ピクシブ百科事典

目次[非表示]

経歴

日本政治家。第87~89代内閣総理大臣であり、第20代自民党総裁(在任:平成13年4月~平成18年9月)。

内閣総理大臣の在任期間は1980日で、第二次世界大戦後の内閣総理大臣としては佐藤栄作吉田茂、愛弟子だった安倍晋三に次ぐ第4位で平成の総理大臣としては最長。また、辞任せずに任期を全うすることができた唯一の自由民主党総裁でもある。

北朝鮮の拉致被害者一部返還を成し遂げ、竹中平蔵に金融機関の不良債権処理を断行させてバブル崩壊以来続いていた金融不安を払拭したことや、わかりやすいキャッチコピーマスメディアを活用した政治手法は、小泉劇場(劇場型政治)として呼ばれ当時の流行語になるなど戦後日本でも有数のカリスマ性にあふれた政治家として名を残した。
平成21年、次男の小泉進次郎を後継に指名し、政界引退。

2011年の東日本大震災に伴う福島第1原発事故以降、反原発のスタンスを取るようになる。2014年の東京都知事選では細川護熙元首相を擁立し、反原発を主体とした選挙運動を行った。しかし、選挙戦では小泉ばかり目立って肝心の細川の影が薄くなったことと、反原発以外の政策ビジョンが不明確だったことが災いし、都民の支持は得られなかった。

評価

小泉は自民党の同僚議員を道路族や郵政族と痛罵したが、自分自身は大蔵族であった。
大蔵大臣こそ就任し損なったが、大蔵政務次官、自民党財政部会長、衆議院大蔵常任委員長を歴任し、内閣国会すべてのポストを経験している。
マスコミが大蔵族を叩くことはほとんどないため、小泉が政権運営を行う上で好都合であった。
小泉の政治家としての本質は「対米追随派の大蔵族」ということに尽きる。

親米姿勢、郵政民営化、後期高齢者医療制度を含む医療制度改革、特殊法人の民営化、国家公務員の削減、緊縮政策(特に公共事業費、防衛費、医療費などに大ナタをふるった)、各種規制緩和、靖国神社参拝、自民党内の派閥の弱体化など、小泉首相の政策の是非については現在でも評価の賛否が大きく別れるものの、独特のキャラクターと存在感のもつインパクトは大であった。
中でも訪朝からの北朝鮮による拉致被害者の一部返還、バブル崩壊以来続いていた金融不安の払拭は高く評価されている。

しかし一方で小泉の構造改革に日本の格差社会をさらに拡大させたとの意見も根強い。ただし、これについては経済学者の間でも小泉の構造改革と格差社会の発展の因果関係の有無については現在でも意見が二分されており、論争が続いている。(当時の格差の拡大原因は高齢化と進展するグローバル化であったとする意見もある)

なので本人も言っている通り彼の評価を現時点ではつけるのは時期尚早であろう。

余談

演説等のフレーズのチョイスの上手さに加えて、敵に揚げ足を取らせない巧者ぶりと強運はしばしばネタにされる。

離婚歴があり、首相としては珍しく独身(吉田茂内閣時のファーストレディは娘の麻生和子)だった。髪型から、「ライオン」の異名をとる。
また、麻雀漫画・アニメ「ムダヅモ無き改革」には小泉ジュンイチローというパロディキャラも登場する。
長男は俳優の小泉孝太郎。三男は一般人で離婚した元妻が引き取っている。

総理大臣公邸に入居する前のこと、前任者の森喜朗から公邸で幽霊を見たという話を聞かされ
「幽霊なんかいるわけないでしょ。俺はそんなのまったく信じないから怖いことなんかないよ」
と言いつつも神職を呼んできっちりとお祓いをやってもらったという。

立花孝志氏のキャッチフレーズである「NHKをぶっ壊す!」は在任中の小泉氏のキャッチフレーズであった「自民党をぶっ壊す!」が元ネタとされる。

関連タグ

小泉 小泉総理 総理大臣
自民党 首相 構造改革
安倍晋三...愛弟子にして次期総理大臣
小泉孝太郎...長男
小泉進次郎...次男
福田康夫 麻生太郎 鳩山由紀夫 菅直人
勇者 全ての元凶

X-JAPAN...ファンであり、メンバーhideは地元横須賀の後輩。
ウルトラ銀河伝説...ウルトラマンキングとしてゲスト出演。ウルトラマンナイスにネタにされた。(推薦したのは息子の進次郎氏)

中のひとまである意味キング


チベットスナギツネ...似ている
Dr.マシリト...似ている。ちなみに橋本龍太郎スッパマンにそっくり。
小泉ジュンイチロー...自身のパロディキャラ
アクメツ:パロディキャラが登場するが後々の蓋を開けてみれば辿った道は正反対という、なかなかに皮肉の効いた結末となっている。

外部リンク

本人のWikipedia

関連記事

親記事

平成の総理大臣 へいせいのそうりだいじん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「小泉純一郎」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 54498

コメント