2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「魂……ちょうだい……。」

「自由……?」

概要

声:ゆかな
第一妖怪・神無
奈落から生まれた「無」の分身であり長女
人間換算10歳。星印はうお座。

妖怪でありながら妖力も気配もなく、匂いもしない。
※妖気という気配が無いだけであり、妖力自体は存在している。
常にを持っている(35~45巻までは鏡ではなく赤子を抱いている)。
敵の力を鏡で映し取る能力を持ち、対峙した敵が強ければ強い程に神無も強大となる。
その体には血が流れておらず、肉体は手に持つ鏡のように無機質であり、体を傷つけられても痛みを全く感じない。
非常に強い妖力を持っており、その妖力は白霊山編より前に生み出された分身の中では最も強力である。妖気という気配を発する事なく持前の妖力を駆使する事で、十分な戦闘を行う事ができる。

最初期の分身でありながら、時として7人の分身中、最強の戦闘力を発揮する。

性格

「無」の分身らしく意思・感情も希薄であり表情に表さない。自律心を抑制されているため、反抗しまくる分身達の中でただ一人、奈落に対しても従順だった。
奈落もそれを理解しており、自身の心臓である赤子を常に預けるほどに彼女を信用していた。
奈落はそんな彼女を「何も感じない。痛みも恐れも悲しみも……」「ましてや情けなどかけたところで、その意味すらわからない……」と切り捨てていたが...?

能力

鏡を媒介にしてあらゆる妖術を用いる。
鏡には神無の妖力が蓄えられており、あらゆる妖術を行使する媒介に使われたが、本来はただの鏡である。
戦う相手によっては、最高位の分身赤子をも上回り、敵が強ければ強いほど力を増す合わせ鏡の性質を持っていた。
そのため、序盤こそ大きな脅威とはならなかったが、犬夜叉が成長し鉄砕牙が強大化していくと共に神無もまた絶大な力を発揮するようになった。

  • 吸魂
鏡に映した相手の魂を吸い取る事ができ、魂を奪った相手をある程度操る事ができる。
そのまま殺害することも可能。
しかし、鏡に吸い込める魂には許容量があり、かごめのような巨大な魂を持つ相手に対しては決定打にはなり得なかった。
  • 反射
鏡に映した相手の攻撃を跳ね返す。作中では珊瑚の飛来骨や犬夜叉が放った風の傷を跳ね返し、彼に重症を負わせた。
ただし、これを披露したのは最初だけで、終盤でも犬夜叉の技を跳ね返せたのかは不明。
  • 鏡の影
敵を鏡の影で覆い、鏡武者の肉体の中心部から発生させた斬撃を神無を経由して鏡の影に囚われた敵に送り込む。結果、敵は鏡の影に降り注ぐ斬撃を無制限に受け続ける事になる。
カウンターが主体となる神無が自ら攻撃に出る珍しい術である。
鏡の影は敵を自動で追尾するため、神無はその場から動くこともなく敵を斬撃で攻撃し続ける。神無が放つ斬撃の威力は凄まじく、妖怪化した犬夜叉も大きな手傷を負い、鉄砕牙もその攻撃を受け続けると破損した。しかし技の威力が高すぎる上、神無本人の肉体が脆弱であるため、敵がこの技をこらえると、斬撃の衝撃が鏡の影と繋がっている神無本人にも伝わってしまい、神無もダメージを負ってしまうという欠点を持つ。

鏡の妖

Ominous Reflection


神無が扱う妖術の一つ。
手に持っている鏡を妖怪に変化させ使役する。鏡の妖は神無が持つ複写能力の塊のような存在であり、ただ相対するだけで敵から妖力を奪い去る。
体の中央には斬撃を発生させる穴が空いており、神無が発生させた鏡の影に直接斬撃を送り込んで攻撃する事もできた。
鏡の妖が受けたダメージは自動的に神無へ転送され、神無が息絶えない限りは鏡の妖も不死身である。

来歴

15巻から登場していたが、48巻では奈落の命令でついに鏡の妖を解放し、犬夜叉と激突。
強化に次ぐ強化で凄まじい武器と化していた鉄砕牙の能力を鏡の妖を介して映し取り、鉄砕牙の能力を使えなくなった犬夜叉を変化させるまでに追い詰めるが鏡の妖のダメージを自らが肩代わりすることで体中がボロボロになり戦闘不能に。
最後は犬夜叉達の道連れを狙う奈落によって強制的に自爆させられ、跡形もなく爆死してしまった。死に際にはかごめに「光が奈落を殺す」という言葉を残し、汚れた四魂の玉の中にある一点の光を見せた。

奈落に従順とは言い難かった他の分身(夢幻の白夜は除く)と違い、最後の最後まで奈落を裏切りこそしなかったが、一方で妹である神楽の死には神無なりに思うところがあった。吹き抜けた風に亡き神楽を思い浮かべたり、アニメでは決戦前に彼女の形見である扇子を拾った際には「神楽、風になれた…?自由を手に入れた?私は…私には、私には何もない…」と言い扇子を水葬するなど、「無」の分身でありながら「心」があるような発言をしている。

追記

作者はワイド版20巻のインタビューで「全ての従順さを神無が全て持って行った。結果、後の連中はみんな奈落に逆らう図式になりました。」と発言している。つまり、奈落は自分への従順さを全て込めた分身を最初に生み出してしまったのである。

関連イラスト

【イラリク】お か え り
神無



関連タグ

犬夜叉 奈落(犬夜叉)

関連記事

親記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「神無」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「神無」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1578784

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました