ピクシブ百科事典

ウォートホッグファンガイア

ぷろぺらおうこくのほうかい

ウォートホッグファンガイアとは、「仮面ライダーキバ」に登場するファンガイアの一人。
目次[非表示]

「当然だ。俺はいずれチェックメイトフォーのキングになる男だからな。」

演/CV 窪寺昭

概要

真名「プロペラ王国の崩壊」

第29話~31話の現代編のみに登場。
モチーフはイボイノシシで裏モチーフは。身長2m18㎝、体重320㎏の重量級。
1986年に倒されたキングに成り代わってキングの座につくことを狙っている、ビーストクラスのファンガイア。人間態は阿鐘(アベル)という男。
実際強さだけならチェックメイトフォーに勝るとも劣らないのだが、野心までもが強かったが故にチェックメイトフォーに選ばれなかった。

前述の通りキングの座を目指しているため、「キングであれば人間として生活してても日常的に超常的な力を使っている筈」という彼独自の解釈で、自称超能力者マジシャンパフォーマーなどをキングと疑い襲っていく。
しかしその行動はビショップに知られてしまい、彼を通してルークにまで知られ、マジシャンを襲っていたところに偶然居合わせたルークと交戦になり、互角の戦いを広げていたがキバイクサの妨害により共に撤退。

その後麻生恵の弟・光秀が二度連続で宝くじを当てた(確率的には1000万^2=100兆分の1)ことをテレビで知り、予知能力ではないかと光秀に目をつける。

その時キバと戦闘になり、またもや偶然そこに居合わせたライオンファンガイアが(麻生恵の変身したイクサに)倒された直後に彼もエンペラーフォームのエンペラームーンブレイクを受け爆散した。

再生個体

第36話にてマンティスファンガイアにより蘇生されるが、知性を失い単なる傀儡に成り下がっていた。街で人を捕食しようとするが、駆け付けた襟立健吾の変身する仮面ライダーイクサと戦闘になる。イクサの座を剥奪された名護啓介は指示を出そうとするが悉く無視され、結局この再生個体も健吾のファイナルライジングブラストで粉微塵に砕け散った。

コーチのいうことを聞きなさーい!!!


しかしマンティスファンガイアにより再び甦らされ、彼の命を受けて先代クイーン・真夜の命を狙うが、彼女の息子であるキバによりファイナルザンバット斬で消し飛ばされる。

番組も大詰めになるとビショップにより複数個体が蘇生させられる。
しかし生身の渡に張り倒されるなど強さは一般ファンガイア並みに落ちぶれ、最後はダークキバ(登太牙)とキバにより皆殺しにされる。

派生作品

仮面ライダーディケイド

キバの世界」の住人であるが、大ショッカーが世界を繋げるとキングであるワタルを裏切って大ショッカーの傘下に入り、ワタル達に付き従って「ブレイドの世界」との戦争に加わるふりをしてアンデッドと結託して全てのライダーを滅ぼそうとした。

門矢士がブレイド側に就いたことを知るとクイーン/ソーンファンガイアの命を受けて襲いかかるが、士の変身したディケイドのキックで叩き割られた。

スーパーヒーロー作戦

大ショッカーの怪人として登場。
バットファンガイアやメデューサレジェンドルガと共にスーパーヒーローとの全面戦争に参加するが、キバと炎神戦隊ゴーオンジャーの協力により(ガイアーク蛮機獣ともども)みんな仲良く大爆発して吹っ飛んだ。

仮面ライダーウィザード

魔宝石の世界の住人として登場。

天下分け目の戦国MOVIE大合戦

武神鎧武の手下として登場を果たす。

余談

人間態やCVを担当した窪寺氏は他にも仮面ライダー剣ギラファアンデッド/金居のCVと人間態や、轟轟戦隊ボウケンジャー仮面ライダーOOOと、複数の東映特撮作品にゲスト出演している。

関連タグ

仮面ライダーキバ ファンガイア
 イボイノシシ

コメント