ピクシブ百科事典

食肉

しょくにく

食用の肉のこと。主に獣肉・鳥肉を指し、魚肉は「魚介類」として分化する傾向にある。
目次[非表示]

食べ物としての

概説

食べ物として「」と言う場合はのものを指すことが多く、魚介類の肉などとは区別される。
洋の東西を問わず、人間の好物のひとつである。

日本人と食肉文化

奈良時代より前においては、肉食は日本人にもごく当たり前の習慣だった。ただ神道由来の「ハレとケガレ」の観念から、「肉断ち」の俗信そのものは存在していた。

奈良時代に仏教が「国家の学問」として普及されると、仏教の「不殺生」の戒理が拡大解釈されることになり、先の「ハレとケガレ」の概念も手伝って、公での肉食は避けられていくようになる。
勅令によって「肉食禁止令」が発動した回数もかなりの回数に上る。

これにより、百姓や町人の多くは日常肉を口にすることがなくなったが、山間で狩猟を生業にする者は野生動物の肉が日常食であったし、農村でも被差別部落の住民は牛馬の肉を食べるなど、公然の秘密として肉食は生きていた(彼らの肉食は「ケガレ」の観念とも結びついて差別の要因にもなった)。

もっとも、「薬食い」と称されて武士は(日常的ではないにしろ)肉食をしていたし、江戸時代も終わりごろになると各地に肉料理の店ができ、町人たちも滋養強壮の栄養食という建前で牛鍋などを味わうようになった。

肉食の完全解禁は明治時代を待つことになるが、洋食はすぐには一般化せず、江戸時代以来の和食に肉食が取り入れられた。その代表が牛鍋に端を発するすき焼きである。大正後期から昭和に入ると、西洋のカツレツを先祖にするとんかつなどが普及していく。

昭和の時代には中国料理韓国料理の肉料理も取り入れられ、唐揚げ焼鳥焼肉など、日本には数多くの肉料理の専門店が軒を連ねていった。

関連タグ

食べ物  料理 肉料理
牛肉 豚肉 鶏肉 羊肉 馬肉 魚肉ソーセージ
ソーセージ ミンチ マンガ肉
ユッケ 刺身
ステーキ ハンバーグ 焼肉 しゃぶしゃぶ バーベキュー 豚の角煮 しょうが焼き
すき焼き 牛丼
肉汁

関連記事

親記事

食べ物 たべもの

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「食肉」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 516842

コメント