ピクシブ百科事典

自己愛性人格障害

じこあいせいじんかくしょうがい

ありのままの自分を愛することができず、自分は優秀で特別で偉大な存在でなければならないと思い込み、他者に対しても高圧的・攻撃的に接してしまうパーソナリティ障害の一類型である。
目次[非表示]

概要

自己愛性パーソナリティ障害とも。

ごく簡単に言えば、一見「自分が大好きな人」のように思えるが、根底では「ありのままの自分を愛せない」障害である。

自分の能力や容姿、出自や持ち物などを誇示し、優越感に浸っているように見える一方で、心の底には強い劣等感、コンプレックス、自己無価値感が渦巻いている。そのため、「自分は万能で特別な存在だと思い込む」、「他者から肯定的に評価されることを要求する」、「優越感を得るため身近な弱者を貶め見下す(パワハラモラハラ)」などの行動をとることで精神の均衡を保っている。
いわゆるナルシスト(ナルシシズム)の一つの形であるが、一般にナルシストと聞いてイメージされるような「自分が大好きなため自分以外のものに興味がない」というわけではなく、「他者から見られる自分に自信がないため、虚勢を張っている」状態であると言える。

自己愛性人格障害の人は、何らかの要因でありのままの自分に自信がなく、「自分はありのままでも周囲から認められ、愛されている」と感じることができないほど精神的な余裕がない。
表面的なプライド(自尊心)は非常に高いが、一方で非常に傷つきやすい。そのため他者に少しでも見下された、攻撃されたと感じるとひどく落ち込んでしまったり、過剰に攻撃的になってしまったりする。
他者を見下すような言動も、基本的には弱いありのままの自分を見られる恐怖により、自分の価値観を正当化しようという考えからくるものである。

基準

アメリカの診断基準であるDSM-IV-TRによれば、以下の基準により障害かが判断される。

誇大性(空想または行動における)、賛美されたい欲求、共感の欠如の広範な様式で、成人期早期までに始まり、種々の状況で明らかになる。以下のうち5つ(またはそれ以上)によって示される。

  1. 自分が重要であるという誇大な感覚(例:業績や才能を誇張する、十分な業績がないにもかかわらず優れていると認められることを期待する)
  2. 限りない成功、権力、才気、美しさ、あるいは理想的な愛の空想に囚われている。
  3. 自分が “特別” であり、独特であり、他の特別なまたは地位の高い人達(または団体)だけが理解しうる、または関係があるべきだ、と信じている。
  4. 過剰な賛美を求める。
  5. 特権意識(つまり、特別有利な取り計らい、または自分が期待すれば相手が自動的に従うことを理由もなく期待する)
  6. 対人関係で相手を不当に利用する(すなわち、自分自身の目的を達成するために他人を利用する)。
  7. 共感の欠如:他人の気持ちおよび欲求を認識しようとしない、またはそれに気づこうとしない。
  8. しばしば他人に嫉妬する、または他人が自分に嫉妬していると思い込む。
  9. 尊大で傲慢な行動、または態度

上記の診断基準とは別に、罹患者が持つ言動の特徴には以下のようなものが挙げられる。
  • 第一印象は良いが、思想は表面的で主張がコロコロ変わる
  • 衝動的かつ感情的な言動
  • 漠然とした快・不快で人や物事を判断しており、時に極端な行動をとる
  • 理想が非常に高く、空想家である
    • しかし創造性・個性に乏しく、他人の物真似に終始してしまうことも多い
  • 孤独を嫌うが、友人間でも上下関係や支配関係を作りたがり、長い付き合いの対等な友達がほとんど居ない
  • 共感性が低く、自分と違う価値観や個性を受け入れられない
  • 完璧な自分の虚像をおびやかす者は、優秀な人間であっても許せない
  • 恥をかくような場面を極端に嫌い、プライドが傷つくことを受け入れられない
  • 被害妄想、加害妄想のどちらも抱えている

注)罹患者がこのすべてに該当するとは限らず、このすべてに該当するように見えたとしても罹患者とは限らない。安易な決めつけはしてはならない。

原因となる要素

発症にはさまざまな要素があるが、物事に過剰に敏感であるというような生まれ持った性格傾向に加え、生育環境や家族との関係、成功体験やそれによる賛美の経験などが影響すると考えられている。

とくに、毒親虐待など家族関係に恵まれないことも大きな要因となる。
片や無関心・暴力的な親、片や過保護・支配的な親という家庭で育ち、幼い頃に充分子供らしくいることが許されず、親の望むよい子を演じなければ見捨てられてしまうという恐怖から、表面上は完璧な人間を演じようとする。しかし、そうやって親から注目されることで、余計にありのままの自分は無条件で愛されないという自己無価値感に苛まれてしまう。

成長過程で自己無価値感を克服することで治っていく事もあるが、コンプレックスを解消できないまま成人期を迎えると人格障害として確定する。

上記に加え、(本来の成果や実力よりも)周囲から非常に高く評価され、賛美を受けることで、自分の能力の正当性に自信を無くし、不安を感じるような体験をした人なども発症しやすいと考えられている。


治療

一般的には心理療法(行動療法など)が治療に用いられる。

他のパーソナリティ障害や精神疾患を併発することも少なくない。
例えば境界性人格障害演技性人格障害は一部の症状が類似しており、療法も共通するものが用いられることがある。また、幼少期に保護者から十分な愛情を受けられず、適切なコミュニケーションを身につけられなかったことによる愛着障害を抱えている人もおり、愛着障害が原因でパーソナリティに影響を及ぼしていると考えられる。

抑うつや強い不安を抱えている人も多いため、うつ病や不安障害を発症したり、薬物などの依存症になったり、更に、元々の「自分の思い描く理想通りにならなくてはならない」という性質から強迫性障害(潔癖症など)を発症することも見られる。
抑うつなどの症状には抗不安剤や向精神薬といった薬物による療法が用いられるが、基本的には医師との対話や行動のトレーニングによる療法がメインとなる。

関連タグ

精神疾患
モラルハラスメント パワーハラスメント 毒親 アダルトチルドレン
完璧超人 理想主義 コミュ障
境界性人格障害…一部類似する症状があるパーソナリティ障害。当然併発している者も少なくない
ソシオパス…反社会性パーソナリティ障害のうち、幼少期の生育環境などに影響されて発症するもの

外部リンク

自己愛性パーソナリティ障害(Wikipedia)
ナルシシズム(Wikipedia)
MSDマニュアル 自己愛性パーソナリティ障害

関連記事

親記事

精神疾患 せいしんしっかん

兄弟記事

コメント