ピクシブ百科事典

仮面ライダーW

かめんらいだーだぶる

仮面ライダーWとは、2009年から放送された、『平成仮面ライダーシリーズ』第11作目である。全49話。
目次[非表示]

「「さぁ、お前の罪を数えろ!」」


2009年9月から2010年8月まで、テレビ朝日系列で放送された。

前作『仮面ライダーディケイド』と違い、「W」だけでは何を表しているかが判りづらく、検索にも不向きなので、「仮面ライダーW」という正式名称がタグとして主に使われている。

ライダーとしての能力は仮面ライダーダブルを参照。

概要

風都という街で蔓延る悪と戦うご町内ヒーローにして、史上初となる「二人で一人の仮面ライダー」。

体の色が完全な左右非対称という、奇抜揃いの平成ライダーの中でも特に奇抜な配色が最大の特徴となっている。だが、それを除けば複眼やアンテナ、マフラー、シンプルなデザインなど、平成仮面ライダーの中でも最も仮面ライダーらしい仮面ライダーであると言える。実際、基本形態のカラーは仮面ライダー1号仮面ライダーBLACKを意識したもの。

見た目が酷似していることから、同じ東映から発表されている「キカイダー」や、フジテレビ放送のコント番組「笑う犬シリーズ」に登場する「センターマン」の名が愛称として使われることがある。

「ソフト帽を愛用し、ハードボイルドを気取るもののズッコケる事の多い探偵が主人公」「一風変わった街の仲間たち」「主人公に突っかかってくる刑事」など、世界観やキャラクター造形は、松田優作主演の「探偵物語」をオマージュした部分が多い。鳴海探偵事務所に置いてあるデスクは、「探偵物語」の撮影時に実際に使われていたものとの事。

前後編構成や相棒キャラの登場、コメディ要素を交えた内容など後続の作品に受け継がれた要素も多い。作りこまれた設定の他、シナリオやキャラの完成度なども高く、現在でも平成ライダーの中ではトップクラスの根強い人気を誇る。
放映終了後もVシネマによるスピンオフ作品『仮面ライダーW_RETURNS』や、漫画媒体による純粋な続編『風都探偵』等が展開されている。


名前である「W」は、ネットスラングにおいて「笑い」を表す感嘆符であるため、おふざけで"仮面ライダーwwwww"とも呼ばれてしまう。
「W」はあくまで大文字で。小文字にしたり大量に並べたりしないこと。

なお主人公二人のうち、イラスト投稿数は右(フィリップ)の方が左(翔太郎)より多い。
左の方が出番多いのに……。

敵怪人の特徴

今作の敵怪人であるドーパントもまた、ガイアメモリを使用して変身する。
一般ドーパントの場合は、市販のガイアメモリを手術によって施した生体コネクタへ挿して変身する。
園咲家ミュージアム)の幹部ドーパントの場合は、腰に装着したガイアドライバーにメモリを挿して変身することになる。
幹部たちがガイアドライバーを使用しているのは、ガイアメモリの毒を濾過して有益な力のみを得るため。メモリを"直挿し"している一般のドーパントはガイアメモリの毒に当てられ、心身ともに中毒症状を呈していく。
ちなみに、彼らが変身する際には仮面ライダーたちのような掛け声はない。

なお仮面ライダーが使用するガイアメモリは、専用に精錬されたものであるため、ミュージアムが流通させているガイアメモリとは外装が異なっている。

正体が女性であることも多いため、作品全体が「悪女が多い仮面ライダー」とも云われている。

登場人物

主要人物


敵組織


その他


関連タグ

仮面ライダー
仮面ライダーディケイド⇒今作⇒仮面ライダーOOO

AtoZ/運命のガイアメモリ Zを継ぐ者 仮面ライダーW_RETURNS 風都探偵

仮面ライダーダブルド後輩とのコラボタグ。

用語
ガイアメモリ ドーパント 風都 ふうとくん
ハーフボイルド 嫌いじゃないわ!

二次創作関連
オリジナルガイアメモリ オリジナルドーパント オリジナルガイアメモリ・オリジナルドーパント メモリビト
尻彦 東方双仮面 てりやき

pixivに投稿された作品 pixivで「仮面ライダーW」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 22353476

コメント