ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

1950年5月4日生まれ。宮城県加美郡中新田町出身。仙台育英高校卒業。特定非営利活動法人「東北旧石器文化研究所」の副理事長を務めていた。

旧石器捏造事件を起こした人物として有名だが、もともと専門家ではない一介の会社員だったにも関わらず日本の旧石器時代で実在が疑われていた「前期・中期旧石器時代」の遺跡を発見し、日本の教科書を書き換えた人物。「日本のシュリーマン」とも呼ばれたリアルチートである。

来歴

少年時代に土器を拾ったことがきっかけで古代に興味を持つ。高校卒業後、東北電力会社系列の子会社に工員として働く傍ら、休日を利用して本格的に石器収集を始める。やがて、同志が集まり、「石器文化談話会」が結成され、自身の石器を発見する効率が異常に高いことから「神の手」ないしは「ゴッドハンド」と仲間からあだ名されていた。

転落

発掘仲間からは、彼の発掘効率の異様な高さや石器発見時の状態が不自然であることがたびたび指摘され、「捏造ではないか」と疑われることもあったが、藤村は学会の有力者の支持を得ていたため日本の考古学界では藤村の業績を疑うことは半ばタブー視されていた。

だが2000年、様々な情報提供をもとに毎日新聞北海道支社が張り込みを行うい、ついに「藤村があらかじめ石器を遺跡に埋め込み仕込んでいる様子」の証拠を写真・映像に収め、捏造の動かぬ証拠をつかんだ。

この報道により、家族が近所からの嫌がらせに遭い、日本中・世界中からバッシングされただけでなく、教科書も改訂・削除に追われ、出版社は大打撃を食らった。

その後

自身の犯した過ちから解離性同一性障害を患い、捏造した記憶をも失い、果てには「ゴッドハンド」などともてはやされた自らの人差し指・中指を切断した。

関連タグ

研究不正 捏造 偽装
黒歴史 リアルチート
ハインリヒ・シュリーマン...捏造や経歴詐称の疑惑のあるアマチュア考古学者。

関連記事

親記事

考古学 こうこがく

兄弟記事

コメント