聞いてみたら」と持参したバッグを指さした
  • バッグに入っていたのはなんと体から切断された誠の頭部であった。思わず口元を押さえる世界。言葉は世界にナタを持って詰め寄る。「西園寺さんの言っていること、本当かどうか、確かめさせてください」
  • 世界はポケットから包丁を出して応戦しようとするが、間一髪のところで言葉が間合いを詰め世界を殺害する
  • 言葉は息耐えた世界の腹を引き裂く。そして、傷口を覗き込みひとこと呟く

「やっぱり、嘘だったんじゃないですか…。中に誰も、いませんよ」



この後はおなじみNice boat.である。

余談

世界は実際には妊娠していたわけではなく想像妊娠、あるいは虚言であると推測される。
根拠としては言葉の「なぜ(妊娠を疑いながら)病院にいかなかったのか?」という質問に対してまともな返答をしていないことや、そもそも「吐き気がしただけ」で妊娠したと思うのは不自然(月経が来ない、妊娠検査薬を利用したなど他に妊娠を疑うような描写がない)であることなどが挙げられる。
しかし、言葉が世界の腹の中を覗き込むシーンでは、「内側から誰かが言葉を見ている」ような構図であるため、「実際には中に胎児がおり、胎児が言葉を見ている」とも受け取れる。

なお、原作ゲームに存在するバッドエンドで最も近いのは「我が子へ」である。
こちらは実際に世界が子供を妊娠しており、言葉を選んだ誠がのうのうと暮らしているのに逆上して誠を襲うというもの。ただし、誠は世界の妊娠を知っても責めるような言動は取っておらず、そもそもこの時点でのバッドエンド回避方法は「二股を続けてハーレム状態になること」で、これは言葉にとって誠意ある対応とは言えないため、アニメほど誠が非難されることはない。

アニメ版の脚本自体が「よりショッキングな内容」「より誠をクズとして描く」ということが念頭に置かれていたため、ただでさえ原作ゲームの時点で優柔不断であったのが悪化した誠の言動は擁護できるものではない上に、同じくゲームより悪化した世界の身勝手な振る舞いも視聴者から非難された。

関連タグ

コトノハサマ/言葉様
誠死ね…本編での誠の行動を非難する言葉
中の人 中の人などいない

関連記事

親記事

桂言葉 かつらことのは

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「中に誰もいませんよ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2727332

コメント