ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴
他人からやる気やポジティブな気持ちを吸収するような人。

概要

概要

相手の気力自信生命力などを奪い、自分のエネルギーにしようとする人間のこと。より簡単に「一緒にいると疲れるタイプの人」と表現されることもある。

相手のポジティブなエネルギーを強奪する様子が吸血鬼が人間の血を吸い取る行動と似ていることから、英語圏を中心にこう呼ばれ始めた。ただし、英語では「psychic vampire」(直訳すると「精神的な吸血鬼」)と呼ばれることも多い。


スピリチュアル自己啓発などの界隈で多く使われているワードであり、現在精神医学や心理学上の概念として明確に定義する文献は存在しない。ただし、エナジーバンパイアとされる人を形容するパーソナリティや、エナジーバンパイアの被害についてはある程度学術的な根拠を持って語られることがある(※エナジーバンパイアの言動から各種のパーソナリティ障害と推測したり、その被害については適応障害などストレス性の心身の不調と関連づけられたり、といった例が挙げられる)。


特徴

特徴

エナジーバンパイアとされる人物は、高圧的で自己主張が強く、利己的な言動をとる。例えば、自分が気に入らないから、という理由で他人への悪口を大っぴらに言ったり、相手を見下して利用したりといったことが挙げられる。また、中には倫理や常識に欠けていて、正論を後ろ盾にタブーに触れる、相手の言動に対して直接的な人格攻撃を行うようなタイプもいる。

対外的には正義感が強い、合理的と評価されていても、実際には相手の気持ちやその場の状況を考えず「自分ルール」を押し付ける、自分勝手な人物であることも少なくない。自分のメンツにこだわり、相手を大した理由なく威圧したり、自分や自分の関係者の能力・成績を誇示して脅迫したりといった権威主義的な姿勢が見られることもある。被害妄想が強く、少し相手に悪く言われたと感じただけで過剰に反撃してくる人物もいる。

またいわゆる「構ってちゃん」的な人物であることも多い。相手に好意的に振る舞っていたとしても、大したことでもないのにやたらと頼ってくるなど、ありとあらゆる場面で依存してくることで相手を追い詰めていく。自分に注目して欲しいという考えから、虚実入り混じった過激な言動(過剰な自己アピール、不幸自慢など)を繰り返し、「自分が不幸になったのはあいつのせい」と周りを下げるような発言をすることもある。

エナジーバンパイアは、自分が周りのエネルギーを吸いとり、振り回していることに無自覚であることも少なくない。もちろん自覚的に相手を追い詰め、自分の意のままに動かそうとしているような人物もいる。


エナジーバンパイアの標的となった人、また周りにいる人は、その自分勝手で攻撃的な言動に振り回されることになり、精神的にストレスを受け、じわじわと疲弊していくこととなる。その人と一緒に過ごすことで不快感や疲労を覚える、といった気分の問題だけでなく、不眠食欲不振吐き気といった、ストレスが原因の体調不良に見舞われるようなこともある。


実例

実例

いじめ虐待の加害者

相手を思いやる心が欠けており、「満足感を得るためなら相手を踏みにじっても構わない」と思っている。

サイコパスソシオパス

普段は他人への悪口や見下した言動が多いという特徴からも分かるように、サイコパス(ソシオパス)とエナジーバンパイアを掛け持ちしている例も多い。特に正論を巧みに操って相手を攻撃するやり方は頭がよくなくては出来ないため、必然的にこのタイプは高学歴が多いという点でも重複する。

カルト宗教の教祖

まず入信者の人格を否定し内面を空っぽにしたところから思想を植え付けていくのは、カルト宗教の常套手段である。かつてXJapanToshIは元妻の影響で半ばカルト宗教状態の自己啓発セミナーに傾倒し、自身のコンプレックスのアゴを自虐したり、自分の過去の音楽性や家族すら否定したりするような異常行動を繰り返していた。

なお、カルト宗教系でなくとも、自己啓発本の作者やセミナーの講師・企業研修の教官などには、これと同じもしくは類似した手法を用いる者がいる。


インターネット上のサービスについて

ネット環境が発達し、多くの人と場所や時間を問わずやり取りできるようになった一方で、それまでは出会うことがなかったであろうエナジーバンパイアに触れるような機会も増えることになった。また、インターネットを介して「エナジーバンパイア」という概念を知った人も多く、その存在が可視化されることとなった。

年齢や性別、出身、家庭環境、思想などが全く異なる人々が集うことになるため、自分や相手にとっての「当たり前」が必ずしも世間一般の常識とは限らない。そのため、中には「自分が100%正しく、間違っているものはどれだけ叩いてもいい」「自分の方が偉いので何をいってもいい」という思考を持っている、相手の状況を察せず無責任な言動をとる人物もいることとなる。

匿名性が高いサービスではとくにその傾向が強く、誹謗中傷や暴言などの荒らし行為という形で発現されることとなる。

仮に直接被害を受けなくても、エナジーバンパイアの問題行動を目にするだけで精神的に疲弊し、各サービスの利用をやめてしまう、という人も少なからずいる。


主な例は以下の通りである。

匿名掲示板の利用者

5ちゃんねる(旧:2ちゃんねる)など。各掲示板ごとにユーザーの傾向は分かれるため一概には言えないが、スレッドの流れが早ければ(ユーザーの数が多く、書き込みが多ければ)どうしても攻撃的な言動のユーザーも目立つこととなる。

SNSの利用者

ここでは、Twitterを例に紹介する。

  • 特定の団体・人間・商品などの悪口を複数回にわたって投稿する
  • 風評被害につながるような悪質なデマを流す
  • センセーショナルな写真・イラストなどの画像を制限なしに投稿する

さらに、これらの投稿内容は、リツイート(自分が見た投稿内容を他のユーザーに見せようとすること。)などのシステムにより拡散されていき、多数の人間の目に入ることが予想される。また、リプライやDMなどの機能を使って直接的にコメントを送ることが可能であるため、注目を浴びたいがために過激な投稿をして多数の人を振り回す有名人を集団で叩く、といったことを企む者が少なくない。

ミュート・ブロック等で自分自身の目につかないようにしていく、というのももちろん重要であるが、サービスそのものの規約違反となる行動も多いため、例えば目に余る暴言や特定ユーザーへの執拗な攻撃、デマの流布などの問題行動を確認した場合は運営への通報が有効となる。


チャットサービスなど

LINEなどのチャットサービスでは、一対一のトークとグループでのトークの両方を持つことができる。このため、例えば普段はグループで複数人と情報のやり取りをし、グループでは話しにくいような個人的な相談は個別チャットで行う、といった使い分けができる。

しかし、グループ内で気に食わない人物を個別チャットで告げ口する、グループ外で口裏合わせして特定の人間を叩いたり、疎外したりする、といったいじめが行われやすい状況になったともいえる。


ネット記事など

まとめ記事、ブログ、ネットニュースなどにおいて、広告収入を得る、特定の人間・集団の足を引っ張る、ビューを集めるなどの目的で、過激な内容の記事を書く者も少なくなく、タイトルを見るだけで精神的にショックを受ける、検索妨害、デマの流布などの問題が起こりうる。

さらに、その記事に反応するコメントでも同様の人物がいる。

また、本ピクシブ百科事典をはじめとする各種wikiサイトなどでも、個人の見解の押し付け、自作自演での宣伝や対象を持ち上げるために他者を貶める発言、過激な表現やデマの流布、記事コメント欄や個別メッセージを利用しての他ユーザーへの威圧・妨害行為などの問題行動が見られるユーザーはおり、これらをエナジーバンパイアと見做す人も多い。


その他にも、Amazonなどの通販サイト、AppStoreGooglePlayなどアプリストアのレビュアーで、購入していないのに悪評を投稿する、商品のレビューではなく配送業者や販売業者に対するクレームを投稿する、といった者もいる。

また、Yahoo!知恵袋に代表される質問サイトや、Youtube、ニコニコ動画などの動画サイトにおいても、誹謗中傷や釣りなどの目的で問題行動を繰り返すエナジーバンパイア的な振る舞いの人がいることがある。


基本無料で利用できる、匿名性が高いサイトに比較的多いとされるが、購入者限定でレビュー投稿ができる楽天市場などの通販サイト、ヤフオク!メルカリといった個人出品を中心とするオークション・フリマサイト(※現在は利用無料であるが、取引には手数料が発生するため実質的には有料と同じである)、Facebookのように実名利用が前提となっているサービスにも当然おり、あくまで母数として多いので目立ちやすいといえる。

そもそも、大前提として現実のやりとりでそのような人がいるとされる以上、インターネット上の特定のサイトに限った話ではない。あくまで上記に挙げたのは一例である。


対策

対策

距離を置く

相手と親密にならないことが、有効な手段である。

もし、相手が縁の切れない親族や仕事などのために付き合う必要のある人間である場合は、可能な限り会う機会を減らし、距離を近づけなようにしたい。

傾聴しない

真摯に相手の話を聞き入れてしまうとエネルギーを奪われるので、「どうしても理解できない人間はいる」と割り切り、話を聞き流した方がいい。

どうしても付き合わないといけない相手の話には、相槌は打ちつつも、前のめりにならず、同調や共感を示さないようにしよう。チャンスを見計らって話題を変えるのもいいだろう。


エナジーバンパイアと見られる架空の人物

エナジーバンパイアと見られる架空の人物

前野蜜也月刊少女野崎くん

劇中において「漫画業界の闇」を体現した人物。自他もとに認めるイケメンだが、人の迷惑を考えない自己中で、仕事を平気でさぼり、自分の担当作品のキャラクターを一人も覚えず、だれでも言えるような意見しか言わず、そのくせ何かうまくいくとそれはすべて自分の手柄だと吹聴している。

中井ルミン怖いトモダチ

劇中におけるキーパーソン。おっとりとした雰囲気とあたたかい言葉で人々を照らす人気エッセイストだが……

立花ノアあなたは私におとされたい

巷で有名のインフルエンサー兼OL。証券会社のダイヤ証券に配属されて以来、職場をひっかきまわしている。

ユートピア・ドーパント/加頭順仮面ライダーW

『理想郷』の名を冠した、一方的な思想などで統制・管理された世界とその作り主=支配者の記憶を宿す怪人とその変身者(※実例のカルト宗教も、内面を破壊した人間を操り易くする方便として理想郷の思想(=支配者のエゴ)を吹き込むのを常套手段とする)。「他者から生きる希望をエネルギーとして搾取、自分の資源として横領する」という、エナジーバンパイアを物理現象化させたような固有能力を持つが、それにより一方的な恋心を持っていた相手を身勝手な判断で殺害する暴挙にも走った。


関連タグ

関連タグ

毒親 ブラック企業 マッチポンプ サークルクラッシャー

自己愛性人格障害-エナジーバンパイアと呼ばれる人に近い振る舞いをすると考えられている。

サイコパスソシオパス)、マキャベリスト-目的のためなら手段を選ばない人、他人を思い遣らず自分の意のままに振る舞おうとする人のこと。

概要

概要

相手の気力自信生命力などを奪い、自分のエネルギーにしようとする人間のこと。より簡単に「一緒にいると疲れるタイプの人」と表現されることもある。

相手のポジティブなエネルギーを強奪する様子が吸血鬼が人間の血を吸い取る行動と似ていることから、英語圏を中心にこう呼ばれ始めた。ただし、英語では「psychic vampire」(直訳すると「精神的な吸血鬼」)と呼ばれることも多い。


スピリチュアル自己啓発などの界隈で多く使われているワードであり、現在精神医学や心理学上の概念として明確に定義する文献は存在しない。ただし、エナジーバンパイアとされる人を形容するパーソナリティや、エナジーバンパイアの被害についてはある程度学術的な根拠を持って語られることがある(※エナジーバンパイアの言動から各種のパーソナリティ障害と推測したり、その被害については適応障害などストレス性の心身の不調と関連づけられたり、といった例が挙げられる)。


特徴

特徴

エナジーバンパイアとされる人物は、高圧的で自己主張が強く、利己的な言動をとる。例えば、自分が気に入らないから、という理由で他人への悪口を大っぴらに言ったり、相手を見下して利用したりといったことが挙げられる。また、中には倫理や常識に欠けていて、正論を後ろ盾にタブーに触れる、相手の言動に対して直接的な人格攻撃を行うようなタイプもいる。

対外的には正義感が強い、合理的と評価されていても、実際には相手の気持ちやその場の状況を考えず「自分ルール」を押し付ける、自分勝手な人物であることも少なくない。自分のメンツにこだわり、相手を大した理由なく威圧したり、自分や自分の関係者の能力・成績を誇示して脅迫したりといった権威主義的な姿勢が見られることもある。被害妄想が強く、少し相手に悪く言われたと感じただけで過剰に反撃してくる人物もいる。

またいわゆる「構ってちゃん」的な人物であることも多い。相手に好意的に振る舞っていたとしても、大したことでもないのにやたらと頼ってくるなど、ありとあらゆる場面で依存してくることで相手を追い詰めていく。自分に注目して欲しいという考えから、虚実入り混じった過激な言動(過剰な自己アピール、不幸自慢など)を繰り返し、「自分が不幸になったのはあいつのせい」と周りを下げるような発言をすることもある。

エナジーバンパイアは、自分が周りのエネルギーを吸いとり、振り回していることに無自覚であることも少なくない。もちろん自覚的に相手を追い詰め、自分の意のままに動かそうとしているような人物もいる。


エナジーバンパイアの標的となった人、また周りにいる人は、その自分勝手で攻撃的な言動に振り回されることになり、精神的にストレスを受け、じわじわと疲弊していくこととなる。その人と一緒に過ごすことで不快感や疲労を覚える、といった気分の問題だけでなく、不眠食欲不振吐き気といった、ストレスが原因の体調不良に見舞われるようなこともある。


実例

実例

いじめ虐待の加害者

相手を思いやる心が欠けており、「満足感を得るためなら相手を踏みにじっても構わない」と思っている。

サイコパスソシオパス

普段は他人への悪口や見下した言動が多いという特徴からも分かるように、サイコパス(ソシオパス)とエナジーバンパイアを掛け持ちしている例も多い。特に正論を巧みに操って相手を攻撃するやり方は頭がよくなくては出来ないため、必然的にこのタイプは高学歴が多いという点でも重複する。

カルト宗教の教祖

まず入信者の人格を否定し内面を空っぽにしたところから思想を植え付けていくのは、カルト宗教の常套手段である。かつてXJapanToshIは元妻の影響で半ばカルト宗教状態の自己啓発セミナーに傾倒し、自身のコンプレックスのアゴを自虐したり、自分の過去の音楽性や家族すら否定したりするような異常行動を繰り返していた。

なお、カルト宗教系でなくとも、自己啓発本の作者やセミナーの講師・企業研修の教官などには、これと同じもしくは類似した手法を用いる者がいる。


インターネット上のサービスについて

ネット環境が発達し、多くの人と場所や時間を問わずやり取りできるようになった一方で、それまでは出会うことがなかったであろうエナジーバンパイアに触れるような機会も増えることになった。また、インターネットを介して「エナジーバンパイア」という概念を知った人も多く、その存在が可視化されることとなった。

年齢や性別、出身、家庭環境、思想などが全く異なる人々が集うことになるため、自分や相手にとっての「当たり前」が必ずしも世間一般の常識とは限らない。そのため、中には「自分が100%正しく、間違っているものはどれだけ叩いてもいい」「自分の方が偉いので何をいってもいい」という思考を持っている、相手の状況を察せず無責任な言動をとる人物もいることとなる。

匿名性が高いサービスではとくにその傾向が強く、誹謗中傷や暴言などの荒らし行為という形で発現されることとなる。

仮に直接被害を受けなくても、エナジーバンパイアの問題行動を目にするだけで精神的に疲弊し、各サービスの利用をやめてしまう、という人も少なからずいる。


主な例は以下の通りである。

匿名掲示板の利用者

5ちゃんねる(旧:2ちゃんねる)など。各掲示板ごとにユーザーの傾向は分かれるため一概には言えないが、スレッドの流れが早ければ(ユーザーの数が多く、書き込みが多ければ)どうしても攻撃的な言動のユーザーも目立つこととなる。

SNSの利用者

ここでは、Twitterを例に紹介する。

  • 特定の団体・人間・商品などの悪口を複数回にわたって投稿する
  • 風評被害につながるような悪質なデマを流す
  • センセーショナルな写真・イラストなどの画像を制限なしに投稿する

さらに、これらの投稿内容は、リツイート(自分が見た投稿内容を他のユーザーに見せようとすること。)などのシステムにより拡散されていき、多数の人間の目に入ることが予想される。また、リプライやDMなどの機能を使って直接的にコメントを送ることが可能であるため、注目を浴びたいがために過激な投稿をして多数の人を振り回す有名人を集団で叩く、といったことを企む者が少なくない。

ミュート・ブロック等で自分自身の目につかないようにしていく、というのももちろん重要であるが、サービスそのものの規約違反となる行動も多いため、例えば目に余る暴言や特定ユーザーへの執拗な攻撃、デマの流布などの問題行動を確認した場合は運営への通報が有効となる。


チャットサービスなど

LINEなどのチャットサービスでは、一対一のトークとグループでのトークの両方を持つことができる。このため、例えば普段はグループで複数人と情報のやり取りをし、グループでは話しにくいような個人的な相談は個別チャットで行う、といった使い分けができる。

しかし、グループ内で気に食わない人物を個別チャットで告げ口する、グループ外で口裏合わせして特定の人間を叩いたり、疎外したりする、といったいじめが行われやすい状況になったともいえる。


ネット記事など

まとめ記事、ブログ、ネットニュースなどにおいて、広告収入を得る、特定の人間・集団の足を引っ張る、ビューを集めるなどの目的で、過激な内容の記事を書く者も少なくなく、タイトルを見るだけで精神的にショックを受ける、検索妨害、デマの流布などの問題が起こりうる。

さらに、その記事に反応するコメントでも同様の人物がいる。

また、本ピクシブ百科事典をはじめとする各種wikiサイトなどでも、個人の見解の押し付け、自作自演での宣伝や対象を持ち上げるために他者を貶める発言、過激な表現やデマの流布、記事コメント欄や個別メッセージを利用しての他ユーザーへの威圧・妨害行為などの問題行動が見られるユーザーはおり、これらをエナジーバンパイアと見做す人も多い。


その他にも、Amazonなどの通販サイト、AppStoreGooglePlayなどアプリストアのレビュアーで、購入していないのに悪評を投稿する、商品のレビューではなく配送業者や販売業者に対するクレームを投稿する、といった者もいる。

また、Yahoo!知恵袋に代表される質問サイトや、Youtube、ニコニコ動画などの動画サイトにおいても、誹謗中傷や釣りなどの目的で問題行動を繰り返すエナジーバンパイア的な振る舞いの人がいることがある。


基本無料で利用できる、匿名性が高いサイトに比較的多いとされるが、購入者限定でレビュー投稿ができる楽天市場などの通販サイト、ヤフオク!メルカリといった個人出品を中心とするオークション・フリマサイト(※現在は利用無料であるが、取引には手数料が発生するため実質的には有料と同じである)、Facebookのように実名利用が前提となっているサービスにも当然おり、あくまで母数として多いので目立ちやすいといえる。

そもそも、大前提として現実のやりとりでそのような人がいるとされる以上、インターネット上の特定のサイトに限った話ではない。あくまで上記に挙げたのは一例である。


対策

対策

距離を置く

相手と親密にならないことが、有効な手段である。

もし、相手が縁の切れない親族や仕事などのために付き合う必要のある人間である場合は、可能な限り会う機会を減らし、距離を近づけなようにしたい。

傾聴しない

真摯に相手の話を聞き入れてしまうとエネルギーを奪われるので、「どうしても理解できない人間はいる」と割り切り、話を聞き流した方がいい。

どうしても付き合わないといけない相手の話には、相槌は打ちつつも、前のめりにならず、同調や共感を示さないようにしよう。チャンスを見計らって話題を変えるのもいいだろう。


エナジーバンパイアと見られる架空の人物

エナジーバンパイアと見られる架空の人物

前野蜜也月刊少女野崎くん

劇中において「漫画業界の闇」を体現した人物。自他もとに認めるイケメンだが、人の迷惑を考えない自己中で、仕事を平気でさぼり、自分の担当作品のキャラクターを一人も覚えず、だれでも言えるような意見しか言わず、そのくせ何かうまくいくとそれはすべて自分の手柄だと吹聴している。

中井ルミン怖いトモダチ

劇中におけるキーパーソン。おっとりとした雰囲気とあたたかい言葉で人々を照らす人気エッセイストだが……

立花ノアあなたは私におとされたい

巷で有名のインフルエンサー兼OL。証券会社のダイヤ証券に配属されて以来、職場をひっかきまわしている。

ユートピア・ドーパント/加頭順仮面ライダーW

『理想郷』の名を冠した、一方的な思想などで統制・管理された世界とその作り主=支配者の記憶を宿す怪人とその変身者(※実例のカルト宗教も、内面を破壊した人間を操り易くする方便として理想郷の思想(=支配者のエゴ)を吹き込むのを常套手段とする)。「他者から生きる希望をエネルギーとして搾取、自分の資源として横領する」という、エナジーバンパイアを物理現象化させたような固有能力を持つが、それにより一方的な恋心を持っていた相手を身勝手な判断で殺害する暴挙にも走った。


関連タグ

関連タグ

毒親 ブラック企業 マッチポンプ サークルクラッシャー

自己愛性人格障害-エナジーバンパイアと呼ばれる人に近い振る舞いをすると考えられている。

サイコパスソシオパス)、マキャベリスト-目的のためなら手段を選ばない人、他人を思い遣らず自分の意のままに振る舞おうとする人のこと。

関連記事

親記事

兄弟記事

もっと見る

コメント

コメントはまだありません

pixivに投稿されたイラスト

すべて見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ

エナジーバンパイア
19
エナジーバンパイア
19
他人からやる気やポジティブな気持ちを吸収するような人。

概要

概要

相手の気力自信生命力などを奪い、自分のエネルギーにしようとする人間のこと。より簡単に「一緒にいると疲れるタイプの人」と表現されることもある。

相手のポジティブなエネルギーを強奪する様子が吸血鬼が人間の血を吸い取る行動と似ていることから、英語圏を中心にこう呼ばれ始めた。ただし、英語では「psychic vampire」(直訳すると「精神的な吸血鬼」)と呼ばれることも多い。


スピリチュアル自己啓発などの界隈で多く使われているワードであり、現在精神医学や心理学上の概念として明確に定義する文献は存在しない。ただし、エナジーバンパイアとされる人を形容するパーソナリティや、エナジーバンパイアの被害についてはある程度学術的な根拠を持って語られることがある(※エナジーバンパイアの言動から各種のパーソナリティ障害と推測したり、その被害については適応障害などストレス性の心身の不調と関連づけられたり、といった例が挙げられる)。


特徴

特徴

エナジーバンパイアとされる人物は、高圧的で自己主張が強く、利己的な言動をとる。例えば、自分が気に入らないから、という理由で他人への悪口を大っぴらに言ったり、相手を見下して利用したりといったことが挙げられる。また、中には倫理や常識に欠けていて、正論を後ろ盾にタブーに触れる、相手の言動に対して直接的な人格攻撃を行うようなタイプもいる。

対外的には正義感が強い、合理的と評価されていても、実際には相手の気持ちやその場の状況を考えず「自分ルール」を押し付ける、自分勝手な人物であることも少なくない。自分のメンツにこだわり、相手を大した理由なく威圧したり、自分や自分の関係者の能力・成績を誇示して脅迫したりといった権威主義的な姿勢が見られることもある。被害妄想が強く、少し相手に悪く言われたと感じただけで過剰に反撃してくる人物もいる。

またいわゆる「構ってちゃん」的な人物であることも多い。相手に好意的に振る舞っていたとしても、大したことでもないのにやたらと頼ってくるなど、ありとあらゆる場面で依存してくることで相手を追い詰めていく。自分に注目して欲しいという考えから、虚実入り混じった過激な言動(過剰な自己アピール、不幸自慢など)を繰り返し、「自分が不幸になったのはあいつのせい」と周りを下げるような発言をすることもある。

エナジーバンパイアは、自分が周りのエネルギーを吸いとり、振り回していることに無自覚であることも少なくない。もちろん自覚的に相手を追い詰め、自分の意のままに動かそうとしているような人物もいる。


エナジーバンパイアの標的となった人、また周りにいる人は、その自分勝手で攻撃的な言動に振り回されることになり、精神的にストレスを受け、じわじわと疲弊していくこととなる。その人と一緒に過ごすことで不快感や疲労を覚える、といった気分の問題だけでなく、不眠食欲不振吐き気といった、ストレスが原因の体調不良に見舞われるようなこともある。


実例

実例

いじめ虐待の加害者

相手を思いやる心が欠けており、「満足感を得るためなら相手を踏みにじっても構わない」と思っている。

サイコパスソシオパス

普段は他人への悪口や見下した言動が多いという特徴からも分かるように、サイコパス(ソシオパス)とエナジーバンパイアを掛け持ちしている例も多い。特に正論を巧みに操って相手を攻撃するやり方は頭がよくなくては出来ないため、必然的にこのタイプは高学歴が多いという点でも重複する。

カルト宗教の教祖

まず入信者の人格を否定し内面を空っぽにしたところから思想を植え付けていくのは、カルト宗教の常套手段である。かつてXJapanToshIは元妻の影響で半ばカルト宗教状態の自己啓発セミナーに傾倒し、自身のコンプレックスのアゴを自虐したり、自分の過去の音楽性や家族すら否定したりするような異常行動を繰り返していた。

なお、カルト宗教系でなくとも、自己啓発本の作者やセミナーの講師・企業研修の教官などには、これと同じもしくは類似した手法を用いる者がいる。


インターネット上のサービスについて

ネット環境が発達し、多くの人と場所や時間を問わずやり取りできるようになった一方で、それまでは出会うことがなかったであろうエナジーバンパイアに触れるような機会も増えることになった。また、インターネットを介して「エナジーバンパイア」という概念を知った人も多く、その存在が可視化されることとなった。

年齢や性別、出身、家庭環境、思想などが全く異なる人々が集うことになるため、自分や相手にとっての「当たり前」が必ずしも世間一般の常識とは限らない。そのため、中には「自分が100%正しく、間違っているものはどれだけ叩いてもいい」「自分の方が偉いので何をいってもいい」という思考を持っている、相手の状況を察せず無責任な言動をとる人物もいることとなる。

匿名性が高いサービスではとくにその傾向が強く、誹謗中傷や暴言などの荒らし行為という形で発現されることとなる。

仮に直接被害を受けなくても、エナジーバンパイアの問題行動を目にするだけで精神的に疲弊し、各サービスの利用をやめてしまう、という人も少なからずいる。


主な例は以下の通りである。

匿名掲示板の利用者

5ちゃんねる(旧:2ちゃんねる)など。各掲示板ごとにユーザーの傾向は分かれるため一概には言えないが、スレッドの流れが早ければ(ユーザーの数が多く、書き込みが多ければ)どうしても攻撃的な言動のユーザーも目立つこととなる。

SNSの利用者

ここでは、Twitterを例に紹介する。

  • 特定の団体・人間・商品などの悪口を複数回にわたって投稿する
  • 風評被害につながるような悪質なデマを流す
  • センセーショナルな写真・イラストなどの画像を制限なしに投稿する

さらに、これらの投稿内容は、リツイート(自分が見た投稿内容を他のユーザーに見せようとすること。)などのシステムにより拡散されていき、多数の人間の目に入ることが予想される。また、リプライやDMなどの機能を使って直接的にコメントを送ることが可能であるため、注目を浴びたいがために過激な投稿をして多数の人を振り回す有名人を集団で叩く、といったことを企む者が少なくない。

ミュート・ブロック等で自分自身の目につかないようにしていく、というのももちろん重要であるが、サービスそのものの規約違反となる行動も多いため、例えば目に余る暴言や特定ユーザーへの執拗な攻撃、デマの流布などの問題行動を確認した場合は運営への通報が有効となる。


チャットサービスなど

LINEなどのチャットサービスでは、一対一のトークとグループでのトークの両方を持つことができる。このため、例えば普段はグループで複数人と情報のやり取りをし、グループでは話しにくいような個人的な相談は個別チャットで行う、といった使い分けができる。

しかし、グループ内で気に食わない人物を個別チャットで告げ口する、グループ外で口裏合わせして特定の人間を叩いたり、疎外したりする、といったいじめが行われやすい状況になったともいえる。


ネット記事など

まとめ記事、ブログ、ネットニュースなどにおいて、広告収入を得る、特定の人間・集団の足を引っ張る、ビューを集めるなどの目的で、過激な内容の記事を書く者も少なくなく、タイトルを見るだけで精神的にショックを受ける、検索妨害、デマの流布などの問題が起こりうる。

さらに、その記事に反応するコメントでも同様の人物がいる。

また、本ピクシブ百科事典をはじめとする各種wikiサイトなどでも、個人の見解の押し付け、自作自演での宣伝や対象を持ち上げるために他者を貶める発言、過激な表現やデマの流布、記事コメント欄や個別メッセージを利用しての他ユーザーへの威圧・妨害行為などの問題行動が見られるユーザーはおり、これらをエナジーバンパイアと見做す人も多い。


その他にも、Amazonなどの通販サイト、AppStoreGooglePlayなどアプリストアのレビュアーで、購入していないのに悪評を投稿する、商品のレビューではなく配送業者や販売業者に対するクレームを投稿する、といった者もいる。

また、Yahoo!知恵袋に代表される質問サイトや、Youtube、ニコニコ動画などの動画サイトにおいても、誹謗中傷や釣りなどの目的で問題行動を繰り返すエナジーバンパイア的な振る舞いの人がいることがある。


基本無料で利用できる、匿名性が高いサイトに比較的多いとされるが、購入者限定でレビュー投稿ができる楽天市場などの通販サイト、ヤフオク!メルカリといった個人出品を中心とするオークション・フリマサイト(※現在は利用無料であるが、取引には手数料が発生するため実質的には有料と同じである)、Facebookのように実名利用が前提となっているサービスにも当然おり、あくまで母数として多いので目立ちやすいといえる。

そもそも、大前提として現実のやりとりでそのような人がいるとされる以上、インターネット上の特定のサイトに限った話ではない。あくまで上記に挙げたのは一例である。


対策

対策

距離を置く

相手と親密にならないことが、有効な手段である。

もし、相手が縁の切れない親族や仕事などのために付き合う必要のある人間である場合は、可能な限り会う機会を減らし、距離を近づけなようにしたい。

傾聴しない

真摯に相手の話を聞き入れてしまうとエネルギーを奪われるので、「どうしても理解できない人間はいる」と割り切り、話を聞き流した方がいい。

どうしても付き合わないといけない相手の話には、相槌は打ちつつも、前のめりにならず、同調や共感を示さないようにしよう。チャンスを見計らって話題を変えるのもいいだろう。


エナジーバンパイアと見られる架空の人物

エナジーバンパイアと見られる架空の人物

前野蜜也月刊少女野崎くん

劇中において「漫画業界の闇」を体現した人物。自他もとに認めるイケメンだが、人の迷惑を考えない自己中で、仕事を平気でさぼり、自分の担当作品のキャラクターを一人も覚えず、だれでも言えるような意見しか言わず、そのくせ何かうまくいくとそれはすべて自分の手柄だと吹聴している。

中井ルミン怖いトモダチ

劇中におけるキーパーソン。おっとりとした雰囲気とあたたかい言葉で人々を照らす人気エッセイストだが……

立花ノアあなたは私におとされたい

巷で有名のインフルエンサー兼OL。証券会社のダイヤ証券に配属されて以来、職場をひっかきまわしている。

ユートピア・ドーパント/加頭順仮面ライダーW

『理想郷』の名を冠した、一方的な思想などで統制・管理された世界とその作り主=支配者の記憶を宿す怪人とその変身者(※実例のカルト宗教も、内面を破壊した人間を操り易くする方便として理想郷の思想(=支配者のエゴ)を吹き込むのを常套手段とする)。「他者から生きる希望をエネルギーとして搾取、自分の資源として横領する」という、エナジーバンパイアを物理現象化させたような固有能力を持つが、それにより一方的な恋心を持っていた相手を身勝手な判断で殺害する暴挙にも走った。


関連タグ

関連タグ

毒親 ブラック企業 マッチポンプ サークルクラッシャー

自己愛性人格障害-エナジーバンパイアと呼ばれる人に近い振る舞いをすると考えられている。

サイコパスソシオパス)、マキャベリスト-目的のためなら手段を選ばない人、他人を思い遣らず自分の意のままに振る舞おうとする人のこと。

概要

概要

相手の気力自信生命力などを奪い、自分のエネルギーにしようとする人間のこと。より簡単に「一緒にいると疲れるタイプの人」と表現されることもある。

相手のポジティブなエネルギーを強奪する様子が吸血鬼が人間の血を吸い取る行動と似ていることから、英語圏を中心にこう呼ばれ始めた。ただし、英語では「psychic vampire」(直訳すると「精神的な吸血鬼」)と呼ばれることも多い。


スピリチュアル自己啓発などの界隈で多く使われているワードであり、現在精神医学や心理学上の概念として明確に定義する文献は存在しない。ただし、エナジーバンパイアとされる人を形容するパーソナリティや、エナジーバンパイアの被害についてはある程度学術的な根拠を持って語られることがある(※エナジーバンパイアの言動から各種のパーソナリティ障害と推測したり、その被害については適応障害などストレス性の心身の不調と関連づけられたり、といった例が挙げられる)。


特徴

特徴

エナジーバンパイアとされる人物は、高圧的で自己主張が強く、利己的な言動をとる。例えば、自分が気に入らないから、という理由で他人への悪口を大っぴらに言ったり、相手を見下して利用したりといったことが挙げられる。また、中には倫理や常識に欠けていて、正論を後ろ盾にタブーに触れる、相手の言動に対して直接的な人格攻撃を行うようなタイプもいる。

対外的には正義感が強い、合理的と評価されていても、実際には相手の気持ちやその場の状況を考えず「自分ルール」を押し付ける、自分勝手な人物であることも少なくない。自分のメンツにこだわり、相手を大した理由なく威圧したり、自分や自分の関係者の能力・成績を誇示して脅迫したりといった権威主義的な姿勢が見られることもある。被害妄想が強く、少し相手に悪く言われたと感じただけで過剰に反撃してくる人物もいる。

またいわゆる「構ってちゃん」的な人物であることも多い。相手に好意的に振る舞っていたとしても、大したことでもないのにやたらと頼ってくるなど、ありとあらゆる場面で依存してくることで相手を追い詰めていく。自分に注目して欲しいという考えから、虚実入り混じった過激な言動(過剰な自己アピール、不幸自慢など)を繰り返し、「自分が不幸になったのはあいつのせい」と周りを下げるような発言をすることもある。

エナジーバンパイアは、自分が周りのエネルギーを吸いとり、振り回していることに無自覚であることも少なくない。もちろん自覚的に相手を追い詰め、自分の意のままに動かそうとしているような人物もいる。


エナジーバンパイアの標的となった人、また周りにいる人は、その自分勝手で攻撃的な言動に振り回されることになり、精神的にストレスを受け、じわじわと疲弊していくこととなる。その人と一緒に過ごすことで不快感や疲労を覚える、といった気分の問題だけでなく、不眠食欲不振吐き気といった、ストレスが原因の体調不良に見舞われるようなこともある。


実例

実例

いじめ虐待の加害者

相手を思いやる心が欠けており、「満足感を得るためなら相手を踏みにじっても構わない」と思っている。

サイコパスソシオパス

普段は他人への悪口や見下した言動が多いという特徴からも分かるように、サイコパス(ソシオパス)とエナジーバンパイアを掛け持ちしている例も多い。特に正論を巧みに操って相手を攻撃するやり方は頭がよくなくては出来ないため、必然的にこのタイプは高学歴が多いという点でも重複する。

カルト宗教の教祖

まず入信者の人格を否定し内面を空っぽにしたところから思想を植え付けていくのは、カルト宗教の常套手段である。かつてXJapanToshIは元妻の影響で半ばカルト宗教状態の自己啓発セミナーに傾倒し、自身のコンプレックスのアゴを自虐したり、自分の過去の音楽性や家族すら否定したりするような異常行動を繰り返していた。

なお、カルト宗教系でなくとも、自己啓発本の作者やセミナーの講師・企業研修の教官などには、これと同じもしくは類似した手法を用いる者がいる。


インターネット上のサービスについて

ネット環境が発達し、多くの人と場所や時間を問わずやり取りできるようになった一方で、それまでは出会うことがなかったであろうエナジーバンパイアに触れるような機会も増えることになった。また、インターネットを介して「エナジーバンパイア」という概念を知った人も多く、その存在が可視化されることとなった。

年齢や性別、出身、家庭環境、思想などが全く異なる人々が集うことになるため、自分や相手にとっての「当たり前」が必ずしも世間一般の常識とは限らない。そのため、中には「自分が100%正しく、間違っているものはどれだけ叩いてもいい」「自分の方が偉いので何をいってもいい」という思考を持っている、相手の状況を察せず無責任な言動をとる人物もいることとなる。

匿名性が高いサービスではとくにその傾向が強く、誹謗中傷や暴言などの荒らし行為という形で発現されることとなる。

仮に直接被害を受けなくても、エナジーバンパイアの問題行動を目にするだけで精神的に疲弊し、各サービスの利用をやめてしまう、という人も少なからずいる。


主な例は以下の通りである。

匿名掲示板の利用者

5ちゃんねる(旧:2ちゃんねる)など。各掲示板ごとにユーザーの傾向は分かれるため一概には言えないが、スレッドの流れが早ければ(ユーザーの数が多く、書き込みが多ければ)どうしても攻撃的な言動のユーザーも目立つこととなる。

SNSの利用者

ここでは、Twitterを例に紹介する。

  • 特定の団体・人間・商品などの悪口を複数回にわたって投稿する
  • 風評被害につながるような悪質なデマを流す
  • センセーショナルな写真・イラストなどの画像を制限なしに投稿する

さらに、これらの投稿内容は、リツイート(自分が見た投稿内容を他のユーザーに見せようとすること。)などのシステムにより拡散されていき、多数の人間の目に入ることが予想される。また、リプライやDMなどの機能を使って直接的にコメントを送ることが可能であるため、注目を浴びたいがために過激な投稿をして多数の人を振り回す有名人を集団で叩く、といったことを企む者が少なくない。

ミュート・ブロック等で自分自身の目につかないようにしていく、というのももちろん重要であるが、サービスそのものの規約違反となる行動も多いため、例えば目に余る暴言や特定ユーザーへの執拗な攻撃、デマの流布などの問題行動を確認した場合は運営への通報が有効となる。


チャットサービスなど

LINEなどのチャットサービスでは、一対一のトークとグループでのトークの両方を持つことができる。このため、例えば普段はグループで複数人と情報のやり取りをし、グループでは話しにくいような個人的な相談は個別チャットで行う、といった使い分けができる。

しかし、グループ内で気に食わない人物を個別チャットで告げ口する、グループ外で口裏合わせして特定の人間を叩いたり、疎外したりする、といったいじめが行われやすい状況になったともいえる。


ネット記事など

まとめ記事、ブログ、ネットニュースなどにおいて、広告収入を得る、特定の人間・集団の足を引っ張る、ビューを集めるなどの目的で、過激な内容の記事を書く者も少なくなく、タイトルを見るだけで精神的にショックを受ける、検索妨害、デマの流布などの問題が起こりうる。

さらに、その記事に反応するコメントでも同様の人物がいる。

また、本ピクシブ百科事典をはじめとする各種wikiサイトなどでも、個人の見解の押し付け、自作自演での宣伝や対象を持ち上げるために他者を貶める発言、過激な表現やデマの流布、記事コメント欄や個別メッセージを利用しての他ユーザーへの威圧・妨害行為などの問題行動が見られるユーザーはおり、これらをエナジーバンパイアと見做す人も多い。


その他にも、Amazonなどの通販サイト、AppStoreGooglePlayなどアプリストアのレビュアーで、購入していないのに悪評を投稿する、商品のレビューではなく配送業者や販売業者に対するクレームを投稿する、といった者もいる。

また、Yahoo!知恵袋に代表される質問サイトや、Youtube、ニコニコ動画などの動画サイトにおいても、誹謗中傷や釣りなどの目的で問題行動を繰り返すエナジーバンパイア的な振る舞いの人がいることがある。


基本無料で利用できる、匿名性が高いサイトに比較的多いとされるが、購入者限定でレビュー投稿ができる楽天市場などの通販サイト、ヤフオク!メルカリといった個人出品を中心とするオークション・フリマサイト(※現在は利用無料であるが、取引には手数料が発生するため実質的には有料と同じである)、Facebookのように実名利用が前提となっているサービスにも当然おり、あくまで母数として多いので目立ちやすいといえる。

そもそも、大前提として現実のやりとりでそのような人がいるとされる以上、インターネット上の特定のサイトに限った話ではない。あくまで上記に挙げたのは一例である。


対策

対策

距離を置く

相手と親密にならないことが、有効な手段である。

もし、相手が縁の切れない親族や仕事などのために付き合う必要のある人間である場合は、可能な限り会う機会を減らし、距離を近づけなようにしたい。

傾聴しない

真摯に相手の話を聞き入れてしまうとエネルギーを奪われるので、「どうしても理解できない人間はいる」と割り切り、話を聞き流した方がいい。

どうしても付き合わないといけない相手の話には、相槌は打ちつつも、前のめりにならず、同調や共感を示さないようにしよう。チャンスを見計らって話題を変えるのもいいだろう。


エナジーバンパイアと見られる架空の人物

エナジーバンパイアと見られる架空の人物

前野蜜也月刊少女野崎くん

劇中において「漫画業界の闇」を体現した人物。自他もとに認めるイケメンだが、人の迷惑を考えない自己中で、仕事を平気でさぼり、自分の担当作品のキャラクターを一人も覚えず、だれでも言えるような意見しか言わず、そのくせ何かうまくいくとそれはすべて自分の手柄だと吹聴している。

中井ルミン怖いトモダチ

劇中におけるキーパーソン。おっとりとした雰囲気とあたたかい言葉で人々を照らす人気エッセイストだが……

立花ノアあなたは私におとされたい

巷で有名のインフルエンサー兼OL。証券会社のダイヤ証券に配属されて以来、職場をひっかきまわしている。

ユートピア・ドーパント/加頭順仮面ライダーW

『理想郷』の名を冠した、一方的な思想などで統制・管理された世界とその作り主=支配者の記憶を宿す怪人とその変身者(※実例のカルト宗教も、内面を破壊した人間を操り易くする方便として理想郷の思想(=支配者のエゴ)を吹き込むのを常套手段とする)。「他者から生きる希望をエネルギーとして搾取、自分の資源として横領する」という、エナジーバンパイアを物理現象化させたような固有能力を持つが、それにより一方的な恋心を持っていた相手を身勝手な判断で殺害する暴挙にも走った。


関連タグ

関連タグ

毒親 ブラック企業 マッチポンプ サークルクラッシャー

自己愛性人格障害-エナジーバンパイアと呼ばれる人に近い振る舞いをすると考えられている。

サイコパスソシオパス)、マキャベリスト-目的のためなら手段を選ばない人、他人を思い遣らず自分の意のままに振る舞おうとする人のこと。

関連記事

親記事

兄弟記事

もっと見る

コメント

コメントはまだありません

pixivに投稿されたイラスト

すべて見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ

おすすめ記事

pixivコミック 週間ランキング

  1. 1

    ホストと社畜

    河尻みつる

    読む
  2. 2

    悪役令嬢の中の人~断罪された転生者のため嘘つきヒロインに復讐いたします~

    漫画:白梅ナズナ/原作:まきぶろ/キャラクターデザイン:紫 真依

    読む
  3. 3

    おひとり様には慣れましたので。 婚約者放置中!

    原作:荒瀬ヤヒロ/漫画:晴田 巡

    読む

pixivision

カテゴリー