ピクシブ百科事典

ズー・ドーパント

ずーどーぱんと

「小説 仮面ライダーW ~Zを継ぐ者~」に登場するドーパント
目次[非表示]

ネタバレ注意!


























概容

Zを継ぐ者に登場するドーパント
全身を様々な形状・色のディティールが覆う複雑な形状をしている。

メモリに宿る「動物園の記憶」により、1本のメモリで様々な動物の能力を扱う能力を持ち、手や脚をそれらの動物の部位へと自在に変化可能。やろうと思えば一度に複数の部位を別々の動物のそれに変形するキメラ的な運用もできる。
その能力の幅広さはいわばウェザー・ドーパントの動物版とでも呼ぶべき万能さであり、地球の本棚の検索でこのメモリに行き着いた亜樹子照井フィリップからはそれぞれ
「一人動物園」「反則なメモリ」「大枚をはたいて『シマウマ』や『ライオン』のメモリを買った者が可哀想になる」とまで評されている。
このメモリに行き着くのは非常に困難だったようで、当初は使用した能力から飛行生物、続いてペガサスやキマイラなどのキメラ系幻獣を検索するも、中々答えに辿り着かない事にヤケを起こした亜樹子は『動物大集合』というキーワードをフィリップに伝えた事で正解を引き当てた。

またズーメモリはファングメモリ同様ライブモードに変形する機能があり普段は黒い狼のような姿をしている。

「大自然の使者」を名乗り、風都最大のリゾート地・ZENON(ゼノン)リゾートの経営者である禅空寺家の命を狙った。

正体は禅空寺家の次女香澄の使用人の弓岡あずさ
禅空寺家長男禅空寺俊英のガイアメモリ精製工場を建設する計画を知ってメモリを盗み出し、その能力とドーパント変身の副産物としての変声作用で「大自然の使者」に扮し暗躍していたが、事件が進んだ先で『左翔太郎』の推理に動機と手口を暴かれた上で説得され、観念してメモリを渡そうとしたが、そこで俊英らの不意打ちでメモリを奪い返され、俊英が持っていた特殊な機械によってメモリの設定が初期化され、以後はズーは俊英が新たな使用者となった。

俊英側の13体のドーパントと共に仮面ライダーダブルアクセルを襲うがサイクロンジョーカーエクストリームによって部下を全滅させられ逃亡。
しかし、電磁ロープでついてきたダブルと再び戦闘となり「ダブルエクストリーム」でメモリブレイクされた。

俊英は低い身長がコンプレックス(このことが俊英の歪んだ権力志向が目覚め、今回の事件の行動原理になっている)でドーパント体も弓岡の個体より小柄である。


ちなみに使用した動物の能力は以下の通りである。

  • 牙や爪(恐らく肉食獣)
  • マントを翼に変えての飛行能力と突風(タカ)
  • 弾力性に富んだ触手(蛇の尻尾)
  • 鱗で作られた盾(爬虫類)
  • 超音波(コウモリ)
  • 4つの爪(鳥類)
  • 水中での活動能力(イルカまたはサメ)


その他の「Zを継ぐ者」に登場するドーパント


ゼロ・ドーパント
ミュージアムのエージェントが変身するドーパント。組織の協力者である俊英のサポートを使命としているが、それ以外にもとある重要な役目を組織から与えられている。詳しくは該当記事を参照されたし。

クインビー・ドーパント&フラワー・ドーパント(想像)


クインビー・ドーパント
※上記イラスト右側
俊英の妻で組織の人間でもある禅空寺朝美が変身する。
ビー・ドーパントを自爆させる能力を持つ。
針状の武器を扱う上に蜂よろしく空中を飛行できる。
更に毒を操る能力があるらしく、その事から明言はないものの禅空寺惣治を暗殺したのは彼女だと推測される。
「ビッカーチャージブレイク」で倒された。

フラワー・ドーパント
※上記イラスト左側
禅空寺家の長女でモデル業も営む禅空寺麗子が変身する。
自在に動く鞭が武器。披露しなかったが地中戦が得意との事。
弱点である顔面をビッカーシールドで殴られメモリブレイクされた。
姿は花弁の中央に顔があるらしく、おそらくアネモネ怪人に似ているものと思われる。
また、もし映像化していれば仮面ライダー電王アイビーイマジン以来久々(平成第二期では初の)植物をモチーフにしたライダー怪人であったりする。

エイプ&ドルフィン&ビー・ドーパント(想像)


ビー・ドーパント
※上記イラスト右端
ZENONリゾートの社員が変身するドーパントの1人で合計3体存在する。
クインビーの量産型で、自爆能力を持つ。
1体はプリズムソードの斬撃、もう2体はサイクロン・ルナ・トリガーの「ビッカーファイナリュージョン」を受けメモリブレイクされた。

エイプ・ドーパント
※上記イラスト左端
ZENONリゾートの社員が変身するドーパントの1人。
「プリズムブレイク」でメモリブレイクされた。
跳躍力と格闘能力に優れ、爪を武器としているようだったが、何分屋内だったのでそうした能力は活かされなかった。他のドーパントにも言える事だが、リゾート地という風土に合わせて動物系を選んだまでは良かったが、場所を選ぶのを間違えている…。

ドルフィン・ドーパント
※上記イラスト中央
ZENONリゾートの社員が変身するドーパントの1人。
頭部の背びれが弱点でそこを攻撃され戦闘不能に。その後アクセルにメモリブレイクされた。
水中戦が得意だったようだが、何分今回は陸での戦いだった為にあまり活かされる事は無かった。完全な人選ミスである。

エレファント&フィッシュ&サラマンダー・ドーパント(想像)


エレファント・ドーパント
※上記イラスト左端
ZENONリゾートの社員が変身するドーパントの1人。
厚い皮膚に体を覆われ、長い鼻が武器だが弱点でもありそこを攻撃され戦闘不能に。その後アクセルにメモリブレイクされた。

サラマンダー・ドーパント
※上記イラスト右端
ZENONリゾートの社員が変身するドーパントの1人。
再生能力があるがプリズムソードで再生器官を焼かれ、アクセルのエンジンメモリのマキシマムドライブでメモリブレイクされた。

フィッシュ・ドーパント
※上記イラスト中央
ZENONリゾートの社員が変身するドーパントの1人。
鋭い歯が武器。
クインビーと共に「ビッカーチャージブレイク」で倒された。

ユニコーン&ゼブラ・ドーパント(想像)


ゼブラ・ドーパント
※上記イラスト右端
物語序盤に登場。ベテランのサッカー選手である財前勇一が変身する。
尋常ではないスピードで動き回る事が出来、サッカー選手なだけに前蹴りを得意技としている。
「メタルツイスター」で倒された。
動物型だが禅空寺家とはまったくの無関係。

備考

今作に登場したガイアメモリとW本編にモブとして登場したガイアメモリはコンプリートセレクションに収録されている。
また、ファングメモリをダブルドライバーのソウルサイドに、ズーメモリをボディサイドに装填する事で収まりのいい形状になる。また、この時のズーメモリの機獣部分はさながらバイクの形に見えるのでWの派生形態と考えても中々に違和感がない。もし、ズーメモリが俊英の手に渡っていなければ、彼はWの心強い味方になっていたのかもしれない。


ちなみに登場人物である弓岡あずさ、禅空寺俊英、朝美のモデルは石ノ森章太郎の『ロボット7』に登場する動物園の経営者。


関連記事

仮面ライダーW ドーパント

関連記事

親記事

ドーパント どーぱんと

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ズー・ドーパント」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1713

コメント