2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

マキシマムドライブ

まきしまむどらいぶ

『仮面ライダーW』に登場する仮面ライダーが、自身のガイアメモリの力を最大限に解放すること。
目次[非表示]

概要

特撮番組『仮面ライダーW』に登場する仮面ライダーが、ガイアメモリの保有するエネルギーを最大限に増幅した状態のこと。
ガイアメモリの力を使って戦う仮面ライダーたちは、自身のガイアメモリの力をマキシマムドライブさせ必殺技を放つのである。

マキシマムドライブの必殺技を受けて倒されたドーパントは強制的に変身解除されて人間に戻り、ガイアメモリは強制排出され、砕け散る。これがメモリブレイクである。
これによってライダー達は、ドーパントに変身していた人間を殺さずに無力化させた上で、警察による逮捕ができる(NEVERは生体兵器という出所ゆえメモリは排出されるが身体が耐えきれず消滅してしまう)。

発動させるためにはマキシマムスロット(や下記のガジェット)が必要なため(仮面ライダーアクセルはドライバー操作と後述のエンジンブレードで発動する)、それを持たない一般のドーパントがガイアメモリをマキシマムドライブさせることはできない。(ただしメモリブレイク自体は後にクレイドールエクストリームもできるようになった。

ほか武器(メタルシャフトトリガーマグナムエンジンブレードスカルマグナムシュラウドマグナムエターナルエッジ)のスロットにメモリを装填してもマキシマムドライブを放つことができる。

ちなみにファングメモリエクストリームメモリの場合は形状上スロットに入れず、メモリやドライバーを操作して発動する。

ちなみに生身でも、装備のマキシマムスロットやメモリガジェットに装填することで、威力は小さいながらも発動が可能である。

ツインマキシマムドライブ+亜種

メタル・トリガー系統なら武器のスロット(ボディメモリ)と右腰のスロット(ソウルメモリ)を併用することで2本同時にマキシマムを発動するツインマキシマムも可能ではある。
だが、通常のWでは翔太郎の肉体への負担があまりにも大きいため、フィリップは忌避している。
さらには本来想定していないことを表しているのか、通常「(メモリ名)マキシマムドライブ」と一度だけコールされる所が、「マキシマムドライブ」を狂ったように連呼し続ける異常動作を起こす。
本編では登場は一度のみ。もともとWのフォームの中では最も高火力を誇るヒートトリガーにおいて使われ、使用後翔太郎の意識が失われた。

終盤ではサイクロンジョーカーエクストリームの登場に伴い入手したプリズムビッカーのプリズムシールドにメモリを最大4本まで装填することで4つ同時にマキシマムドライブが発動可能になった(負担については後述)。
またこれを用いて発動する「プリズムブレイク」は発動時に『プリズム!マキシマムドライブ!』と鳴るがプリズムメモリのマキシマムドライブかは不明(詳細はエクストリームの記事を参照してほしいが、簡単に言うとドーパントメモリを解析し、そのメモリの能力を打ち消す力である)。


またユートピア・ドーパントとの決戦ではエクストリームメモリの「ダブルエクストリーム」に加えプリズムメモリをマキシマムスロットに装填してツインマキシマム状態で「ダブルプリズムエクストリーム」 を発動していたが、特に負担もなかった(プリズムメモリは「結晶の記憶」を内包する特性により複数のメモリの力を集束=メモリの力を結晶化させ、今までのWでは逆に大ダメージを受けていた複数のメモリによる同時マキシマムドライブを同時にノーリスクで発動できる仕組みからだと思われる)。
後に「風都探偵」のリアクター・ドーパント戦でも発動していた。

仮面ライダーエターナルはコンバットベルト・右腰・携行武器エターナルエッジのスロット全てを使い、26本というケタ違いの本数による同時マキシマムドライブを発動できる。
その威力は風都タワーの巨大な風車を切断してしまうほど。

関連項目

仮面ライダーダブル 仮面ライダーアクセル 仮面ライダースカル
仮面ライダーエターナル 仮面ライダージョーカー 仮面ライダーサイクロン

関連記事

親記事

ガイアメモリ がいあめもり

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 178924

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました