2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

翔太郎「うおおおおおおおぉぉぉぉ…!」

シュラウド「まさか…、あの光は!」

亜樹子「う!?うえぇ!?なになにあぁぁぁ!!なになになに!?」



『エクストリーム!』


フィリップ「なんだ…この沸き起こる力は…?まるで地球そのものと一体化したような……!」
翔太郎「それだけじゃねえ。俺たちの、心と体も……」
翔太郎&フィリップ「「一つになる!」

翔太郎「うおおおおおおおおおおおぉぉぉぉぉ…
おぉぉぉぉーーッ!ハァッ!」

亜樹子「だだだだだ、Wが開いたぁ~!しかも中見えた!」

照井「はっ…!」


若菜「うっ…なんなのこの光……
すごく、綺麗…!
これが私に見せたいものですの?お父様!」

琉兵衛「ハッハッハッハッ…
そうだ。 この時を待っていたんだ……。
Ex!treeeeeeeeeeeeeeme···!(エクス…!トリィィィィィィィィィム!)」


シュラウド「あの2人が、地球を手にした…!
今Wは、地球という無限のデータベースと直結している……!」


概要

サイクロンメモリジョーカーメモリを取り込んだエクストリームメモリダブルドライバーに装填することで変身する、仮面ライダーW最強フォーム
厳密に言うと、メモリの適合率がもっとも高いサイクロンジョーカーの強化形態という形式であり、いわゆる「全部乗せ」のような従来のフォーム全ての上位互換ではない、特殊な最強フォームである。

エエェェクストリイィィイム!


この状態でダブルドライバーにセットし(これも自動的にセットされるが、この際ドライバーから黄緑と紫の光のガイドラインが放たれ、沿うように装填される。Wが直接装填することもある)、展開することでメモリはXのイニシャルが書かれた風車型中央機構「エクスタイフーン」が露出。
エクスタイフーンから風が巻き起こりつつ、虹色の無数のアルファベットと数字をWを中心に展開。
そしてWが分割線からボディを引っ張ってはだけるように外側に開くという、まるで一皮剥けたかの様な変身プロセスを遂げる


風都探偵アルコール・ドーパント戦では『W』本編と似たアングルや演出家で変身。いわゆるセルフオマージュの演出が取られた。


エクストリームメモリがフィリップの肉体をデータ化して取り込み、翔太郎とフィリップが心も体も完全にひとつになった姿である。
そのため変身解除後はその場に2人が現れることになる。

変身プロセスの都合上、これまでのWの問題点であった変身後のフィリップの身体の安全確保が容易にできるため、最強フォームでありながら中間フォームファングジョーカーより変身しやすいという利点がある。
ただし、変身前のフィリップに危険が迫るとファングジョーカーで戦わざるを得なくなるため、このフォームへの変身は間接的に封じられてしまう。劇場版ではファングジョーカーの変身を解除された後、改めて本形態に変身し直す描写が見られた。
また、変身プロセスの都合上、原則的にサイクロンジョーカーに一度変身してからの二段階変身が必要となっており、生身の状態から直接変身したのは最後の変身でサイクロンジョーカーへの変身中にエクストリームを割り込ませた際くらいである。

またこの仕組みを応用して、クレイドールエクストリームに取り込まれたフィリップを強引に救出するという離れ業もやってのけた。

一体化するという特性上、変身には翔太郎とフィリップの出しうるパワーが完全に釣り合い、調和を保った状態が必須となるため、どちらかの力が何らかの要因で増減して釣り合っていない場合は変身が安定しない。
またそもそも、エクストリーム化による地球の記憶との直結でもたらされる膨大なエネルギーを制御できるだけの力や適性を両者が持っていなければ、この形態へは変身できない。
このため、エクストリームメモリが登場してからもしばらくは翔太郎側の資質不足により変身できない状態にあった。


劇場版では仮面ライダーエターナルの攻撃により空中にWが放り出された際、Wを応援する人々の声援を乗せた風をメモリのエクスタイフーンが取り込む
するとジョーカーメモリの特性でそれがブーストされ···


正統続編「風都探偵」では、第3集の第26話「閉ざされたk8/究極は二人で一人」にて初変身。他のフォームで倒せない相手のための切札として温存されているが、登場機会そのものは多い。

能力

身長195cm
体重85kg
パンチ力5t
キック力10t
ジャンプ力120m
走力100mを4秒

よくある最強フォームの中でも、このフォームの最大の特徴は解析力
体中央の透き通る部分「クリスタルサーバー」によってフィリップは地球の無限のデータベースへと直接アクセスし、様々な情報を自由自在かつリアルタイムで引き出すことができる。
これにより敵の行動の先読み・弱点を解析し的確に攻撃するなど、戦闘を有利に進めることができる。

また、クリスタルサーバーから取り出される専用武器「プリズムビッカー」は剣のプリズムソードと盾のビッカーシールドに分離可能。
上記の解析力で常に相手の先手を取り続け、盾で防いで剣で斬るという、全く無駄の無い質実剛健な戦闘スタイルを基本とするようになる。

さらに「結晶の記憶」を内包するプリズムメモリの特性により複数のメモリの力を集束し、これにより今までのWでは逆に大ダメージを受けていた複数のメモリによる同時マキシマムドライブ最大4本同時にノーリスクで発動できる

ただし解析力に基づく総合的な戦闘力こそ高いが、実は純粋な身体的スペックはファングジョーカーに劣っている。
能力の無効化や防御力はプリズムビッカーに依存している部分が大きく、素の防御力自体は並でしかない。よって相手の能力を解析できたとしても、それを踏まえた上で的確に対応できなければ相手の攻撃を無効化できない
そのため、こちらが対処できないような能力を持っていたり敵の方が素早かったり攻撃力が高かったり弱点もなく純粋に強い場合は苦戦を強いられることもある。
また、地球の本棚諸事情で使用不能になった際は、敵の解析ができず本来なら楽に勝てた相手に苦戦を強いられたこともあった。

そもそも先述のように、あくまでサイクロンジョーカーの強化形態であるため、他のフォームで使用するメモリの能力はフルに発揮できない事、翔太郎の感情によっては翔太郎とジョーカーメモリの力を逆にフィリップに釣り合うよう制限してしまうケースもあるため、他のフォームの方が相性で有利という場面も多い。

よってこのフォームは良くも悪くも弱点を見つけて突く事に特化したフォームと言える。

必殺技

なお二人の息を合わせなければメモリブレイクができない通常フォームと異なり、完全に一体化しているため実のところマキシマムドライブの際に技名を叫ぶ必要は全くない(初登場のビースト&ゾーン・ドーパント戦でも明らか)。それでも叫ぶのは翔太郎の流儀だろうか。

プリズムビッカーを用いた技は当該記事を参照。

単体マキシマムドライブ

ビッカーシールドやベルトのマキシマムスロットにメモリを装填し、単独でマキシマムを発動することも可能。

ルナメモリ
  • 小説版では、手首のリングを電磁ロープのように伸ばし、敵を拘束する(マキシマムスロットに装填)。
  • 『風都探偵』では、トランポリンのようなエネルギーフィールドを展開し、高所から落下したときめたちを救助した。
ヒートメモリ『風都探偵』で披露。斬撃に炎を付加、シールド全体に熱をまとわせて攻撃を防いだり、熱線を発射することもできる。
サイクロンメモリ『風都探偵』で披露。技名はビッカーサイクロンシュート。プリズムソードに風のエネルギーを込め、音速を超えるスピードで投擲して標的を貫く。シザーズ・ドーパントの空間切断能力をも突破して貫き、ダブルエクストリームに繋げた。

ダブルエクストリーム

仮面ライダーW - EXTREME


ベルトのエクストリームメモリを再度開閉する事で発動。
中心のエクスタイフーンから発生させたの竜巻に乗って浮き上がり(竜巻で相手を拘束させることも)、強烈なドロップキックを叩き込む。
なお、他のマキシマムドライブではメモリをマキシマムスロットに装填した際に待機音と待機モーションに突入するが、こちらはエクストリームメモリを閉じた段階では何も起きず待機音が存在しない。

ダブルプリズムエクストリーム

ユートピア・ドーパントとの最終決戦で披露した、プリズムメモリとエクストリームメモリのツインマキシマム。通常のマキシマムドライブ同様に右腰のスロットでプリズムマキシマムドライブを発動しつつ、
プリズムメモリの特性とマキシマムを利用してのエネルギー収束を活用し、ダブルエクストリームと併用して行う強化必殺技。左右交互に連続で足踏みするようなキックを叩き込む。誰が呼んだか地団駄キック
風都探偵リアクター・ドーパント戦で再び披露(しかも前述の人質に取られたときめを奪還した流れで抱えたまま)。その際の翔太郎の説明によると「体内にとんでもない量のエネルギーを溜め込んだ敵に対して有効な技」であり、連続キックにより膨大なエネルギーを相手の体内に叩き込んで、相手の持つエネルギーと合わせて許容量を越えさせ自壊させるという地味にエグい技であるということが判明した
アニメ版ではOPのPrivate_Eyeをバックに披露という、胸熱かつ少々オシャンティーな演出で披露した


究極のWの構想

本来の「究極のW」に関し、シュラウドはサイクロンアクセルエクストリームを構想していた。
これは、本来のWのボディサイドのはずであった鳴海荘吉の死、それに伴い「半人前」が勝手にWになり明らかに力不足であったことによる計画変更を踏まえた、「テラー・ドーパント撃破に特化した形態」としての構想であった。

しかし、現実にはその前に『AtoZ 運命のガイアメモリ』のエターナル戦で敗れていた可能性が高い。
結果論ではあるが、万灯雪侍の分析としては、荘吉・照井のWではテラーには勝てても、エターナルやユートピアには勝てなかった可能性が高い
精神干渉波への耐性を持つフィリップと同じく耐性を持つ人間・メモリでの組み合わせならば、テラーだけを倒すのであれば効果的である。
しかし、エターナル撃破のための奇跡や、ユートピアの能力を容量以上の強い感情でショートさせるといった荒業は、感情の強さで上限を超えるジョーカーメモリを基本フォームとし、その適合者である翔太郎が変身者であったことで実現できたものである。
このため、本来の構想から外れたイレギュラーの失敗作と思われたこの姿こそが、感情の強さと、街の人々の想いの風を受け、『究極を超える』領域へたどり着ける想定を超えた姿であった。

余談

正式名称が長いため、劇中では「エクストリーム」、関連雑誌や公式サイト、ファンの間では「CJX」と略されている。
ちなみに、スーツは透明部分の素材の関係で下半身部分が動かし辛く、スーツアクターが屈んだり足を拡げたりするのが不可能であるせいか、生身で派手なアクションはしていない。
アップ用に至っては、なんとスーツだけで自立するという。

『『イェェクストリィィィィム!!』』


クリスタルサーバーの透明素材の中央部やその変身の仕方が「エロい」と言われることがあったりなかったり。実際、擬人化とか少女化とかするとヤバイ状態になったりもする。



関連イラスト

サイクロンジョーカーエクストリーム
サイクロンジョーカーエクストリーム


サイクロンジョーカーエクストリーム
サイクロンジョーカーエクストリーム!!



関連タグ

仮面ライダーダブル 左翔太郎 フィリップ(仮面ライダーW)
サイクロンジョーカー エクストリームメモリ サイクロンジョーカーゴールドエクストリーム サイクロンアクセルエクストリーム
最強フォーム 最終フォーム
Extreme_Dream:専用曲にして挿入歌。ただしテラーとユートピアの最終決戦のみでしか流れておらず、ファンからは「ラスボス戦専用挿入歌」「エクストリーム登場時に流しすぎず、ラスボスと戦う時のみ流すのが良い(要約)と言われている。

仮面ライダーエグゼイド:「マキシマム」、「ドライバーの開閉で必殺技発動」「更なる強化形態を持つ」という共通点。

仮面ライダーゼロワン シャイニングホッパー:顔の造形が類似している、令和ライダーの強化形態。こいつも基本形態の発展版である他、能力も「敵の能力をラーニング=敵をラーニングする事で行動を予測して約対処パターンを算出、高速で最適解を導き出す」と似ている。

ゼロワンまとめ14




仮面ライダーゼロツー:「敵の挙動やそれに対する最適な対策・戦い方を一瞬未満の超々々高速で導き出して戦える」という共通点。ただしCJXは地球の記憶のデータから弱点を探すのに対し、ゼロツーは超高性能の人工衛星による膨大な行動予測から最適解を導くという違いがあり、似ているようで正反対のアプローチをしている。じゃんけんで例えれば、「相手のデータから一番苦手な手を探せる」のがCJX、「相手の動きから一番勝ちやすい手が読める」のがゼロツーと言った所か。

剣斬 猿飛忍者伝ガンバライジングレジェンドクロスキャンペーンでチームを組んだライダー。共通点は「緑の風属性で、分断できる武器を使う」。奇しくも彼のライバルの中の人はアニメ版風都探偵でフィリップの声を演じている。

ゴセイナイトキュアサンシャイン/キュアムーンライト:ニチアサ同時期作品に登場する追加戦士。

スーパーゴセイジャースーパーシルエット:ニチアサ同時期作品における最強形態。

コンプリートフォームサイクロンジョーカーエクストリームプトティラコンボ

関連記事

親記事

サイクロンジョーカー さいくろんじょーかー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 523350

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました