ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

語源は2ちゃんねるの「メンタルヘルス板」の住民が「メンヘラー」と呼ばれた事で、「メンタルヘルス」の略称「メンヘル」に「2ちゃんねらー」等の動作主名詞「er」を合成した造語である。それが広まる過程でいつしか「メンヘラ」と伸ばさない形となり定着した。
「メンタルヘルス」とはその名の通り「mental(精神の)+health(健康)」という意味の英語であり、主に精神的な疲労、ストレス、悩みなどの軽減・緩和とそれへのサポートや、うつ病などの心の病気(精神疾患)の予防を目的とした場面で使われる。
「メンタルヘルス板」もまた、そうした事を語り合う場として開設され、利用者には当事者が多分に含まれていた。そのため、当初は「心の病気を患った人」自身が自称する事も多々ある言葉であった。

しかし、板外に広まってゆく過程で、既存の罵倒語である「キチガイ」を置き換える形で精神疾患に対する差別的な意味合いで用いられる事が多くなってゆく。2ちゃんねるそのものが煽り叩きが多発するアングラな環境でもあったため、ただでさえ精神的に弱っている「メンヘラ」はその格好のターゲットであるとも周知されていった。
もちろん、積極的に他者に害を為す「メンヘラ」がいないわけでもないが、ネット上では自分にとって不都合な相手へのレッテル貼りに用いたり、健常者が「荒らし」行為を行う口実に偽称したりするケースの方が圧倒的である。
そのため今日ではスラングの中でも特にイメージの悪い言葉の一つとなっており、むしろ精神疾患への不理解、偏見を助長しているのが現状である。同じ「メンヘラ」と言えども症状によって必要な措置が全く異なってくるという事もあり、原義の「メンタルヘルス板の住民」という意味合い以外の使用は避けるべきであろう。

もっとも、pixivにおいては比較的偏見が少なく、中立~理解を示す立場から「メンヘラ」を描いた作品や、「メンヘラ」自身が精神世界を表現した作品なども多く投稿されている。

「ヤンデレ」の引き立て役として

ネット一般では2010年前後になると、部分的に重なる概念として存在していた「ヤンデレ」の定義再編に絡んで、それまで以上に盛んに引き合いに出されるようになった。
萌え要素として理想化されてゆく「ヤンデレ」の負の側面を押し付けられる形で、「恋愛は寂しさを紛らわせるための手段」「「病み」自体誰かの気を惹くためのかまってちゃん」「気に食わない事があると自傷他害をチラつかせて脅す」といった自己中心的で攻撃的なイメージが喧伝されていった。
本来多様な「病み」の総称であったはずの「メンヘラ」は、「色情狂」や「自己愛性人格障害」を前提として捉えられる傾向が強まっている。
ごく一部では、「ヤンデレ」のリアル版→「メンヘラ」と認識している人もいる。これは、ヤンデレが主に架空のキャラクターに付与される萌え要素であるのに対し、メンヘラは現実の「病み」を抱えている人物やその性格傾向を指すという考えによるものである。実際には、ヤンデレ的傾向を持つ実在人物も、メンヘラの架空のキャラクターも存在する。

また、「ヤンデレ」は女性にも人気のある萌え要素であるものの、特に男性に人気である事から、ヤンデレの比較対象としてメンヘラ女性の(特に恋愛にまつわる)事例が取り上げられやすい傾向にある。そのため、「メンヘラ=女性」と一方的に決めつける意見もある。
例えばうつ病などの気分障害は、平成29年度の調査では女性の有病数が男性の2倍にもなる。ただし、これは病院で明確に診断がついた患者の数に基づくものなので、たまたま「受診した件数が多かったのが女性」である可能性も高い。令和元年の警視庁の調査では、男性の自殺者数は女性の2倍以上である。この中には、精神的な問題を抱えていながら、病院などに頼れず自死を選んだという人も少なからず含まれていると考えられる。
そのため、一概に「メンヘラ=女性」というわけではないといえる。

実際の恋愛トラブルにおいて、男女問わず「相手がおかしい」という理由立てがされることは十分あり得る。「ヤンデレ」の影響の有無にかかわらず、「メンヘラ」という言葉が「頭のおかしい恋愛体質」のような使い方がなされるようになるのは、時間の問題であったとも考えられる。

関連項目

厚生労働省・みんなのメンタルヘルス(外部リンク)
ネットスラング スラング 俗語 精神疾患 病み 自傷
ヤンデレ ヤンデル メルヘン ダークメルヘン
退廃的 鬱くしい 可哀い 病みかわいい 鈍色思い

関連記事

親記事

精神疾患 せいしんしっかん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「メンヘラ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 23060183

コメント