ピクシブ百科事典

はち

昆虫の分類の一つ、膜翅目のうち蟻以外のものの総称。
目次[非表示]

概要

膜翅目(ハチ目)のうち、以外のものの総称。
強靭なアゴと毒を持ち、羽で飛翔し、巣を作ったり、おなじみの黄色と黒のカラーで描かれることが多いが、毒針の無いもの、メタリックなものなど、姿は案外にも多様である。

女王蜂を核とした社会を築くものは一部の進化した種だけで、案外一匹狼を好む種が多い。
また蜜を集めるとされるが、意外と雑食(かなり肉食寄り)の種の方が多い。

オスの蜂は少ない事が多く、社会を築く種類では巣にいる蜂は女王蜂含めて雌がほとんどを占めている(アリも同様)。社会としては完全な女系社会といえる。その場合はオスは単なる生殖の役割の為にいるようなもので雌に比べて巣の中では1%程度しかいない。

特徴

アゴ

やや強力なアゴ。
主に他の昆虫を捕食したり、種によっては木材を噛み砕くのに使う。

産卵管が変化したもの。
いわゆる「働き蜂」と呼ばれる個体は毒針に変化している物が多い。
またキバチ・ハバチのように社会性を持たないものや、多くのアリの仲間では毒針の機能がない物もいるが、卵を植えつける場所の都合によって針のようになっている場合が多い。中には、ウマノオバチのように長い産卵管を持つ者もいる。

左右2対、4枚の膜状の羽を持ち、前翅の方が後翅より大きい。
ただし、アリの仲間の働きアリとアリバチの仲間の雌は羽がない。

作り

一部の例外(ハバチ、寄生蜂など)を除き、幼虫に何らかの形で安全な環境と十分なエサを提供する(便宜上「寄生」も含める)

こぼれ話

クロスズメバチやミツバチ、スズメバチ、アシナガバチの幼虫や蛹は高級珍味として食用になる。調理方法は佃煮から生食まで様々、特にクロスズメバチの幼虫は長野県の隠れた名物として有名である。

天敵の同様怖く描かれたり、かわいく描かれている。
また、蜂が黒色を狙ってくるのは、クマの色を連想するからである(諸説あり)。

英語名

英語に「蜂」と同義の単語はなく、バラバラに分けて名付けられた。

  1. 花粉や蜜を蓄えるもの(ハナバチ)は「Bee」(ビー
  2. ハバチは「Sawfly」(ソウフライ)
  3. それ以外のものは「Wasp」(ワスプ)、そのうちスズメバチは「Hornet」(ホーネット

主な種類

ハバチ

丸まるハバチたち


原始的なハチ類。毒針はなく、腰は太くて他のハチのようのくびれ(腹柄)がない。成虫は肉食であるが、幼虫(イラスト)は葉っぱを食べ、姿は芋虫によく似ていて可愛いらしい顔付きを持つ。

ハナバチ

【昆虫】ニホンミツバチ
ミツバチ


花粉蜂蜜を蓄えるお馴染みのハチ類、全てではないが社会性の種類を含む。ずんぐりした体が厚い体毛に覆われるものが多い。基本的には毒針をもつ。


スズメバチ

オオスズメバチ
スズメバチ


大型種が多く、肉食性の社会性ハチ類。高い攻撃性と強い毒をもち、危険生物とされることが多い。他のハチ類よりもアリに近縁な一群である。


他の色んなハチ類

オオセイボウ
どうなってるの…?



蜂をモチーフにしたキャラクター

仮面ライダー

ライダー怪人

戦隊怪人

その他特撮

アニメ

ゲーム

その他

最終鬼畜兵器

伝承・昔話


関連タグ

昆虫  はち ハチ
黄色と黒   蜂の巣 蜂蜜
働き蜂 女王蜂 蜂の子
蜂女 蜂娘
 ハチドリ

pixivに投稿された作品 pixivで「蜂」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1871447

コメント