ピクシブ百科事典

ザビーゼクター

いじわるきまぐれじょおうばち

『仮面ライダーカブト』に登場するゼクターの一つ。
目次[非表示]

「CAST OFF!」
「CHANGE WASP!!」

概要

仮面ライダーザビー変身アイテムたるゼクター。普段はZECT本社に治められているが、危険を感じ取るとジョウントによるワープで空間を切り裂いて現れる。
ZECT内のエリート特殊部隊とも言えるシャドウのリーダーに受け継がれていくゼクターであり、有資格者はザビーへと同時にシャドウのリーダーになる。

機能

保有する特殊能力は原子構造の完全破壊。必殺技はパンチとともに敵に針を打ち込む、ライダースティング
ベルトと完全に一体化するカブトゼクターガタックゼクターとは異なり、左腕に装備されるライダーブレスにコンバインすることで使用者をザビーに変身させる。
キャストオフする際には羽を逆方向に向けてから180°回転させ、ザビーゼクターの尻部分を変身者の拳側に向ける動作が必要。これによりザビーゼクターはザビーニードルとなり、ワームを撃ち滅ぼす必殺のとなる。

性格

ザビーへの資格者がシャドウのリーダーになると言う都合上、女王蜂を中心とした集団行動を取るハチらしく、集団のリーダーに相応しい人物を適合者に選ぶ。
しかし、劇中の行動をみればザビーゼクター自身が集団行動ができるわけがないとしか思えないほど我が強いゼクターの中でも一番のワガママゼクターでもあり、一度装着者と認めても相応しくないと判断すれば、容赦なく資格者を見捨てる。
変身したのは矢車想加賀美新影山瞬三島正人の計4名。誰一人変身者として認めなくなったが、その代償に誰も変身者がいなくなったという極めて珍しいゼクターである。
そのため、出演者からも男を簡単に乗り換える悪女などと言われる始末である。

このような浮気性が原因で何人もの変身者を振り回してきた、ある意味地獄兄弟を生んだ最大の元凶である。一方で、矢車や影山に資格者(シャドウのリーダー)として問題があったのも確かであるし、加賀美と三島に関しては自ら資格を手放している為、一概にザビーゼクターが悪いとも言えない。
(加賀美はザビーゼクターが望むリーダー像と自分の理想とするライダーが違うため。三嶋はそもそも応急措置としてザビーの意思を無視して無理やり変身した)
ちなみに、地獄兄弟本人たちは天道総司を憎んでいた。

ガンバライジングのフレーバーテキストによれば、気まぐれな女王蜂と形容されている事から恐らく性別(があるとするならば)は恐らくメスではないかと思われる。実際に蜂の性別の比率もメスの方が多い。

劇中での活躍

カブトゼクターに次ぐ最古参のゼクターであり、なおかつ上記の性格もあって劇中の登場人物を振り回したことから、活躍する機会は意外と多い。
序盤から中盤にかけては、仮面ライダーザビーとそれに付随するシャドウのリーダーの座を巡る物語のキーとして活躍し、変身者がいなくなって以降は主に天道の変身するハイパーカブトパーフェクトゼクターにオールゼクターコンバインすることでワームを撃ち滅ぼすことになる。

最初は完璧主義者の矢車をシャドウのリーダーと認め、仮面ライダーザビーの変身者としていたが、彼がカブト抹殺にこだわり道を踏み外したことで資格者として見限る。
その後、まっすぐな性格の加賀美をシャドウのリーダーとともに、変身者として選ぶものの、シャドウの任務に納得のいかなかった加賀美は、自ら資格を放棄する。
その後、長い間影山をザビーの有資格者としていたものの(この間に一度変身した三島を有資格者として認めている)、権力の座に座ったことで性根が腐り果てた影山を見限る。
最終的には一番長くザビーに変身していた影山とよりを戻そうとして、受け入れた影山が再びザビーに変身するが惨敗して完全に資格を剥奪。その直後に矢車とよりを戻そうとするが拒否され、とうとう誰も変身者がいないという因果応報の報いを受けた。

最終決戦ではグリラスワームにマキシマムハイパータイフーンを受け切られ、パーフェクトゼクターが折れたことに伴い停止。その後どうなったのかに関しては不明。

関連項目

仮面ライダーカブト ZECT 
矢車想 加賀美新 影山瞬
地獄兄弟

関連記事

親記事

仮面ライダーザビー かめんらいだーざびー

pixivに投稿された作品 pixivで「ザビーゼクター」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 16005

コメント