ピクシブ百科事典

仮面ライダーW

かめんらいだーだぶる

仮面ライダーWとは、2009年から放送された、『平成仮面ライダーシリーズ』第11作目である。全49話。
目次[非表示]

「「さぁ、お前の罪を数えろ!」」


2009年9月から2010年8月まで、テレビ朝日系列で放送された。

前作『仮面ライダーディケイド』と違い、「W」だけでは何を表しているかが判りづらく、検索にも不向きなので、「仮面ライダーW」という正式名称がタグとして使われている模様。

ライダーとしての能力は仮面ライダーダブルで述べる。

概要

風都という街で蔓延る悪と戦うご町内ヒーローにして、史上初となる「二人で一人の仮面ライダー」。

体の色が完全な左右非対称という、奇抜ぞろいの平成ライダーの中でも特に奇抜な配色が最大の特徴となっている。だが、それを除けば複眼やアンテナ、マフラー、シンプルなデザインなど、平成仮面ライダーの中でも最も仮面ライダーらしい仮面ライダーであると言える。実際、基本形態のカラーは仮面ライダー1号仮面ライダーBLACKを意識したもの。
見た目が酷似していることから、同じ東映から発表されている「キカイダー」や、フジテレビ放送のコント番組「笑う犬シリーズ」に登場する「センターマン」の名が愛称として使われることがある。

「ソフト帽を愛用し、ハードボイルドを気取るもののズッコケる事の多い探偵が主人公」「一風変わった街の仲間たち」「主人公に突っかかってくる刑事」など、世界観やキャラクター造形は、松田優作主演の「探偵物語」をオマージュした部分が多い。鳴海探偵事務所に置いてあるデスクは、「探偵物語」の撮影時に実際に使われていたものとの事。

放映終了後もVシネマによるスピンオフ作品『仮面ライダーW_RETURNS』が展開された。

名前である「W」は、ネットスラングにおいて「笑い」を表す感嘆符であるため、おふざけで"仮面ライダーwwwww"とも呼ばれてしまう。
「W」はあくまで大文字で。小文字にしたり大量に並べたりしないこと。

主人公二人のうち、イラスト投稿数では右(フィリップ)の方が左(翔太郎)にトリプルスコアで圧勝。
左の方が出番多いのに……。

変身について

ダブルの変身


さあ、お前の罪を数えろ!



変身するには「ガイアメモリ」と呼ばれるUSBメモリのような形状をしたアイテムが必要。
ダブルの場合、専用のガイアメモリ左右1本ずつを変身ベルト「ダブルドライバー」に装着し、変身する。
このメモリは数種類あり、組み合わせによってフォームが変化する。ちなみに、関連商品のパッケージをよく飾っているのはサイクロンメモリとジョーカーメモリを使用したフォーム「サイクロンジョーカー」である。
サイクロンメモリとジョーカーメモリには「スターティングメモリ」という役割があり、まずダブルに変身するにあたり、最低どちらか一方は挿す必要がある。
(てれびくんオリジナルDVDでは最初からヒートメタルになっているシーンがあるが・・・。)
変身時、変身者の顔には特徴的なライン(初代漫画版『仮面ライダー』で見られた手術跡のオマージュ?)が浮かび上がる。

ソウル担当のフィリップがソウルメモリを挿すと、その精神とメモリがボディ担当の翔太郎のドライバーへ転送され、続いて翔太郎がボディメモリを挿入しドライバを作動させ変身完了する。
ボディ担当の翔太郎が主な戦闘を行うが、ソウル担当のフィリップも右半身側のみ制御することが可能。

ただし、ファングメモリが作動すると2人の役割は逆転し、フィリップがボディ、翔太郎がソウルとなる(左右半身の担当はそのまま)。
ソウル担当の翔太郎がジョーカーメモリを挿すとその精神とメモリがボディ担当のフィリップのドライバーへ転送され、続いてフィリップがファングメモリを挿入しドライバを作動させ変身完了する。
ボディ担当のフィリップが主な戦闘を行うが、ソウル担当の翔太郎も左半身側のみ制御することが可能。

相手側の担当するメモリを敵に抜かれてしまった場合は動かなくなってしまい、戦闘の続行や変身の維持が難しくなる。
また、二人のどちらがボディサイドで変身しているときにもいえる事だが、ソウルサイド側の相方は変身中は精神をボディサイド側に飛ばしている為にその肉体は意識を失った状態になるが、ソウルサイド担当側の心身に変調が起きた場合、Wに変身している身体もその影響でソウルサイド側がまともに動かせなくなってしまう為に、その「意識を失ってる側の身体」の安全も確保する必要がある。
(基本、ソウルサイド担当側の肉体は物陰に隠すか、一緒にいる亜樹子に退避させるのがお決まりのパターン。また、エクストリームに変身する際はその心配もなくなる)

敵怪人の変身

今作の敵怪人であるドーパントもまた、ガイアメモリを使用して変身する。
一般ドーパントの場合は、市販のガイアメモリを手術によって施した生体コネクタへ挿して変身する。
園咲家ミュージアム)の幹部ドーパントの場合は、腰に装着したガイアドライバーにメモリを挿して変身することになる。
幹部たちがガイアドライバーを使用しているのは、ガイアメモリの毒を濾過して有益な力のみを得るため。メモリを"直挿し"している一般のドーパントはガイアメモリの毒に当てられ、心身ともに中毒症状を呈していく。
ちなみに、彼らが変身する際には仮面ライダーたちのような掛け声はない。

なお仮面ライダーが使用するガイアメモリは、専用に精錬されたものであるため、ミュージアムが流通させているガイアメモリとは外装が異なっている。

登場ライダーとフォーム

サイクロンジョーカー / ヒートジョーカー / ルナジョーカー
サイクロンメタル / ヒートメタル / ルナメタル
サイクロントリガー / ヒートトリガー / ルナトリガー
ファングジョーカー / サイクロンジョーカーエクストリーム / サイクロンジョーカーゴールドエクストリーム
仮面ライダーアクセル 仮面ライダースカル 仮面ライダージョーカー 仮面ライダーエターナル

登場人物

鳴海探偵事務所

【開設当初】
鳴海荘吉
松井誠一郎
【現在】
左翔太郎
フィリップ
鳴海亜樹子

風都警察署・超常犯罪捜査課

照井竜
刃野幹夫
真倉俊

風都イレギュラーズ

ウォッチャマン
サンタちゃん
クイーン&エリザベス
※クイーンとエリザベスは後に、ユニット「queen&Elizabeth」を結成した。

ミュージアム園咲家

園咲琉兵衛 / テラー・ドーパント
園咲冴子 / タブー・ドーパント/Rナスカ・ドーパント
園咲若菜 / クレイドール・ドーパント
園咲来人
園咲霧彦/ ナスカ・ドーパント
ミック / スミロドン・ドーパント
井坂深紅郎 / ウェザー・ドーパント

財団X

加頭順 / ユートピア・ドーパント
ネオン・ウルスランド

その他

シュラウド
NEVER
ふうとくん

用語

ガイアメモリ
ドーパント
風都
ハーフボイルド
嫌いじゃないわ!

呼称表

が\に翔太郎フィリップ亜樹子刃野真倉
翔太郎フィリップ亜樹子照井ジンさんマッキー
フィリップ翔太郎亜樹ちゃん照井竜刃野刑事真倉刑事
亜樹子翔太郎君フィリップ君竜君刃野さんマッキー
フィリップ所長刃野刑事真倉刑事
刃野翔太郎フィリップ君亜樹子ちゃん課長真倉
真倉探偵フィリップ君?課長刃野さん

仮面ライダーディケイド← →仮面ライダーOOO

二次創作関連

オリジナルガイアメモリ オリジナルドーパント オリジナルガイアメモリ・オリジナルドーパント
尻彦 東方双仮面 てりやき
メモリビト

関連タグ

仮面ライダー W ダブル 仮面ライダーダブル
AtoZ/運命のガイアメモリ Zを継ぐ者 仮面ライダーW_RETURNS

そして……






























なんと、8年後の2017年6月28日続編が発表され、7月3日に『風都探偵』の連載が決定した。
映像作品ではない、新しいステージでのチャレンジということで、週刊ビッグコミックスピリッツで連載されるコミカライズ作品となり、8月7日発売号で第1回がスタートを切った。

さらに続編はパラレルワールドではなく「その後の風都を舞台にした“彼ら”の新しい活躍。三条陸さんのストーリーテリングによる正式な続編となります」とのことで、脚本:三条陸、ドーパントデザイン:寺田克也と当時のスタッフが参加している。

Vシネマ「仮面ライダーチェイサー」の照井竜の現状などが反映されている時系列なのか、などは現状不明である。
※『風都探偵』第1話時点で亜樹子の夫が風都署で刑事をやっていると明言されているため、少なくともW本編および『MOVIE大戦CORE』終了後ではある模様。

pixivに投稿された作品 pixivで「仮面ライダーW」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 19975318

コメント