ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

「何で、私を怒らせるの…!」


CV飛鳥凛M・A・O(memory of heroez)


スーツアクター藤田慧


スペック

身長170.0cm
体重150.0kg
特色/力左腕から撃ち出す重力エネルギー弾、および再生能力

概要

園咲若菜土偶の記憶が内包されたクレイドールメモリとガイアドライバーで変身した上級ドーパント


重力を操る能力があるらしく、天井を逆さまに歩いたり、左手から重力弾を発射したり、右手にエネルギーを集めて重いパンチを繰り出す事ができる。

また、粉々に砕けてしまっても再生する能力があり、たとえ仮面ライダーWマキシマムドライブを喰らったとしてもメモリブレイクすることはない。


しかし園咲冴子からは「護身用の玩具」と嘲られており、井坂の差し金でパペティアー・ドーパントに操られるなど、上級ドーパントにしては微妙な扱いを受けていたが、後に恐るべき真実が明らかになる……


外見

埴輪もしくは土偶を思わせる白い身体で、他の幹部3人と異なり背中にドライバーがあるのが特徴。

身体中に白いラインが走っており、暗闇では発光する。


派生作品

MOVIE大戦MEGAMAX

財団X製のダミー怪人として登場した。

素体となった人間は存在しないが若菜のように舌打ちをするシーンがある。

最期は仮面ライダーV3V3反転キックを受け、再生することなく爆散した。


memory_of_heroez

黒幕によって復活させられた存在。

人格は園崎若菜そのものだが、その本質は心のない人形である。

アイに対する考え方の違いからフィリップと仲違いし、翔太郎はジョーカーでの活動を余儀無くされる。

そんなジョーカーを強襲し、砲撃で撃破したかのように見えたが、救援に現れたアクセルにバラバラにされるが、本編さながらに復活。

翔太郎がフィリップと仲直りした事で復活したWと対決し、なおもしぶとく復活するが、サイクロンジョーカーエクストリームのプリズムブレイクで再生能力を無効化されて倒された。


余談

本編で演じた飛鳥女史は後に『深罪の三重奏』にて立花結菜役で出演しており、『memory of heroez』で演じたM・A・O女史は同年の『ゼロワン』でアイちゃんを演じている。奇しくも、両者とも令和ライダーに出演する事となった。


関連タグ

仮面ライダーW 園咲若菜

クレイドールエクストリーム ドーパント

関連記事

親記事

ドーパント どーぱんと

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 121092

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました