ピクシブ百科事典

研究不正

けんきゅうふせい

研究不正とは、科学的な研究に際して行われる倫理上不適切な行為である。
目次[非表示]

概要

実験データの改ざんや捏造、または他の論文からの剽窃、研究費の不正流用などを指す。また金をもらって結果を歪めて発表するなどのケースもある。また「ギフトオーサーシップ」といい、直接研究に関与しなかった者の名前を著者名に記すのも不正とみなされる場合もある。

こうした行為に手を染める動機は様々だが、日本では2004年国立大学法人化を契機に不正が急増しており、研究者同士の競争の激化や限られた任期中に成果をあげなければいけないというプレッシャーが不正の大きな原因になっていると指摘される。

科学の研究結果は、学術誌に論文として発表される前にその分野の専門家による査読が行われ、研究の妥当性が問われるが、査読を潜り抜け掲載された論文に不正の疑義が持ち上がるのは珍しいことではない。不正が疑われる論文は研究者の実験ノートが検証され、必要なら追試が行われる。

不正な論文は取り消されることになり、悪質な場合は不正に関わったものは職場を追われる。刑事事件に発展することもないわけではないが非常に稀(下記の藤村新一は偽計業務妨害の疑いで告発されたが不起訴になっている)。

理系だけでなく、人文系学部でも剽窃などの不正行為が発覚した場合、学位取り消しなどの処分が行われ著書の絶版等の社会的制裁が降ることがある。


有名な研究不正事件

  • 旧石器捏造事件

 毎日新聞のスクープをきっかけに在野の考古学者藤村新一のでっちあげが2000年に発覚。日本における前期旧石器時代の存在が白紙に戻り、教科書を書き換えるほどの騒動になった。

  • 黄禹錫事件 韓国の生物学者黄禹錫の研究で「ヒトクローン胚から胚性幹細胞(ES細胞)を作製することに世界で初めて成功」とされた研究内容に捏造や研究材料の卵子採取手順に倫理的な問題が見つかり、黄は逮捕された。
  • iPS細胞臨床応用事件
2012年に東京大学医学部附属病院特任研究員の森口尚史が、iPS細胞の世界初の臨床応用となる心筋移植手術を実施したと発表したが他の研究者から疑義の声が続出し、森口は弁明の場をドタキャン、東大を懲戒解雇された。この件を大々的に報道した読売新聞も誤報を認め、謝罪した。
  • ディオバン事件
2013年、日本の5つの大学で行われていた高血圧治療薬ディオバンの臨床実験で、メーカーのノバルティスファーマが有利になるデータ操作が発覚した。200億円以上の損失が出たと試算されている。

人文系での主な研究不正

※「〜事件」等の公式な通称はない。

  • 剽窃による博士論文剥奪
2018年、コメンテーターでジャーナリストの渡辺真由子の著書で彼女が慶應義塾大学大学院在籍中に著した博士論文を再構成した一般書籍に大量の無断転載が発覚、元の博士論文も再点検が行われ2019年に博士号剥奪処分となった。
  • 架空文献を引用
2019年、東京英和女学院院長であった深井智朗教授による著作の捏造が発覚。引用文献とされていた書物の著者「神学者カール・レーフラー」なる人物が架空と発覚、懲戒解雇処分となった。

関連タグ

疑似科学
日本面...2004年以降、科学の研究不正に関わった科学者は日本人が最も多く(撤回論文数上位10人の半数は日本人である)、日本は「研究不正大国」という不名誉な烙印を押されている。

関連ページ

科学における不正行為(Wikipedia)

封印作品 偽史 江戸しぐさ

関連記事

親記事

科学 かがく

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「研究不正」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3013

コメント