2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

翔太郎「フィリップ!風だ…風都の風が…!!」
フィリップ「僕達に…力を!!」

概要

劇場版 仮面ライダーW AtoZ 運命のガイアメモリ」で登場した仮面ライダーW劇場版限定フォーム
仮面ライダーWの最終・最強形態であるが、その経緯から特殊形態とする資料もある。

仮面ライダーWサイクロンジョーカーゴールドエクストリーム


風都タワー頂上における仮面ライダーエターナルとの戦いの最終局面、エターナルの「ブラッディヘルブレイド」により風車が切り落とされ、Wは風車に巻き決まれて落下してしまう。
その瞬間、街の人々の声援と共に吹いた一陣の風をエクストリームメモリのエクスタイフーン(≒ベルトの風車)に受けてサイクロンジョーカーエクストリームから空中で変身した形態。
バックに流れる主題歌の演出、人々の思いが起こした奇跡の形態ということもあって非常に人気が高い。


漫画『風都探偵』では、万灯雪侍が見ていたWやミュージアムに関する資料内の写真(影になっているためほぼシルエットのみ)として登場している。

能力

身長195cm
体重85kg
パンチ力不明
キック力不明
ジャンプ力不明
走力不明


中央のクリスタルサーバーが金色に輝き、背中には風車を思わせる6枚の羽が形成され、自在に飛行出来る様になった。
それ以外の能力は不明であるが、サイクロンジョーカーエクストリームが進化した形態でもある為、その能力も引き継がれていると考えられる。

風都探偵では裏風都のメンバー達が「サイクロンジョーカーが基本形態だからこそ到達できたフォーム」だと分析していた為、サイクロンジョーカー以外の組み合わせでは成立しなかった可能性が高い。

MOVIE大戦COREでは仮面ライダーオーズタジャドルコンボの起こす風をエネルギーに変換してこのフォームに変身し、タジャドルコンボとのタッグキックで仮面ライダーコアを倒した。

MOVIE大戦アルティメイタムでは他のライダーの最強フォームと共にアクマイザー3の操る装甲車に攻撃した。

何れの作品でもプリズムビッカーは使用していない。(使用できるのかも不明。ゲーム限定にはなるが、ブットバソウルのメダルイラストではプリズムビッカーを装備した姿が確認できる。)

必殺技

ゴールデンエクストリーム
黄金のエネルギーを帯びた両足蹴り。通常と違い飛翔した勢いでそのまま発動し、ドライバーの操作はない。
26本マキシマムドライブ「ネバーエンディングヘル」をかわして打ち破り、通常のマキシマムではメモリブレイクできないT2ガイアメモリをまとめてブレイクするほどの破壊力を誇る。
技名は元々ガンバライドオリジナルのものだったのだが、後に公式の名称となった。

劇中で斜め上へ向かって放っていたためか、ゲーム作品でも横や斜め上へ放つ場合が多く、他のライダーキックのように空中から斜め下へ放つ姿はあまり見られない(MOVIE大戦COREでは場所の関係上、斜め下というより真下に向かって放っている)。
ロストヒーローズ2では、CJXへの変身から流れるようにCJGXへ変身し、地面すれすれで飛翔しながら身を翻してからキックの体勢に入り、さらに蹴りを叩き込んだ後は地面を猛烈な勢いで滑りながらブレーキをかけ、再び流れるようにCJXに戻りながら決め台詞、という全身全霊盛りまくった演出になっていた。


仮面ライダージオウ

登場こそしなかったが、レジェンドとして登場した大道克己/仮面ライダーエターナルのセリフにその存在を示唆するものがあった。
「教えてやる。俺は負けてはいない。
たまたま風が吹いただけだ!

さらにエターナルの26本マキシマムドライブが白ウォズ世界の一つや二つ、永遠に破壊できる」と評されたため、それを一方的に打ち破ったゴールデンエクストリーム及び本形態の評価も相対的に大きく上昇した。


余談

風をベルトの風車に受けて変身するという演出は仮面ライダー1号のオマージュである可能性が高い。変身時の効果音も同じく1号の変身時の効果音に近く、画面の色調も昭和染みたものになっている。
ちなみにこの効果音は同じく昭和ライダーのオマージュが多い仮面ライダージョーカーにも用いられ、仮面ライダーOOOでの仮面ライダー放送1000回記念回でも使用された。

仮面ライダーWサイクロンジョーカーゴールドエクストリーム」……凄まじく名前が長い。「仮面ライダーWサイクロンジョーカーゴールドエクストリーム」……長いので、2回言いました。なお、「ダブル」と表記した場合はもう2文字増える。
(ちなみに最長フォーム名は「仮面ライダーディケイドコンプリートフォームジャンボフォーメーション」であったが、その後「仮面ライダーエグゼイドハンターアクションゲーマーレベル5ドラゴンファング」が更新した)

そのため、CJGXなどと略称されて記述されることもある。

ちなみにゲーム作品によって移動方法が違うフォームで、バトライド・ウォーシリーズでは浮遊、シティウォーズでは翅を広げたまま徒歩で移動する設定となっている。



関連タグ

仮面ライダーW AtoZ/運命のガイアメモリ MOVIE大戦CORE MOVIE大戦アルティメイタム
サイクロンジョーカーエクストリーム サイクロンアクセルエクストリーム CJX
最強フォーム 劇場版限定フォーム 究極フォーム
W-B-X~W-Boiled_Extreme~

その時不思議な事が起こった

仮面ライダー五十嵐: 『AtoZ/運命のガイアメモリ』と同じく坂本浩一12年後の同時期に監督を務めた作品に登場した劇場版限定ライダー。こちらは主人公の母親が起こした奇跡によって既存の変身アイテム変化し
五十嵐三兄妹自身の悪魔たちと融合した姿となっており、「突如起こった奇跡によって誕生した予想外の姿」という点で共通している。

主役ライダー究極フォーム
最強コンプリートフォームサイクロンジョーカーゴールドエクストリームスーパータトバコンボ

夏映画限定フォーム
コンプリートフォームジャンボフォーメーションサイクロンジョーカーゴールドエクストリームブラカワニコンボ

関連記事

親記事

サイクロンジョーカーエクストリーム さいくろんじょーかーえくすとりーむ

子記事

  • CJGX さいくろんじょーかーごーるどえくすとりーむ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 173900

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました