ピクシブ百科事典

ハチ獣人

はちじゅうじん

ハチ獣人とは、『仮面ライダーアマゾン』第15話「来たぞ!恐怖のゼロ大帝‼」に登場するガランダー帝国の第1号怪人の名称である。
目次[非表示]

「滅んだゲドン同様、決して『ギギの腕輪』に執着し過ぎないように…」
「オレを獣人と呼ぶところを見ると貴様がアマゾンか!?」
CV/曽我部和行

概要

ガランダー帝国獣人第1号であるハチ改造人間

子供たち誘拐して自身のアジトとしている『蜂の巣』へと連れて行き、『ハチの子』と呼ばれる戦闘員へと改造して彼らに様々な殺人術を叩きこんでガランダー帝国の戦闘兵士へと育成する使命を持つ。

早い話がショッカームカデラスカブトロングと同じ作戦の指揮官にしてハチの子学校校長を務める怪人

パルチア王朝の技術で改良が加えられている為、ゲドンの獣人たちよりも遥かに強力なパワーを秘めている。鳴き声は「チィー‼」

能力

刺されたものをたちどころに溶かしてしまう猛毒が含まれたの鋭い毒針を飛ばして遠くの敵を攻撃する。

また、ハチの怪人だけあり、を使ってを自在に飛ぶことが可能。

なお、尻の部分には『ハチの子』にされた子供たちを元に戻す解毒剤が含まれている。

略歴

ガランダー帝国の日本における世界征服作戦の最初の作戦行動の先陣を切り、白昼堂々と黒ジューシャたちに公園で遊ぶ子供たちを誘拐させていた途中でアマゾンライダーの介入が入るが、ゲドンとの獣人との格の違いを見せ付け、アマゾンをあと一歩の所まで追い詰める。しかしモグラの助太刀で取り逃がしてしまった。

その後、1人で獣人たちを探すマサヒコを『ハチの子』へと仕立て上げ、アマゾンライダーを誘き寄せて『ハチの子』たちに襲わせようと企てるが、彼の鋭い嗅覚と手をつないだ時に体温が冷たいことによりあっさりばれ、最後の対決へと突入。

前回同様にガランダー帝国の獣人としての猛威を奮うが、最後は『大切断』を受け、脳天をかち割られてから黄色い体液噴水のように噴射させながら絶命した。今じゃ絶対放送できんな。

余談

公式ではハチ獣人だが、OPクレジットでは何故か毒バチ獣人名義に誤植されてしまっている…。
こっちの方が響きかっこよいとか、どっちでもイイやとか突っ込んではいけない。

派生作品

仮面ライダーSPIRITS』では、ガランダー獣人のくせにゲドン阿蘇山噴火計画を協力している。しかし最後の獣人タワーには参加していなかったため、十面鬼ゴルゴスと共に時空魔法陣を通って沖縄のガランダー帝国軍に合流した可能性が高い。

関連項目

獣人(仮面ライダー) ガランダー帝国 ハチ ハチアマゾン

pixivに投稿された作品 pixivで「ハチ獣人」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 92

コメント