ピクシブ百科事典

仮面ライダージョーカー

かめんらいだーじょーかー

仮面ライダージョーカーとは、『仮面ライダーW』に登場する仮面ライダーの1人である。変身者は左翔太郎。
目次[非表示]

「まさかっ……!ここに…

 ここに来てたのか…

 最後の一ピース…コイツだったなんて…

 どうやら切り札は…常に俺の所に来るようだぜ……変身!」

概要

左翔太郎ロストドライバージョーカーメモリを挿入することで変身する仮面ライダー
フィリップがいなくなった後、ミュージアム壊滅後もなくならないガイアメモリ犯罪ドーパントに対抗するため翔太郎はこの姿で戦い続けていた。

仮面ライダージョーカー
ライダーキック!


マキシマムドライブライダーパンチライダーキック
ちなみに、この昭和ライダーを意識したアクションとネーミングは、翔太郎役である桐山漣氏が大の仮面ライダーBLACK好き故に発案したらしい。(ただしマキシマムドライブのポーズは1号2号のオマージュである)

余談だが、ダブルの初登場となった映画仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー』では、ダブルの左半身(ジョーカー)がシャドームーンに向けて「さぁ、お前の罪を数えろ」と告げるというお遊びが行われている。

劇場版にて

劇場版『AtoZ/運命のガイアメモリ』にも登場。時系列順だとこの映画がジョーカーの初登場になる。
仮面ライダーエターナルのマキシマムドライブ「エターナルレクイエム」によって旧型ガイアメモリが全て機能停止状態に陥り、さらにフィリップもNEVERにさらわれてしまった中、T2ガイアメモリの最後の1本・ジョーカーを手に入れた翔太郎がNEVERに立ち向かうために変身する。
絶望的状況下からの逆転を狙う、文字通り「最後の切り札」であり、BGM『運命のジョーカー』の効果もあって、いやが上にも燃える展開である。
TV版との違いは基本的にメモリがT2である事と、そこから来るパワーの差くらい。

『MOVIE大戦MEGAMAX』『仮面ライダー大戦』にも登場(後述)。

スペック

身長195cm
体重85kg
パンチ力1.25t
キック力3t
ジャンプ力30m
走力100mを6.2秒


パワーではダブルに及ばず、パンチ力・キック力・ジャンプ力はダブルの基本形態「サイクロンジョーカー」の約半分。
しかしガイアメモリを一本しか使わないロストドライバー版仮面ライダーの特性として、ジョーカーメモリ一本しか使っていない分、ダブルの時よりジョーカーメモリ自体の性能が極限まで発揮されるという利点がある。

総合スペックはクウガグローイングフォームG3龍騎ブランク体などとほぼ変わらないのに、後述の通り劇中での戦闘は白星が多い。
ジョーカー自体がシンプルながらライダーとして完成されている事、翔太郎が既に積み重ねている戦闘経験、そして『風都探偵』で明かされたジョーカーメモリの特性によるものだろう。

ジョーカーメモリ

仮面ライダーWの「サイクロンジョーカー」を始めとする各種形態へ変身させる、「切り札の記憶」を宿したガイアメモリ
左翔太郎が所持している物は「ボディメモリ」と呼ばれる3本の内の1つで、ダブルの肉体とバトルスタイルを形成する。また、彼との適合率が最も高いメモリでもある。
個別項目も参照。

ロストドライバー

劇場版で使用していたロストドライバーは仮面ライダースカルのビジョンに授けられた(このビジョンはスカルこと鳴海荘吉自身ではなく、翔太郎の願望の表れであるとされる)。
荘吉が使用していたドライバーはビギンズナイトにて破損したことが『風都探偵』にて判明したため、(現時点での情報から判断するに)荘吉のドライバーと同一ではないと思われる。

TV版で使用していたロストドライバーは、フィリップが別れの直前にプレゼントしたもの。そちらの出自は小説作品Zを継ぐ者にて判明したが、劇場版で使用していたものがこれと同一であるかは定かではない。

余談だが、本来ダブルドライバーの左側に挿すジョーカーメモリをロストドライバーに挿しているため、変身時はメモリのJの文字が「つ」のようになっている。

余談

『ダブル』に登場した仮面ライダーの「アクセル」、「エターナル」はいずれもスピンオフとしてVシネマになっており、サイクロンも小説版で主役を張っている。
単独作品が無いのはこのジョーカーだけであるため、三条陸氏はジョーカー主演作品を「最後の宿題」と位置付けており、それを以て『ダブル』の物語を締めくくりにしたいと考えているとのこと。演者の桐山蓮氏も熱望している。

外見はジョーカージョーカーに似ているが、体のラインの色やベルトなどが違う。

出演作品

上記「劇場版にて」参照。
NEVERの一員であるヒート・ドーパントメタル・ドーパントを倒したが、流石にエターナルには敵わなかった。

最終回に登場。
EXEの構成員が変身したアノマロカリス・ドーパントコックローチ・ドーパントメモリブレイクした。

第3章に登場。
なお、翔太郎は最初はダブルに変身しようと思っていたが、その時はフィリップが検索に夢中だったため、やむを得ずジョーカーに変身。財団Xの構成員が召喚したカマキリヤミーカブトヤミーを倒した。
どうやらフィリップが使い物にならない時はジョーカーとして戦う様子。

フィリップが登場しないためか、物語の前半は主にこちらの姿での戦闘が行われていた。
劇中ではバロンとペアを組み、BLACKBLACK RXのペアと戦った。
終盤のバダンシティでの決戦ではダブルの姿で登場している。

存在自体は示唆されているが、翔太郎が一人で無茶をすることを危惧したフィリップがロストドライバーを隠匿しているため作中では未登場。

ゲーム作品

ガンバライド
001弾にSRで参戦。
必殺技はライダーキックの後にライダーパンチを放つ「ライダーパンチ&キック」。

ガンバライジング
ナイスドライブ2弾より参戦。基本形態であるWよりも先にLR化した。
アビリティはカウンター関連のものが多く、カウンター発動の際に能力が上がっていく。
次弾のND3弾でも似たようなアビリティを持つSRがある。

クライマックスヒーローズ
超クライマックスヒーローズで参戦。
条件を満たすとライダーアーツ発動時などに仮面ライダーサイクロンが登場するスタイルを選べる。

トラベラーズ戦記
第3章「探偵の切り札」に登場。
仮面ライダーメテオとコンビを組む。

バトライド・ウォー創生
今作よりプレイアブルキャラクターとして参戦。格闘攻撃に優れ、通常技と必殺技を織り交ぜたコンビネーション攻撃が可能。「決め台詞」を決めることにより超必殺技ゲージを消費し攻撃力、スピードを上昇させることができる。

関連リンク

仮面ライダーW 仮面ライダーダブル 左翔太郎
仮面ライダーサイクロン 仮面ライダースカル 仮面ライダーエターナル
ジョーカージョーカー
AtoZ/運命のガイアメモリ
劇場版限定ライダー
超デッドヒートドライブ…ジョーカーと設定面の特徴が似ているライダー。

ジョーカー・ドーパント

関連記事

親記事

左翔太郎 ひだりしょうたろう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「仮面ライダージョーカー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 617603

コメント