ピクシブ百科事典

鉄砕牙

てっさいが

高橋留美子の漫画『犬夜叉』の主人公・犬夜叉の武器。
目次[非表示]

鉄砕牙とは、犬夜叉(主人公)の武器である妖刀である。

概要

犬夜叉の父刀々斎に頼んで自分のとして鍛えたもの。
犬夜叉の父の墓にある彼の骸の中の空洞に安置されていた。

見た目はただのみすぼらしい錆び刀だが、犬夜叉が触れることで鍔が白毛で覆われた立派な片刃の大剣へと変化する。
元々は犬夜叉の母親を守るための刀であり、人を慈しむ心がなければ決して扱うことはできない。そのため、犬夜叉以外の者が触れてもただの錆び刀でしかない。しかし殺生丸が無理矢理使ったこともあり、その際の風の傷は犬夜叉とは比較にならないほどの破壊力を発揮した。

その力は「一振りで百の妖怪を蹴散らす」と言われる。
自分の妖気と相手の妖気のぶつかる狭間を斬ることで、強烈な衝撃波「風の傷」を放つことが可能。(竜骨精との戦いを経て、常に風の傷が鉄砕牙を纏うようになりいつでも放つことが可能になった)
斬撃のような複数の衝撃波を飛ばすのが基本的だが、空中に発射すると竜巻のような攻撃にもなる。

さらに応用で、相手の放った妖気による攻撃を巻き込んで撃ち返す必殺の奥義『爆流破』を放つことができる。
ほかにも、犬夜叉の妖怪化を抑える波長が出ているらしい。また鞘自体もかなり頑丈で、鉄砕牙を手元から弾かれたときはこれで防いだことが幾度かあるほか、鞘と刀の共鳴を利用して鉄砕牙を手元に呼び戻すことも可能。

最大の特徴は斬ったものの妖気を吸収する能力で、これにより「風の傷」だけでなく、吸収した妖気の特徴を持つ斬撃を放つことが可能となる。

無敵ではなく、一度折られた。その際は、犬夜叉自らの牙を繋ぎに打ち直されたが、犬夜叉は己の力を超えられなかったためにまともに振るえないほど重い鈍器になった。そのため、犬の大将を超えるために竜骨精を倒しにいった。

鉄砕牙の吸収技

結界破りの赤い鉄砕牙

半妖の少女・紫織の持つ「血玉珊瑚」を斬ったことで修得。
刀身が赤く輝き、並大抵の結界ならば易々と斬り裂くことが可能となる。
ただ、奈落の防御結界対策で修得したにもかかわらずそのすぐ後の戦闘では風の傷で結界を斬ることには成功するものの奈落は逃走、白霊山での再戦では奈落が新生奈落として強化再生を遂げていたため使われる機会には恵まれなかった。

金剛槍破(こんごうそうは)

宝仙鬼の金剛石の外殻を斬ったことで修得。刀身が水晶のように変化し、衝撃波の代わりに無数の金剛石のを相手に向かって放つ。非常に攻撃力が高く、『結界破りの赤い鉄砕牙』と組み合わせて強力な結界をも打ち貫くことも可能。劇中でも風の傷と並んで主力の技として多用された。しかし、この強力さに目をつけられ物語終盤では奈落や魍魎丸に吸収されて利用されることも多かった。
映画オリジナル技として金剛槍破形態で放つ爆竜破「金剛爆流破」も存在する。

竜鱗の鉄砕牙(りゅうりんのてっさいが)

刀鍛冶の刀秋が鍛えた妖刀・奪鬼を砕いたことで修得。
刀身に模様が浮き出て、妖怪の急所にして力の源である「妖穴」を斬ることができるようになる。斬られた相手は即死に至る。(強力な能力だが無数の妖怪の集合体である奈落や魍魎丸には効果が薄い)
最初はただ相手の妖気を吸収する能力しか発揮できず、妖気の逆流によるダメージで犬夜叉には扱えなかったが、二枯仙を斬ったことにより仙気で妖気の逆流をある程度抑えることができるようになる。(奈落の差し金によるものなので犬夜叉自身は自分で会得したものではないと納得していなかったが)その後、刀々斎に紹介された妖霊大聖の修行を受けることで妖穴斬りを会得。さらに妖霊大聖の妖穴を斬った事で妖気の逆流も完全に克服した。

冥道残月破

殺生丸天生牙から吸収。
刀身が闇色の輝きを帯び、次元の壁を斬り裂いて冥道(冥界への扉)を開いて敵をそのまま冥道へ葬り去る大技。
当初は殺生丸の同技と同じものだったが、奈落との最終決戦時には三日月状の無数の斬撃波へと変化している。(通称・冥道斬月破)

関連タグ

犬夜叉 犬夜叉の父 刀々斎
犬夜叉(主人公) 武器 大剣 妖刀 天生牙

関連記事

親記事

犬夜叉(主人公) いぬやしゃ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「鉄砕牙」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 544827

コメント