ピクシブ百科事典

刀々斎

とうとうさい

漫画『犬夜叉』に登場するキャラクター。(イラスト中央)

刀々斎(犬夜叉

声:八奈見乗児

妖怪の刀鍛冶。外見はよぼよぼの老人姿。
犬夜叉の父の依頼で、彼の牙から「鉄砕牙」「天生牙」を作った。
一見とぼけているが刀鍛冶としての腕は確かで、右に出るものはいない。
口から火を吹き、手にした金槌で地面から溶岩を出す。
普段は飄々としており面倒事をあまり好まない性格で直接戦闘に関わることは少ないが、妖怪としてもそれなりの戦闘能力を備えている。
猛々(もうもう)の、空を飛べる三つ目の牛を乗り物とし、普段は火山帯と思われる山中にある、巨大な魚の骨で出来た工房に住んでいるが、主に殺生丸の不興を買った時に引越しとして逃亡する。
かつて弟子(灰刃坊)がいたが、あまりに邪悪すぎて破門した。
奈落を斬れる刀は最強の刀だと回想しており、直接的な関係は持たなかったが奈落の実力を極めて高く評価している。

pixivに投稿された作品 pixivで「刀々斎」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2182

コメント