ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

1950年5月4日生まれ。宮崎県加美郡中新田町出身。仙台育英高等学校卒業。
元・特定非営利活動法人「東北旧石器文化研究所」の副理事長を務めていたが、その実態は旧石器捏造事件を起こし、日本中・世界中を震撼させたとんでもない人物として有名。

来歴

少年時代に土器を拾ったことがきっかけで古代に興味を持つ。高校卒業後、東北電力会社系列の子会社に工員として働く傍ら、休日を利用して本格的に石器収集を始める。やがて、同志が集まり、「石器文化談話会」が結成され、自身の石器を発見する効率が異常に高いことから「神の手」ないしは「ゴッドハンド」と仲間からあだ名されていた。

日本の旧石器時代における疑問点で論争されていた「前期・中期旧石器時代」の遺跡を発見したことをはじめ様々な賞を受賞するが、これが自身の破滅の道につながることは知る由もなかった。

真実

その異常なまでの石器を見つける速さには不自然であることがたびたび指摘されている上に、「アマチュア」考古学者であったことや、出土品の土器・石器と地層の矛盾点が多かった事からその疑問は大きく、藤村の支持者はわずかであった。さらに、藤村の夜間の行動が不明であることから関係者には「捏造である」と勘づかれていた。

それを懸念して関係者から様々な情報提供をもとに毎日新聞北海道支社が張り込みを行うことになり、ついに「藤村があらかじめ石器を遺跡に埋め込み仕込んでいる様子」の証拠を写真・映像に収めることに成功し、捏造であることが世間に公表された。

この事件により、家族が近所からの嫌がらせに遭い、日本中・世界中からバッシングされただけでなく、それまでに「自身が証明した歴史」も教科書の改訂・削除に追われ、その他出版した本も黒歴史にせざるを得ず、出版社にも大打撃を食らった。

その後

自身の犯した過ちから解離性同一性障害を患い、捏造した記憶をも失い、果てには「ゴッドハンド」などともてはやされた自らの人差し指・中指を切断した。

関連タグ

研究不正 捏造 偽装
黒歴史

コメント