ピクシブ百科事典

SchoolDays

すくーるでいず

「SchoolDays」とは、Overflowから販売されたアダルトゲーム、およびそれを原作とするアニメ等である。
目次[非表示]

Pixivでは「スクールデイズ」タグでも多くの作品が投稿されている。

概要

Overflowから発売された恋愛アドベンチャーゲームソフト(アダルトゲーム)。2005年4月28日に発売された。略称は「スクイズ」。

2008年1月17日には『SchoolDaysL×H』の題でPS2移植・全年齢対象化された(移植はガイズウェアとレジスタ、発売はインターチャネル・ホロン
→ガンホー・ワークス→ガンホー・オンライン・エンターテイメント)。
また本作のアナザーストーリーとして、PC・PSP(UMDPG)ソフト『SummerDays』(PC版発売:2006年6月23日。2012年4月27日に『SHINY DAYS』」としてリメイク)、『CrossDays』(PC版発売:2010年3月19日発売)がOverflowから、タワーディフェンス要素を盛り合わせた『IslandDays』(ニンテンドー3DS版発売:2014年7月3日)がクロンから発売された。

テレビアニメ版は、2007年7月から同年9月まで独立UHF局などで放送された。全12話。

他のOverflow作品とは異なり、ほとんどすべてのキャラのの色がといった地味な色合いに設定されているのも特徴。

余談

原作ゲームはフルアニメーションで展開されるエピソード内に示される選択肢を選ぶことで進んでゆく。
学園を舞台にしたほのぼのラブコメシチュエーションかと思いきや、話しが進むにつれて主人公を巡ってドロドロの愛憎劇が展開され、「学園昼ドラもの」という形容がしっくりくる程の様相を呈するようになる。
中でも語り草になったのは、主要人物の伊藤誠西園寺世界桂言葉のいずれかが凄惨な最期を遂げる3種類のワーストエンドである。15種類ものハピネストエンドが存在するにも拘らず、後日製作されたアニメ版では最初からバッドエンドで最悪の結末を迎える方向性で話が進められ、主人公である誠の態度が多くの視聴者の反感を買い、「誠死ね」という言葉が浴びせられた。

テレビアニメ最終話放送休止について

最終話放送予定日の前日に、京都府で少女が父親の首をで切りつけ殺害するという事件(京田辺警察官殺害事件)が発生したため、事件に酷似した結末を描いた最終話が一部地域で放送中止となった。
最初に最終話が放送されるはずであったtvk(テレビ神奈川)では、「都合により、番組を変更してお送りしています」とのテロップとともにボートを映した環境映像が代わりに流され、その中でボートがソグネ・フィヨルドを航行しているときのキャプチャ画像が外国の匿名掲示板4chanに投稿されて「Nice boat.」というコメントが付いた。これが話題となり、Overflowは2007年末のコミックマーケット73で、「Nice boat.」を自社ブース名として使用した。

2016年4月、フジテレビ『金曜プレミアム』枠で放送された『有名人が初めて話します とっておきランキング』にて、最終回の内容の一部が放送されるという珍事が起こった。
「ラストが衝撃! 切なすぎるアニメ」というテーマで、市川紗椰がセレクトした3作品の一つとして取り上げられたのだが、予め「(誠の)クズな行動及びクズな言葉から生まれる衝撃的なエンディング」と市川から告知されていたにも関わらず、終盤のシーンが映された瞬間、その陰惨さにスタジオは騒然となり、司会の加藤浩次は呆然、カンニング竹山は頭を抱え、とにかく明るい安村に至っては「一回丼ランキング挟みません?」とインターミッションを要求するなど、出演したタレントたちに甚大なダメージを与えていた。
(ちなみに、市川が選んだ他の2作は『無敵超人ザンボット3』と『伝説巨神イデオン』という、ロボットアニメの名作にして「皆殺しの富野」が炸裂した怪作であった)

2016年12月25日、AbemaTV「Xmasアニメ一挙SP」の一環として全12話が放送された。……企画や編成はどのような経緯で一挙放送を行う事にしたのだろうか?

ストーリー

榊野学園に通う少年・伊藤誠は、以前から登校時に時々同じ電車へ乗る隣のクラスの少女・桂言葉のことを気に掛けていた。ある日、決意した誠は学園に伝わる「好きな相手を携帯電話の待ち受け画面にして3週間隠し通したら想いが叶う」というおまじないを実行したが、同じクラスで隣の席の西園寺世界に、わずか1日で見つかってしまう。そのお詫びという名目で、世界が2人の間を取り持つところから物語は始まる。

登場人物

伊藤誠(CV:平川大輔
西園寺世界(CV:河原木志穂
桂言葉(CV:岡嶋妙
清浦刹那(CV:井本恵子
加藤乙女(CV:永見はるか
黒田光(CV:田中涼子

榊野学園の女子生徒

甘露寺七海(CV:たかはし智秋
小渕みなみ(CV:栗林みな実
小泉夏美(CV:古原奈々
森来実(CV:祭田絵理

榊野学園の男子生徒

澤永泰介(CV:松本吉朗
田中一郎(CV:小池竹蔵
田中密(CV:千々和竜策
花山院恭一(CV:小池竹蔵)

その他

伊藤止(CV:宇和川恵美
伊藤萌子(CV:本井えみ
西園寺踊子(CV:亜城めぐ
桂心(CV:亜城めぐ)
桂真奈美(CV:久嶋志帆
井伊卯月(CV:安倍ようこ
二条一葉(CV:亜城めぐ)
二条二葉(CV:北原美和
マヨちゃん(CV:宇和川恵美)

主題歌(テレビアニメ)

オープニングテーマ

「イノセント・ブルー」(第2話~第11話)
作詞 - REM / 作曲・編曲 - 橋本彦士 / 歌 - DeviceHigh

エンディングテーマ

「ウソツキ」(第1話・第8話)
作詞・作曲 - rino / 編曲 - 大久保薫 / 歌 - CooRie
「愛のカケラ」(第2話)
作詞・歌 - 橋本みゆき / 作曲 - 福本公四郎 / 編曲 - 近藤昭雄
「ワルツ」(第3話・第11話)
作詞・歌 - いとうかなこ / 作曲・編曲 - 前澤寛之
「記憶の海」(第4話・第7話、第6話挿入歌)
作詞・歌 - yozuca / 作曲・編曲 - 岡ナオキ
「Look at me」(第5話)
作詞・作曲・歌 - YURIA / 編曲 - chokix
「涙の理由」(第6話・第10話、第5話・第11話挿入歌)
作詞 - 江幡育子 / 作曲・編曲 - 飯塚昌明 / 歌 - 栗林みな実
「あなたが…いない」(第9話)
作詞 - 江幡育子 / 作曲・編曲 - 飯塚昌明 / 歌 - 栗林みな実
「Still I love you ~みつめるよりは幸せ~」(第12話)
作詞 - KIRIKO / 作曲・編曲 - HIKO / 歌 - KIRIKO

挿入歌

「Let me Love you」(第9話)
作詞・歌 - 桃井はるこ / 作曲 - 太田雅友 / 編曲 - 大久保薫
「二人のクリスマス」(第11話・第12話)
作詞 - WHITE-LIPS / 作曲 - Manack / 歌 - rino
「悲しみの向こうへ」(第12話)
作詞・作曲 - KIRIKO / 編曲 - HIKO / 歌 - いとうかなこ

関連イラスト

桂言葉
西園寺世界



関連タグ

SummerDays CrossDays ShinyDays 
(表記揺れ)スクールデイズ

外部リンク

TVアニメ公式サイト

pixivに投稿された作品 pixivで「SchoolDays」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1985510

コメント