ピクシブ百科事典

ライオンファンガイア

てんちかいびゃくうぶごえとどごうをききながら

「仮面ライダーキバ」に登場するファンガイアの一人。チェックメイトフォーのメンバー。
目次[非表示]

詳細

真名:天地開闢。産声と怒号を聞きながら

ルークの称号を持つファンガイア

冬の王手四人衆


人間態は、革ジャンを着た筋骨隆々とした肉体の男(参考画像左端)で、右手の甲に紋章を持つ。本来の姿でなくても相当な腕力を誇り、からロケットクローを射出する能力を持つ。「俺は、○○する」と、いちいち自分の行動を大声で宣言する癖がある。基本的に世間知らずであり、何をするにも子供のように純真に取り組む。
怪人態は、ビーストクラスに属するライオンを彷彿させる容姿で、城壁を模したのような皮膚怪力、指先のロケットクローを武器に戦う。また死んだファンガイアのオーラを集めてサバトとして召喚することができる。
戦闘力は極めて高く、セーブモードイクサアームズモンスター三人衆相手に4対1でも圧倒するほど強い。
身の丈程の棍棒武器に持っているが、本人は未使用。後にビショップが蘇らせた再生ファンガイア軍団の中の個体が使用している。
自分で設定したルールと制限時間に従って人間を襲う「タイムプレイ」を延々と行いゲーム感覚で人間のライフエナジーを捕食し、次狼(ガルル)以外のウルフェン族を全て手に掛けた。基本的には自分のゲームの支障にならない限りターゲット以外は襲わず、ゲームの結果で自分に褒美を与える。いわばステータスアップのための試練と言えよう。
チェックメイトフォーとしての使命は不明だが、「邪魔となる種族を殲滅する」ではないかとの推察がなされている。

来歴

過去編と現代編の両方に登場。

過去編では麻生ゆりの母にして、イクサの開発者である麻生茜を前述のタイムプレイで殺害。ゆりの恨みを買い、彼女が仕掛けた罠(あえてイクサに変身させてシステムの負荷で消耗させるというもの)で弱体化したところを彼女が変身したイクサのブロウクン・ファングを右肩に受け重傷を負い22年間もの眠りについた。
現代編で覚醒するが記憶喪失になり荒々しかった性格が温厚になっていた。紅渡の世話になり、「大ちゃん」と呼ばれるくらいに親しくなる。しかし、その最中に記憶を取り戻し、再びタイムプレイを開始する。
タイムプレイにマンネリを感じ始めていた頃、たまたま公園で子供に絵本を読み聞かせている女性を見かけて「死んだ後に天国に行きたい」という夢を持つようになり、やたらいいことをしようと町をふらついてはボランティア活動を行うようになった。
最後は恵の変身したイクサに右肩を集中攻撃され、イクサジャッジメントで致命傷を負い爆散した。

そのほかの出演

仮面ライダーディケイド

「キバの世界」で登場。『キバ』のルークとは別人。
ワタルに仕える親衛隊の一人。女性を襲っていたところを門矢士に見られてそのまま倒された。
しかし、肝心の女性はファンガイアと人間の共存を目指す中で人間を襲おうとしたファンガイアであった。
それを処刑しようとしたのを事情を知らない士が目撃し、「人間を襲おうとした」と勘違いしていたゆえの悲劇だった。

レッツゴー仮面ライダー

ショッカーの怪人軍団として登場していた。

関連タグ

仮面ライダーキバ ファンガイア チェックメイトフォー
ライオン

pixivに投稿された作品 pixivで「ライオンファンガイア」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 20406

コメント