ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「ありがたく思え!絶滅タイムだ!」
cv:杉田智和

概要

キバットバットⅢ世の父で、キバットバット家の二代目を名乗るコウモリモンスター
通称キバットⅡ世(音也は「蝙蝠もどき」と呼んでいた)。基本カラーは。キバットバットⅠ世はおそらくレジェンドルガとの戦いで、当時のキングが変身したダークキバと共に死亡したと思われる。
元々キバットバット家がファンガイアのキング、クイーンに仕える家系であるため、クイーンの命によって「闇のキバ」の適格者であるキングに付き従い、ダークキバに変身する力を与える。口癖は「ありがたく思え!」、決め台詞は「絶滅タイムだ!」。

陽気な息子とは違いクールかつ厳格な性格。自分の使命に命を賭ける高いプライドを持ち、他種族のモンスターを見下している節がある。
一方で未来から来た息子のⅢ世をあっさりと受け入れ最終決戦では仲良く共闘するなど、決して融通が利かない性格ではない。玩具版では「スイカ食べたい」や「親を敬え」と訴えるなどコミカルな面も見せている。

「俺は誰のしもべでもない」の発言の通りキング、クイーンと主従関係にある訳ではなく、特に真夜とは友情のようなもので結ばれている。その為、真夜に対するキングの非道な行いから彼と離反。音也に闇のキバの力を貸す。
現代編では「今まで見たことの無い悲しみ」を見せた登太牙を資格者として認め、彼に闇のキバの力を授ける。
過去編でクイーンと共に初登場し暫くして過去編、現代編共に、かつての主であるキングの変身体であるバットファンガイアとの戦いに投じるキバ、ダークキバに息子と共にそれぞれ力を貸す事になる。

なお、紅正夫がキバとして活躍する未来でどうしているのかは不明。
キバの鎧はキバット族と共に受け継がれること、未来における「黄金のキバの鎧」は孫にあたるIV世が管理していることを考えると、ダークキバをⅢ世に継承して亡くなったか、前線を退いて隠居していると思われる。

仮面ライダーディケイド

「ネガの世界」で登場。ネガの世界に住む紅音也のしもべで彼をダークキバに変身させる。
劇中での台詞は「ガブリッ!」のみ。

立体物

  • 「変身ベルト&フエッスル DXダークキバットベルト」として2008年11月15日発売。
    • 以前販売されたリュウガやダークカブト、後のロストドライバーなどこの手の単純な色変えや流用商品ではなくサウンドギミックが一新され、新要素も追加されるなど時期的になりきり最終商品としてかなり意欲的な変更がされている(近い例として似たような立ち位置の白い魔法使いドライバーがある)。前述の通り収録音声によれば好物はスイカらしい。
    • バンダイ公式サイトでは説明文が「キバットバトIII世の父親」になっているミスがある。


余談

  • ディケイド以降もたびたびダークキバが敵のライダーとして登場しているが、ディケイドの音也に対しても含め、なぜⅡ世がショッカー等の悪の存在に手を貸すことになっているのか理由は不明。しかもそれらのダークキバは最終的にただの敵キャラとしてライダーたちに倒されている。真夜に対する仕打ちの非道さ故にキングから離反した彼とは思えない行動とも思えるが…。
    • ただしその後、真夜を手にかけた(ように見えた)太牙に手を貸しているため、その価値観や基準はⅡ世のみが知る所である(メタ的言えば客演キャラの設定にまで拘ってられないからだが)。



関連タグ

仮面ライダーキバ
仮面ライダーダークキバ キバットバットⅢ世 フエッスル
登太牙 紅音也 バットファンガイア
アームズモンスター 杉田智和

ウォーターメロンアームズ:4号ライダーのスイカつながり。

4号ライダー変身ツール
サソードゼクター/サソードヤイバー※ → キバットバットⅡ世エターナルメモリ/ロストドライバー
変身ベルトではない

関連記事

親記事

キバット きばっと

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「キバットバットⅡ世」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「キバットバットⅡ世」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 17462

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました