ピクシブ百科事典

宝仙鬼

ほうせんき

高橋留美子のマンガ・アニメ『犬夜叉』に登場する妖怪。
目次[非表示]

概要

高橋留美子のマンガ・アニメ『犬夜叉』に登場する妖怪
西国の沼に拠点を置き、長い年月をかけて宝玉を作るの大妖怪。
世襲制であり、作中には初代とその息子の二代目が登場する。

初代

CV:大友龍三郎

犬の大将の旧友。彼の頼みで、その墓所である「あの世とこの世の境」に繋がる宝玉「黒真珠」を作り、後にそれは大将の息子である半妖・犬夜叉の右目に秘匿されることになった。
後に犬夜叉はこの黒真珠を介して大将の墓所を訪れ、殺生丸との死闘の末に鉄砕牙を入手する。

晩年には四魂のかけらを入手するが、悪用防止のために自らの死と共にあの世へ持ち込み誰にも触れられないようにする。
そのような厳格な性格のため、かけらを求めてきた犬夜叉と激しい戦いを繰り広げるが、彼を認めて自身の骸を覆う金剛石の殻を鉄砕牙で斬らせ「金剛槍破」を託した。

二代目

CV:斎藤志郎
初代宝仙鬼の子。先代に比べれば温厚な性格で、「(2つ目の)黒真珠を作れ」という犬夜叉の高圧的な要求にも「作ることはやぶさかではないが、まだ修行中の身」と顔色を変えることなく応じている。

関連タグ

犬夜叉 犬夜叉(主人公) 日暮かごめ 殺生丸

関連記事

親記事

犬夜叉の妖怪一覧 いぬやしゃのようかいいちらん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「宝仙鬼」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 154

コメント