ピクシブ百科事典

クレイドールエクストリーム

くれいどーるえくすとりーむ

クレイドールエクストリームとは、仮面ライダーWに登場するドーパントである。
目次[非表示]

「エクス…トリィィーム!」

概要

身長:428cm 体重:800kg

クレイドール・ドーパントが、ジーン・ドーパントの能力で『ガイアプログレッサー』という有機装置を身体に埋め込み、エクストリーム化で強化・2段変身したドーパント

禍々しい頭部と遮光器土偶の意匠が見られる胴体を持ち、足が無くなった為常に空中を移動して浮遊するようになる。
両肩のアーマーはクレイドール・ドーパントの腕を模した形になっている。

戦闘能力・設定

腕から放つ重力弾、肩から伸ばす触手、巨体を活かした押し潰し攻撃を得意とする。
重力弾は溜め撃ちすることも可能であり、着弾の余波だけで周囲を壊滅させることも可能。
その戦闘能力はサイクロンジョーカーエクストリームをも凌駕しており、特に重力弾の溜め撃ちは防御に特化したメモリの組み合わせで発動した『ビッカーファイナリュージョン』で無ければ受け止められないほど。
また、空中浮遊による飛行能力を得たほか、空間に穴を開けて移動する事も可能。
さらに仮面ライダー達と同じく必殺技でメモリブレイクすることができるようになった。

一度クレイドール・ドーパントに変身しないと2段変身できないようだが、エクストリーム化前の状態でも戦闘力が向上している。

また、この形態への変身能力を得た若菜は地球の記憶=無限アーカイブと接続できるようになり、『地球の本棚』に入って情報を閲覧したり、逆にフィリップが求める本を取りあげて検索妨害をしたり、その中でドーパント化してフィリップを直接攻撃することすらできるようにもなった(本棚とのシンクロ率や本棚内での影響力は若菜の方が上)。これによりフィリップは検索能力をほぼ封じられ、他のドーパントと交戦するための情報を得る事すら困難になってしまった。

クレイドール=土人形とは、地球という神に祈りを捧げるための器であり、園咲琉兵衛が目的とする「ガイアインパクト」には不可欠な存在だった。
琉兵衛が若菜にクレイドールメモリを与えていたのは、彼女こそがクレイドールとの適合率が最も高く、ガイアインパクトに必要な巫女に昇華できる器だと見做していたからであり、彼女に与えられたクレイドールメモリこそが最初から最強のガイアメモリだったのである。


劇中では仮面ライダーW仮面ライダーアクセルの両者を終始圧倒しており、直接対決で敗れる事は最後までなかった。
しかし、ガイアインパクトを実行した際にWの変身システムを利用されてフィリップの精神データ=メインプログラムを喪失してしまい、体内で循環中だったデータがエラーを起こして、もがき苦しむ事になってしまう。
更にその隙を付いたエクストリームメモリの突貫によってフィリップの肉体データの大半も奪い返された事がダメ押しとなり、リンクしていた「地球の泉(ガイアゲート)」もろとも園咲邸を巻き込んで大爆発してしまった。

その後は若菜の体は地球の記憶の完全なダウンロードに成功して「地球の巫女」となれていたものの意識不明の状態であり、意識を取り戻した後も力そのものは失われていた為に、二度と登場する機会はなかった。そもそもクレイドールメモリ自体がガイアゲートの暴走に巻き込まれた際にガイアドライバーごと破損・消滅してしまっていたようである。

しかし最終回では、回復した若菜は生身の人間の状態でクレイドールの力を一部使えるようになっていた。(風都探偵で示唆されたハイドープだと思われる)

備考

土偶が終盤で登場するという展開は石ノ森作品で前例があり、特撮版「キカイダー01」と漫画版「人造人間キカイダー」に登場した「ジャイアントデビル」及び「アーマゲドン・ゴッド」がそれである(尤も、01に関しては中盤で登場したが)。

この姿になると以前の形態に比べて声が野太くなるが、担当声優は若菜を演じる飛鳥凛氏のまま。声を加工して低くしている。

関連タグ

仮面ライダーW 園咲若菜 クレイドール・ドーパント サイクロンジョーカーエクストリーム

関連記事

親記事

クレイドール・ドーパント くれいどーるどーぱんと

pixivに投稿された作品 pixivで「クレイドールエクストリーム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5041

コメント