ピクシブ百科事典

自己愛性人格障害

じこあいせいじんかくしょうがい

自己愛性パーソナリティ障害とは、ありのままの自分を愛することができず、自分は優秀で特別で偉大な存在でなければならないと思い込むパーソナリティ障害の一類型である。
目次[非表示]

概要

一見「自分が大好きな人」のように思えるが、根底では「ありのままの自分を愛せない」障害である。
心の底には強い劣等感、コンプレックス、自己無価値感が渦巻いており、「自分は万能で特別な存在だと思い込む」「他者から肯定的に評価される」「優越感を得るため身近な弱者を貶め見下す(モラハラ等)」ことで精神を維持している。

下記の特徴が一致する事から毒親が毒親たらしてめている元凶である精神疾患の一つと言える。

特徴(一例)

  • 第一印象はとにかく良いが、表面的で主張がコロコロ変わる
  • 本能で生きており、特有の行動パターンをとる
  • 漠然とした快・不快で人を判断しており、グレーゾーンの考えが無い
  • 創造性・個性に乏しく、中身の無い劣化コピーのような物真似をする
  • 一人の時間を楽しむような趣味が無く、あっても知識が浅かったり長続きしない
  • 上下関係や支配関係を作りたがり、長い付き合いの対等な友達がほとんど居ない
  • 共感性が低く、自分と違う価値観や個性を受け入れられない
  • 完璧な自分の虚像をおびやかす者は、優秀な人間であっても許せない


注)罹患者がこのすべてに該当するとは限らず、このすべてに該当するように見えたとしても罹患者とは限らない。安易な決めつけはしてはならない

原因とされる要素

片や無関心・暴力的な親、片や過保護・支配的な親という家庭で育ち、ありのままの自分は無条件で愛されないという自己無価値感に苛まれる事が原因とされる。
幼い頃に充分子供らしくいることが許されず、親の望むよい子を演じなければ捨てられてしまうという恐怖から、表面上は完璧な人間を演じるようになる。
そのため、幼少期は手のかからない子供であり、反抗期も無く親孝行な子供にはなるものの、親以外の誰かがそのツケをおっ被る破目になる。

成長過程で自己無価値感を克服することで治っていく事もあるが、コンプレックスを解消できないまま成人期を迎えると人格障害として確定する。

関連タグ

精神疾患
モラルハラスメント パワーハラスメント 毒親 アダルトチルドレン サイコパス
完璧超人
境界性人格障害…一部類似する症状がある疾患。当然併発している者も少なくない

外部リンク

自己愛性パーソナリティ障害(Wikipedia)
ナルシシズム(Wikipedia)

pixivに投稿された作品 pixivで「自己愛性人格障害」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 98210

コメント