ピクシブ百科事典

紅正夫

まさねじゃないよまさおだよ

『仮面ライダーキバ』に登場する人物。
目次[非表示]

概要

演:武田航平(祖父・紅音也と二役)

仮面ライダーキバ』の最終回で突如登場した青年。一見音也にそっくりだが、その正体は主人公紅渡の実の息子。性格は明るく、父よりは祖父寄りだが破天荒さは受け継がなかった模様。
22年後の2030年からネオファンガイアと呼ばれる魔族に追われ、過去の世界にやってきたらしい。キバットバットⅣ世に手を噛ませることで仮面ライダーキバに変身できる。正夫の変身する未来のキバの鎧は現代のそれよりもやや赤黒いカラーリング…らしい。
『仮面ライダーキバ』の物語は、彼の変身したキバと、名護啓介、そして名護の結婚式に出席していた渡・太牙の4人の変身した仮面ライダーがネオファンガイアを迎え撃つというシーンで完結した。

容姿

2030年からやってきた未来人のため、ノースリーブオレンジ色のシャツにネッカチーフ、頭はヘアピンだらけというやたらとチャラい格好をしている。2030年の流行なのかもしれない。

余談

正夫という名前は武田氏の発案。児童誌や書籍などでは「正音」表記にされてしまうこともあったが、現在ではこちらに統一されている。
武田氏が2019年のイベント「武田航平ナイト」にて明かしたところによれば、彼の名前は渡役の瀬戸康史氏、最終回の監督であった石田秀範氏と3人で話し合った末武田氏の思いつきが採用されたものとのこと。(ちなみに瀬戸氏は奏(かなで)という名前を提案していたらしい)
また、武田氏自らが正夫の衣装を用意し髪型などの提案も行ったことを明かしている。

関連項目

ファンガイア ワタル(仮面ライダーディケイド)

デンライナー:これを使って過去に来たわけではないが、一応念のため
野上幸太郎:同じく主人公子孫ライダー。面識はないが、あったとしても20歳以上年下。
泊エイジ:同じく主人公の息子であり、こちらは2035年の住人なので、正夫より少し年下。
堂安主水:2040年の平和を守るライダー。
湊ミハル:2050年代の平和を守るライダー。
明光院ゲイツ:2068年からやってきた。
仮面ライダーギンガ:記念作品に登場する未来からやってきた敵ライダー。ある意味、正夫の設定をアレンジしたものと言える

関連記事

親記事

仮面ライダーキバ かめんらいだーきば

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「紅正夫」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2448

コメント