ピクシブ百科事典

解離性同一性障害

かいりせいどういつせいしょうがい

解離性障害の一つ。多重人格障害と呼ばれていたこともある。創作の多重人格のモデルやそのもの。
目次[非表示]

概要

解離性障害の中で、最も重いものの一つである。
フィクションにおける扱い方などの詳細は多重人格の記事を参照。
この項目は実在する病気を簡単に解説することにする。

注意

創作で扱いたい場合はデリケートな人権問題に踏み込む可能性もあるため、正しい知識を十分につけてからにすることをお勧めする。
また、解離性同一性障害でなくとも、複数の人格を一つの肉体に持つ状態やキャラクターを登場させるなら、その差異を明示するためにも知っておくことは必ず役に立つはずである。
もちろん、正しく知りたいのであればこの項目だけを読んで知った気になってはいけないし、ここの情報を完全に鵜呑みにしてもいけない。必ず、専門の書籍を読むか専門家に質問すること。

解離性障害とは

解離といわれる心の働きによって引き起こされる障害。

解離とは

解離とは、心の無意識な防衛機制の一つであり、簡単に言えば耐えられないほどの辛い記憶や感覚などを切り離してしまうことである。
これにより辛い経験を思い出せなくなったり、極度に不快な事象を知覚できなくなったりする。
(例:凄惨な事故現場で被害者の姿が一時的に見えなくなったり、人間だと認識できなくなったりする)
正常な範囲では誰でも日常的に起こっていることで、「何かに集中して周囲の出来事に気付かなくなる」なども同じ現象である。

切り離された感覚や記憶、つまりそれらの情報は他の精神活動とリンクしなくなっただけで実際には保持されているし、感じていて、無意識のどこかに存在すると考えられている。
心理療法によって記憶を取り戻したり、後述する解離性同一性障害の人格の独立や感覚の切り替わりが起こる現象はこれによって説明ができると考えられいる。

障害として扱われるほどの段階

上記の解離が常態化して日常生活に支障がでているなど、病的だと判断される段階まで進行してしまう場合がある。解離性同一性障害もこれによって引き起こされていると考えられている。
「解離性」と頭につく病名は数多いが、これらについては省略する。

解離性同一性障害とは

解離された精神活動が切り離されるには大きすぎたり、何度も解離されることによって(思考する時間が与えられるなどによって)成長し、個別の人格と呼べるまでになってしまった状態と考えられる。個々の精神活動における自己の同一性が保てなくなった状態。
解離性障害の中でも、幼少時の性的な虐待が最初のトリガーとなって引き起こされるケースが多いとされている。
フィクションの多重人格は本来の人格の他にもう一つ別の人格があるとされることが多いが、解離性同一性障害は患者が症状を自覚、または診察を受けるまでに少なくとも二桁、多ければ三桁の人格が一つの肉体に同居している状態のこともある。
主人格や肉体の性別とは違う性別だと主張する人格が現れることは全く普通のことである。三桁に迫る数の人格がいれば、男女ともそれなりの数が存在することは当然ある。

切り離された人格はそれぞれの名前を名乗り、出身地、性別、年齢、生い立ちまでもをバラバラに主張する。しかし、自分が患者から切り離された人格であることを否定することは稀で、切り離された瞬間を記憶していて、その時を「生まれた」と表現することもある。しかし、矛盾するはずの「生い立ち」もまた真実であると主張することが多い。
これらはかつて見たことのある情報から人格を形作っているのだと考えられている。

役割を持たせるために意図して人格を作り上げる現象も確認されている。肉体を管理する役割、感情を発散する役割、人生を管理する役割など。幼い人格や弱い人格の面倒を見ているのだと主張する人格がいることも多い。
人格になるまでには至っていない大小の「怒り」や「悲しみ」といった解離した感情や感覚も、個人の名前がつけられないまま内部に存在していることが患者の人格の証言から明らかになっている。

別人格は自分だとは思えない

治療の一環として、別人格が行動しているときの様子を撮影し、別の人格に見せていたことがあった。しかし、これは患者に大変大きな衝撃を与えるため現在は行われていない。
内部で声が聞こえ、会話が出来ると報告する患者と、別人格とは全くコミュニケーションをとることが出来ないと言う患者もいる。
人格同士が役割を持ち、任意に切り替わりながら日常生活を送っているという患者もいるが、人格が切り替わるタイミングは全くコントロールできないと証言する患者が多いようである。

主人格、基本人格

誤解が多いが、新しく発生した人格は本来の精神活動から枝分かれして切り離されただけで、どれもが間違いなく「本人」だと考えられている。
「主人格」とは定義すれば産まれてから現在までの記憶的な繋がりを持つ人格のこと。そして、「基本人格」とは日常生活で最も長く表に出ている人格のことである。
本来主人格に当たるはずの人格と対話できないケースも珍しくない。人格を解離させなければならないほどの過酷で凄惨な経験をしているためか「○○(患者の名前)は死んでしまった」と患者が語るケースもある。

人格同士の統合は切り離されていたリンクが修復されるだけだと考えられている。どの人格がどの人格に統合されるかで主人格が消失したりすることはない。また、治療の方針を人格の統合にする場合、どの人格に他の人格を統合していくのか、医者と相談して決めるが、ベースとなるのは必ずしも主人格ではない。人格の統合に協力的な人格も非協力的な人格も存在しえる。
現在は無理に人格の統合しようとせず、症状の進行を防ぎ、人格と対話することで日常生活を問題なく過ごせるようにすることを治療とするが多いそうである。

解離だけで全てに説明がつくのか

解離だけでこの「解離性同一性障害」の全てに説明がつくのかはまだよく分かっていない。脳の機能自体が全て解き明かされたわけではないため、解離に未知の性質がある可能性もあるが、現状考えられている「解離」という現象だけでは説明が難しい不可解な現象も、解離性同質性障害では報告されている。
・本人よりも年上の人格が誕生し、それが年齢に不相応なほど成熟した(つまりその人格の主張する年齢相応)性格と技能を持っている。
・人格ごとに明らかに体質が変化してしまう。アレルギーの変化、特定の人格のみが身体障害を持つなど。手術の直前に人格が入れ替わり、交代された人格は麻酔が効いていなかったため激痛を味合わなくてはならなかったという証言もある。
・出身地を「本人」とは違う言語圏の土地だと主張し、その土地の言語を母国語のように流暢に扱う。

今後、解離の研究が進むことで、これらの現象にも説明がつくのかも知れない。

解離性同一性障害を取り巻く問題

人を傷つける危険な人格がいる、犯罪者であるなどの偏見や、心が弱いために起こるという誤解、症状の存在自体を頑なに認めないなど、無理解や差別が実在している。
フィクションで面白おかしく取り上げられることも、実態の認知が進まないことや、架空の存在だと勘違いさせる大きな要因といわれている。

関連タグ

多重人格 二重人格 精神疾患 解離

pixivに投稿された作品 pixivで「解離性同一性障害」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 16975

コメント