ピクシブ百科事典

ファンガイア

ふぁんがいあ

『仮面ライダーキバ』に登場するメイン敵怪人で、人間を含む13の魔族の一派。
目次[非表示]

概要

13の魔族の頂点に立つと自負する種族。
いわゆる吸血鬼伝説の元となったとされる種族で、圧倒的な力で他の魔族を淘汰してきた。
殆どの魔族もそうであるように、ライフエナジーと呼ばれる生体エネルギーを糧としており、それを摂取する為に人間を襲う。対象となるのは普通の人間達だが、個体によってはこいつらのように何かしら共通点を持つ人間を法則的に次々と襲っている者もいる(細かいルールが設けられるゲゲルとは違い、こちらは個人の趣向で決めている者が大半)。
普段は人間に擬態し、一般社会に紛れて生活している。人間態でも同族同士で通じ合うものがあるかと言えばそうでもなく、記憶喪失になっていた個体や、同族ですらすぐには気付けなかったケースも珍しくなく、逆に人間を同族と思い違いしたパターンもある。
人間社会での名前や一族の勲章の他に、全ての個体に固有の詩的な「真名」を持つが、ヒト以外の生物に似た姿をしている為、専ら「(生物の英名)ファンガイア」と呼称される。普段は役職名・人間に擬態している際の仮名等でも呼ばれているため、同族内で気安く呼べるようなものではない模様。
アンノウンオルフェノクなどと同様、同じ動物に変身するファンガイアは複数個体存在する。

本編では基本的に、過去編で取り逃がしてしまった個体を現在編でキバやイクサが倒すというスタイルのファンガイアが物語の前半に多い。何故22年間もそのまま放置していたのかとツッコむ人もいるだろうが、過去編はファンガイアに対抗できる手段がまだ未完成なプロトイクサしかない上に、それが開発されるまでほとんど対抗手段が無く、更に第46話でキングにより一度破壊されてしまっているので、完全に改良するまでは据え置くしかなかった為仕方が無いと言える。ただし、イクサはその後10回のアップデートを重ねていたり、その間に本格的に渡がキバとして活動したと考えれば、22年間の間に倒された本編に登場しないファンガイアもそれなりに多いと思われる。

ファンガイア族の中にもそれぞれ分類が存在し、昆虫(実際には陸生節足動物が正しい)に似るインセクトクラス哺乳類)に似るビーストクラス水棲生物に似るアクアクラス爬虫類に似るリザードクラスの4つに大別される。
ただし、これらのクラスは親から遺伝するものではなく、オルフェノクのようにほぼランダムと言っていい。

復活したキングの死後は、再びキングとなった登太牙による人間との融和政策が進んでおり、人間のライフエナジー吸引に変わるエネルギー源の研究が行われている。
人間との共存が進むと言う事は、間違いなくファンガイアの力を悪用し犯罪に加担する者も増えると言う事でもあるが、仮面ライダー達がいる限り、それらが世に蔓延る事は無いだろう。
ライダーの怪人の中では最終的に命を落としてしまうファンガイアが多いが、悪人では無いファンガイアもそれなりに居る為、オルフェノクと並んで人間との共存がし易い怪人であると言えるだろう。
仮面ライダーディケイドにおけるキバの世界は、そのあたりの設定を踏まえた世界観となっている。

特徴

共通してステンドグラスに似た体組織を持つ。会話の時にはこのステンドグラス部分に人間態の顔が映り込む(しなくとも人語を発せられる者もいる)。戦闘時にはここから専用の武器を召喚することもできる。死亡した場合は、肉体がガラスのように硬直し、ひび割れて崩壊する(ライダー等に粛清の一撃を食らわされた場合は勢いよく砕け散るが、誰かに看取られる等して安らかに息を引き取る場合は静かに崩れ落ちる事もある)。
死したファンガイアの魂は、ライフエナジーを与え続けることでサバトと呼ばれる巨大な怪獣の姿や、生前の自我を持たないリビングデッドとして復活する。ただしキャッスルドランに喰われたら生き返る事はできない。
人間の姿に擬態していても、怪人態になる時や、ライフエナジーを捕食する際には下顎から首筋にかけて派手なステンドグラス状の模様が浮かぶ。

空中に2本の巨大なのような半透明の物体「吸命牙」を実体化させ、それを人間の首に突き刺すことでライフエナジーを吸収する。襲われた人間の体からは命の色が失われ、ガラスのような無色透明のモノと化し、最終的に砕け散る。
この行動はファンガイア特有の本能らしく、個体によっては表向きは真面目であっても、衝動が抑えられず人間社会の陰で人を襲っているケースが多い。
(あくまでキバの世界での話ではあるが、小野寺ユウスケの場合は吸った側が我に返り中断したため刺されても消耗で済んでいる。税金代わりに人間から微量のライフエナジーを徴収するシステムも開発されているため、吸いきらなければ命を落とすことはない模様)
人間と同じ食事による代替もある程度は利くが、彼らにとってはあまり重要視されていない(登太牙も「食べる事はあまり好きではない」と発言している)。普通に飲食するファンガイアもいるが、全体的にはワインやコーヒー、チョコレートパフェ等、嗜好品を好む傾向にある。中には20年間以上一度も人を食わずに暮らしてきたファンガイアもいる為、人を襲わなければ死ぬというわけではないが、その分生命力は弱る模様。
あくまで捕食で襲うのであって、餌食となった人間を同族化する等という事はなく、胎生式で子孫を残す模様。

青年期に至るまでは人間と成長スピードは変わらないが、その後は老化が非常に遅くなる。300年以上生きてきたという発言をしてる者もおり、ナイトとボーン(後述)は中世頃と思われる時期にその作品を作りあげており、現代編よりさらに未来にも新たに作り出させているような描写があり劇中の時代においても存命していると思われる。老化が遅いので外見が変わらない時期が長く、人間側からのカモフラージュのためか時代が変わるに当たって職を変えている描写が見られる。
また、純血のファンガイアでも、何らかの原因で能力を失うと人間態のまま生活を送る事となり、奪われた能力を他の個体の強化に充てたり人間に融合させるといった描写も見られた。

階級

ファンガイアの王であるキングを頂点に、その妻であるクイーンと、彼らを補佐するルークビショップが同位置に存在。
この四名は通称チェックメイトフォーと呼ばれる種族の最高権力者にして最強クラスの戦闘力を持つが、キングの位が正統な血統で受け継がれるのに対し、他の三者は無作為に授けられる。
これに次ぐファンガイアの内、第二位の階級を持つのはキングの鎧等を創り出したナイトポーンの称号を持つ双子の職人だが、作中未登場。
これとは別に人間で言う貴族に似た高貴な家系も存在しており、サバト(後述)のような特殊な技術を習得している。

人間を愛する事を深く禁じており、その掟を破った者は粛清される。しかし、肝心のなぜ破ってはならないのかの理由が広められていないらしい。そういうこともあり人間を愛してしまうファンガイアが後を絶たない。クイーンは1986年からそういったファンガイアが増えつつある傾向にあると言及している。
クイーンの場合、キングからは子孫を残す道具としか見られていない為、このような傾向になってしまうのも無理もないだろう。
ただし、ファンガイアは基本的に人間を食べ物としか見ていないので、人間に好意を持つファンガイアであっても無害という訳ではない

サバト

複数のファンガイアの砕けた遺体の破片に大量のライフエナジーを与える事で復活する怪物。ファンガイア版フランケンシュタインの怪物
その姿はウチワエビを立てたような巨大な姿をしており、身の丈は60mにも達する。しかし、ほぼライフエナジーの塊のため、質量は全くない。特殊能力の類は持たないが、凄まじいパワーと頑強な皮膚を活かし、長い手足を振り回して暴れ回る。
チェクメイトフォーや貴族階級のような特別な身分の持ち主だけが作成を可能とし(前者に至っては遺体を手元に回収していないにも関わらず即席で作る事すら可能)、基本的には作成したファンガイアの意のままに暴れるリモコンロボットのようなものだが、術者が死んでも消えることはなく自動で暴れ回るので始末が悪い。

一覧

インセクトクラス

種別動物の形質真名人間態鳥モチーフ
スパイダーファンガイア蜘蛛光ある楽園の奇想曲糸矢僚オウム
モスファンガイアミノガ背徳という名の井戸夏川綾ハチドリ
イヤーウイッグファンガイアハサミムシ封印された化石、もしくは紡績器械未登場朱鷺
レディバグファンガイアテントウムシどのカジノも虚栄に乾いている未登場コンドル
シケーダファンガイアアブラゼミ異母兄の衒奇を憂う化粧台未登場(真夜の部下)キツツキ
ホースフライファンガイア腐敗した魚と詩集の詰まった揺籃ペンギン
マンティスファンガイアカマキリ亡者の誤算=4時36分の嘘未登場
シルクモスファンガイア毒薬の瓶から誠意が溢れた未登場(迷いの森の番人)ハチドリ
アントライオンファンガイアアリジゴク偉大なる髪の毛盗み外国人風の男朱鷺
スワローテイルファンガイア揚羽蝶禁欲家と左足だけの靴下ビショップ白鳥
ビートルファンガイアカブトムシ贖罪の園を分断する、日付変更線キング(ワタルの父親)ペンギン


ビーストクラス

種別動物の形質真名人間態鳥モチーフ
ホースファンガイア双子のペテン師が夢見る、誠実と憂鬱津上カオルインコ
シープファンガイア道化師は暖炉で七面鳥と踊る倉前昇七面鳥
ライノセラスファンガイア緋色の砂と難破船のある岬三宅徹オオハシサイチョウ
グリズリーファンガイア葬儀屋と大工が交わした密約竹内伸二ハゲタカ
ウォートホッグファンガイアイボイノシシプロペラ王国の崩壊阿鐘
ムースファンガイアヘラジカ太陽、或いは魚の目に刻まれた轍黒沢ダチョウ
ラットファンガイア黒き死未登場(無数に登場)カラス
ポーラベアーファンガイア白熊淫蕩なる香辛料への戒め未登場ハゲタカ
ゼブラファンガイアシマウマ煙の虜となった放蕩息子の座碑三条刑務官オウム
ライオンファンガイアライオン天地開闢。産声と怒号を聞きながらルークドードー鳥
バットファンガイアコウモリ暁が眠る、素晴らしき物語の果てキング鳥の骸骨
ゴートファンガイアヤギ不明エリートサラリーマン不明


アクアクラス

種別動物の形質真名人間態鳥モチーフ
オクトパスファンガイアタコ満月に引き裂かれた貴婦人の肖像宮澤ひとみモズ
プローンファンガイア海老燭台と方位磁石が契る宴犬飼伯爵
フロッグファンガイアカエル進化論の間紙に黄金比は埋葬される大村武雄グンカンドリ
シースターファンガイアヒトデ断頭台と巣箱に共通する命題坂口佐吉ダチョウ
シャークファンガイア灰の彼岸へと到る切手未登場(ビショップの配下)ペリカン
クラブファンガイアワタリガニ辞書や胸骨を模した囮未登場背中の翼
シームーンファンガイアクラゲラジエーターと葡萄の陰鬱な同棲未登場(ビショップの配下)鳥の巣と雛鳥
パールシェルファンガイア(真夜)真珠貝冷厳なる女鍋の血族真夜フラミンゴ
パールシェルファンガイア(深央)真珠貝独房のようなドレス鈴木深央フラミンゴ
ソーンファンガイアナマコ滅びゆく祭壇に、沈黙より深いキスをユウキフクロウ


リザードクラス

種別動物の形質真名人間態鳥モチーフ
カメレオンファンガイアカメレオン塩の結晶格子に潜む夫妻山下店長ニシツノメドリ
トータスファンガイアリクガメ粘膜にウインクする坂道沼川オナガドリ
サンゲイザーファンガイアヨロイトカゲ水面に連鎖する墜落の残像嶋護を吸収カモメ


ネオファンガイア

最終回の終盤に唐突に現れた22年後の未来から、の息子である正夫を追って2009年の過去へとやって来た謎の敵。

どうやら正夫が対処していたらしいが、彼の手には負えない程に強大な敵だったらしい(とはいっても彼の性格が祖父そっくりだったので、どこまで信用してよいのかは不明)。

父親である渡の元へ正夫が救援を求めてやって来たという所で物語が終わった為に詳細は不明だが、少なくとも巨大な魔法陣の様な物が描写されていた。
なお、これがネオファンガイアの実態なのか、それともこの魔法陣はただの扉で、その向こうに多数のネオファンガイアが存在しているのかは謎に包まれている。

ちなみに、太牙が融和政策を採っている現代の情勢から繋がる未来からやって来た為、一部の視聴者からは融和政策に異を唱える過激派かテロリストみたいなものではないかと推測されている(少なくともキャッスルドラン内部にある時の扉を介さずに、過去にやってくる術を持っているのだけは確かである)。

本編の後日談を描いたファイナルステージによれば、やはり現代のキングである太牙の体制に対して不満を持つ未来のファンガイアだったらしく、ネオ・キング、ネオ・クイーン、ネオ・ビショップ、ネオ・ルーク(現代のチェックメイトフォーと姿は変わらないが、全くの別個体)の四人が過去を改変すべく現代に現れ、手始めに名護啓介を洗脳するも、恵が変身したイクサの登場で洗脳が解けた事で形勢は逆転し、キバ達の活躍で野望は潰えた。

名前の由来は、HERO SAGA掲載の小説によれば未来からやって来たファンガイアという意味らしい。

仮面ライダーディケイドにおける設定

仮面ライダーディケイド第4・5話の舞台となったキバの世界においては人間と共存を果たしており、一見すると平和な世界に見えるが…

余談

名称は「ファング)」「ヴァンパイア吸血鬼)」を組み合わせた造語。
なお、『キバ』には鳥類をモチーフとした怪人は登場しないが、実はデザイナーによって全てのファンガイアのデザインにその意匠が含まれており、前述の真名もそれに関連、連想されたキーワードが含まれる。
また、真名は個体によっては、鳥モチーフから連想されたワードではなく、その者の本質や運命を表すケースもある(例えばスワローテイルファンガイアの真名ならば、自分を律しつつも、理想を他者に押し付ける性格を表している)。

関連項目

仮面ライダーキバ 怪人 レジェンドルガ ネオファンガイア
吸血鬼 クライマックス刑事 スーパーショッカー

エターナル(プリキュア)蛮機族ガイアークニチアサ同期の敵対勢力。

イマジンファンガイア大ショッカー

関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ファンガイア」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 69404

コメント